FC2ブログ

詩編118:19-29「祝福あれ」

◇2011年6月30日(木)
●詩編118:19-29「祝福あれ」
●御言葉
祝福あれ、主の名によって来る人に。わたしたちは主の家からあなたたちを祝福する。(118:26)

●黙想
教会は主の家であり、主の名によって来る人々が喜び祝い、礼拝を捧げる場所です。

そこに祝福があり、そこから祝福が流れます。

皆様の祈りと支援により、昨日、ベテル清水教会の改装工事&外構工事はすべて完了しました。

「これは主の御業 わたしたちの目には驚くべき事。」(23節)。

主に感謝します。byバルナバ

PS.ベテルブログ「植栽」更新されました。
スポンサーサイト

詩編118:8-18「主に信頼せよ」

◇2011年6月29日(水)
●詩編118:8-18「主に信頼せよ」
●御言葉
人間に頼らず、主を避けどころとしよう。(118:8)

●黙想
イスラエルの王はピンチになると、人間の力(権力)に頼りました。

彼らは諸外国と同盟を結び、乗り越えようとしましたがうまくいきませんでした。

人にではなく神に依り頼む。

神の力を避け所として生きる。

ここに人生の勝利の原則があります。

主を信頼して生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編117:1-118:7「永遠の味方」

◇2011年6月28日(火)
●詩編117:1-118:7「永遠の味方」
●御言葉
主はわたしの味方、わたしは誰を恐れよう。人間がわたしに何をなしえよう。主はわたしの味方、助けとなって わたしを憎む者らを支配させてくださる。(118:6-7)

●黙想
主は永遠にあなたの味方であり、助けです。

主は共に歩き、共に泣き、共に笑い、共に戦ってくださるお方です。

「もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか」(ローマ8:31)。

今日も讃美で始まり、讃美で終わる一日でありますように。

御名によって祈ります。アーメンbyバルナバ

詩編116:12-19「恵みへの応答」

◇2011年6月27日(月)
●詩編116:12-19「恵みへの応答」
●御言葉
主はわたしに報いてくださった。わたしはどのように答えようか。救いの杯を上げて主の御名を呼び 満願の献げ物を主にささげよう。主の民すべての見守る前で。主の慈しみに生きる人の死は主の目に値高い。(116:12-15)

●黙想
詩人は礼拝を捧げ、満願の献げ物(献金)をもって、主に感謝を表しました。

神の恵みを受け、その恵みに応答して生きる人には、

恵みの上に更に豊かな恵みが注がれます。

これが「主の慈しみに生きる人」です。

感謝を忘れない人は、終わりの日に輝きます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編116:1-11「礼拝」

◇2011年6月26日(日)
●詩編116:1-11「礼拝」
●御言葉
わたしは主を愛する。主は嘆き祈る声を聞き わたしに耳を傾けてくださる。生涯、わたしは主を呼ぼう。(116:1-2)
●黙想
詩人は苦難の中で主を呼び求めました。

主は彼の祈りに耳を傾けくれました。

彼は、生涯、主を求め、主の御前に歩み続けることを約束します。

礼拝は、この約束の励行です。

主の名を呼び求める人は救われます。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編115:9-18「主に依り頼め」

◇2011年6月25日(土)
●詩編115:9-18「主に依り頼め」
●御言葉
イスラエルよ、主に依り頼め。主は助け、主は盾。アロンの家よ、主に依り頼め。主は助け、主は盾。主を畏れる人よ、主に依り頼め。主は助け、主は盾。(115:9-11)

●黙想
人生は戦いの連続です。

主が助けとなり、共に戦い、

主が盾となり、守ってくださる。

これが主を畏れる人の人生です。

主はあなたを守られる方です。

QTを生活の基本とし、主を畏れ、主に守られて生きる人は幸いです。byバルナバ

詩編115:1-8「礼拝」

◇2011年6月24日(金)
●詩編115:1-8「礼拝」
●御言葉
国々の偶像は金銀にすぎず 人間の手が造ったもの。口があっても話せず 目があっても見えない。耳があっても聞こえず 鼻があってもかぐことができない。手があってもつかめず 足があっても歩けず 喉があっても声を出せない。偶像を造り、それに依り頼む者は 皆、偶像と同じようになる。(115:4-8)
●黙想
人は礼拝する対象に似てきます。

命のない偶像を拝む者は偶像のように命を失い、滅びに至ります。

一方、今も生きておられ、命の根源である神を礼拝する者は永遠の命を受け、救いに至ります。

人間が造った神ではなく、人間を造った神を礼拝する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編114:1-8「主のもの」

◇2011年6月23日(木)
●詩編114:1-8「主のもの」
●御言葉
イスラエルはエジプトを ヤコブの家は異なる言葉の民のもとを去り ユダは神の聖なるもの イスラエルは神が治められるものとなった。(114:1-2)

●黙想
イスラエルはエジプトから解放され、神の民、宝の民とされました。

クリスチャンは、神の聖なる民(聖徒)であり、神様を「主」と崇め、生きる人々です。

主のもの(クリスチャン)ですから、主が最後まで責任を持って守られます。

ここに主に選ばれた者の特権があります。

あなたを治める御方は主です。

今日も主の御心に従って歩めますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

詩編113:1-9「ハレルヤ」

◇2011年6月22日(水)
●詩編113:1-9「ハレルヤ」
●御言葉
ハレルヤ。主の僕らよ、主を讃美せよ 主の御名を讃美せよ。今よりとこしえに 主の御名がたたえられるように。日の昇るところから日の沈むところまで主の御名が讃美されるように。(113:1-3)

●黙想
ハレルヤで始まりハレルヤで終わる。

いつでもどこでも主を讃美する。

これが主の僕(クリスチャン)です。

主を喜ぶことはクリスチャンのエネルギー源です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編112:1-10「QT」

◇2011年6月21日(火)
●詩編112:1-10「QT」
●御言葉
ハレルヤ。いかに幸いなことか 主を畏れる人 主の戒めを愛する人は。彼の子孫はこの地で勇士となり 祝福されたまっすぐな人々の世代となる。彼の家には多くの富があり 彼の善い業は永遠に堪える。(112:1-3)
●黙想
主を畏れる人とは、主を礼拝する人であり、

主の戒めを愛する人とは、御言葉を口ずさむ人です。

その人は必ず祝福される、と聖書は保証します。

QTをすればあなたも子孫も家も祝福されます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編111:1-10「記念」

◇2011年6月20日(月)
●詩編111:1-10「記念」
●御言葉
主は驚くべき御業を記念するよう定められた。主は恵み深く憐れみに富み 主を畏れる人に糧を与え 契約をとこしえに御心に留め 御業の力を御自分の民に示し 諸国の嗣業を御自分の民にお与えになる。(111:4-6)

●黙想
驚くべき御業とは、救いの業です。

モーセにより成し遂げられた出エジプトの業であり、

キリストの十字架によって成し遂げられた救いの業であり、

イエスを主と信じる者に実現する救いの業です。

過越を記念し、

十字と復活を記念し、

受洗した日を記念すること。

これが神様の御心です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

PS.入堂式は祝福の内に行われました。

ベテルブログ。更新されています。

ご覧ください。主に感謝。

詩編109:16-25「貧しい人」

◇2011年6月17日(金)
●詩編109:16-25「貧しい人」
●御言葉
主よ、わたしの神よ 御名のために、わたしに計らい めぐみ深く、慈しみによって わたしを助けてください。わたしは貧しく乏しいのです。胸の奥で心は貫かれています。(109:21-22)
●黙想
イエス様は貧しい人は幸いであると言われました。

貧しい人は神に頼らざるを得ないからです。

人は豊かになると神から離れていく傾向があります。

主に助けを求める人は、神の恵みを体験します。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

PS.ベテルチャーチの教会員の方へ

次週の礼拝から清水の新礼拝堂になります。

10時から入堂式を行います。

詩編109:1-15「祈り」

◇2011年6月16日(木)
●詩編109:1-15「祈り」
●御言葉
憎しみの言葉はわたしを取り囲み 理由もなく戦いを挑んできます。愛しても敵意を返し わたしが祈りをささげても その善意に対して悪意を返します。愛しても憎みます。彼に対して逆らう者を置き 彼の右には敵対者を立たせてください。(109:2-6)

●黙想
詩人は敵から攻撃され、苦しみの中にありました。

彼は悪に悪で対処するのではなく、祈りで対処しました。

苦しい胸の内を打ち明け、まことの裁き主である主に委ねます。

怒りも憎しみもすべて主にぶつけ、主に委ねて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

詩編108:1-14「神が与える救い」

◇2011年6月15日(水)
●詩編108:1-14「神が与える救い」
●御言葉
どうか我らを助け、敵からお救いください。人間の与える救いはむなしいものです。(108:13)
●黙想
今日から詩編です。

イスラエルの王たちは、主なる神様に救いを求めず、人間(軍隊や同盟軍)に頼りました。

詩人は、主こそ助け主であり、救い主であることを告白します。

あなたを助け、あらゆる敵からあなたを救われる御方。

それが神様が与える救い主イエス・キリストです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記34:1-12「忠実」

◇2011年6月14日(火)
●申命記34:1-12「忠実」
●御言葉
主の僕モーセは、主の命令によってモアブの地で死んだ。(34:5)
●黙想
信仰の人は、自分を信じるのではなく、自分を用いられる神を信じるのです。

神は各自に賜物とふさわしい使命を与え、ビジョンを実現させてくださいます。

成功とは、自分がすべてをすることではなく、自分がすべきことをすることです。(リビングライフPLUSより)。

自分に託された使命に忠実な人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記33:22-29「クリスチャン」

◇2011年6月13日(月)
●申命記33:22-29「クリスチャン」
●御言葉
イスラエルよ、あなたはいかに幸いなことか。あなたのように主に救われた民があろうか。主はあなたを助ける盾 剣が襲うときのあなたの力。敵はあなたに屈し あなたは彼らの背を踏みつける。(33:29)

●黙想
主が共におられる。これにまさる幸いはありません。

あなたの傍らに主がおられます。

主はあなたを助け、あなたを守られます。

イエスを救い主と信じる者(クリスチャン)は、何と幸いなことでしょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記33:13-21「露の賜物」

◇2011年6月12日(日)
●申命記33:13-21「露の賜物」
●御言葉
ヨセフのために彼は言った。主の祝福がその土地にあるように。天からは露の賜物 下は横たわる淵の賜物。(33:13)

●黙想
モーセの祝福の祈りは続きます。

ヨセフの子孫を祝福し、彼らの土地が潤うように祈ります。

豊かな実りを得るためには水が欠かせません。

今日はペンテコステです。

天から聖霊の露(雨)が降り注ぎ、教会は誕生しました。

あなたの人生を豊かにする霊の水(聖霊)が豊かに降り注ぎますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

申命記33:8-12「クリスチャン」

◇2011年6月11日(土)
●申命記33:8-12「クリスチャン」
●御言葉
ベニヤミンのために彼は言った。主に愛されている者はその傍らに安んじて住み 終日、神に身を寄せて その見守りのもとに住まう。(33:1)

●黙想
神様に愛されている人。

主がいつも傍らにおられる人。

いつも主に信頼する人。

主にいつも見守られる人。

それがクリスチャンです。

ベニヤミンへの祝福があなたの上にもありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

PS.ベテルブログ更新されました。

リフォームもあと一息です。お祈りください。

申命記33:1-7「祝福」

◇2011年6月10日(金)
●申命記33:1-7「祝福」
●御言葉
これは神の人モーセが生涯を終えるに先立って、イスラエルの人々に与えた祝福の言葉である。(33:1)

●黙想
ヤコブは12人の息子たちを祝福し、眠りに就きました。

モーセはイスラエルの民を祝福し、生涯を閉じました。

キリストは弟子たちを祝福しながら天に昇られました。

祝福を祈ることは、人生最後にして、最高の仕事です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記32:44-52「駅伝人生」

◇2011年6月9日(木)
●申命記32:44-52「駅伝人生」
●御言葉
あなたはそれゆえ、わたしがイスラエルの人々に与える土地をはるかに望み見るが、そこに入ることはできない。(32:52)

●黙想
約束の地はアブラハムに与えられたビジョンです。

このバトンは引き継がれ、モーセから最終ランナーヨシュアに渡されます。

人生はマラソンではなく駅伝です。

与えられた区間(人生)でベストを尽くし、

走るべき行程を走り、最終ゴール(天国)で待つ。

それがクリスチャンライフです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記32:28-43「主こそ神」

◇2011年6月8日(水)
●申命記32:28-43「主こそ神」
●御言葉
しかし見よ、わたしこそ、わたしこそそれである。わたしのほかに神はない。わたしは殺し、また生かす。わたしは傷つけ、またいやす。わが手を逃れうる者は、一人もない。(32:39)

●黙想
主がイスラエルを裁かれたのは、彼らを滅ぼすためではなく、生かすためです。

痛みを感じない人は医者を必要としません。

人生に痛みを感じるとき、人は神様を求めます。

「わたしのほかに神はない」。

この方こそ、最高の名医です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記32:15-27「礼拝」

◇2011年6月7日(火)
●申命記32:15-27「礼拝」
●御言葉
エシュルンはしかし、肥えると足でけった。お前は肥え太ると、かたくなになり 造り主なる神を捨て、救いの岩を侮った。彼らは他の神々に心を寄せ 主にねたみを起こさせ いとうべきことを行って、主を怒らせた。彼らは神ならぬ悪霊に犠牲をささげ 新しく現れ、先祖も知らなかった無縁の神々に犠牲をささげた。(32:15-17)

●黙想
生活が豊かになると、豊かさに埋没し、神を忘れてしまいます。

貧しい人が幸いなのは、神を忘れず、求め続けるからです。

豊かになっても神を忘れない人。

それがQTや礼拝を大切にする人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記31:30-32:14「瞳のように」

◇2011年6月6日(月)
●申命記31:30-32:14「瞳のように」
●御言葉
主は荒れ野で彼を見いだし、獣のほえる不毛の地でこれを見つけ これを囲い、いたわり 御自分のひとみのように守られた。(32:10)

●黙想
主の瞳はあなたを見いだし、あなたを囲われます。

まぶたが瞳を守るように、主はイスラエルの民を守られました。

主に囲われ、主に守られて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記31:19-29「いつも共にいる」

◇2011年6月5日(日)
●申命記31:19-29「いつも共にいる」
●御言葉
主はヌンの子ヨシュアに命じて言われた。「強く、また雄々しくあれ。あなたこそ、わたしが彼らに誓った土地にイスラエルの人々を導き入れる者である。わたしはいつもあなたと共にいる。(31:23)

●黙想
主はいつもあなたと共にいます。

「いつも」です。

時々でも、たまにでも、ピンチの時には、というのではありません。

主はあなたの体の一部のように、離れることなく共におられるのです。

今日は日曜日です。

主と共に教会に行き、主に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記31:9-18「律法」

◇2011年6月4日(土)
●申命記31:9-18「律法」
●御言葉
民を、男も女も子供も、町のうちに寄留する者も集めなさい。彼らが聞いて学び、あなたの神、主を畏れ、この律法の言葉をすべて忠実に守るためであり、これをまだ知らない彼らの子どもたちも聞いて学び、あなたたちがヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、彼らも生きている限り、あなたたちの神、主を畏れるようになるためである。」(31:12-13)

●黙想
スポーツには必ずルールが存在するように、人生にもルールがあります。

ルールを知らない人はルールを守りません。

主を畏れないのは、主の言葉を知らないからです。

QTは人生のルールを黙想する時であり、主を畏れる時間です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記31:1-8「インマヌエル」

◇2011年6月3日(金)
●申命記31:1-8「インマヌエル」
●御言葉
主御自身があなたに先立って行き、主御自身があなたと共におられる。主はあなたを見放すことも、見捨てられることもない。恐れてはならない。おののいてはならない。(31:8)

●黙想
イスラエルの民はモーセに導かれて荒れ野を旅しました。

モーセからヨシュアへとバトンが渡されます。

どんなに親しくても別れる時、離れる時が来ます。

しかし、主は最後の最後まで共におり、導いてくださいます。

今日も主を信頼し、歩みましょう。

祝福がありますように。byバルナバ

申命記30:11-20「道」

◇2011年6月2日(木)
●申命記30:11-20「道」
●御言葉
見よ、わたしは今日、命と幸い、死と災いをあなたの前に置く。わたしが今日命じるとおり、あなたの神、主を愛し、その道に従って歩み、その戒めと掟とを守るならば、あなたは命を得、かつ増える。あなたの神、主は、あなたが入って行って得る土地で、あなたを祝福される。(30:15-16)

●黙想
分岐点は同じ場所にありますが、到達する場所は異なります。

人生はスピードではなく、方向です。

どんなに早く走っても道を間違っては到達できません。

キリストは命と幸いに至る道です。

主と主の言葉に従って歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

申命記30:1-10「運命」

◇2011年6月1日(水)
●申命記30:1-10「運命」
●御言葉
あなたの神、主のもとに立ち帰り、わたしが今日命じるとおり、あなたの子らと共に、心を尽くして御声に聞き従うならば、あなたの神、主はあなたの運命を回復し、あなたを憐れみ、あなたの神、主が追い散らされたすべての民の中から再び集めてくださる。(30:2-3)

●黙想
「運が悪い」「つきがない」「流れが悪い」。

そんな時、塩を盛る光景を良く目にします。

聖書が教える運命を変える方法は、主に立ち帰ることです。

主はあなたの運命を回復し、

万事を益に変え、

良い流れ(祝福)に導かれるお方です。

朝毎に、主に立ち帰り、主と共に一日を歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -