FC2ブログ

エレミヤ35:12-19「従順」

◇2010年6月30日(水)
●エレミヤ35:12-19「従順」  
●御言葉
レカブの子ヨナダブの一族が、父祖の命じた命令を固く守っているというのに、この民はわたしに従おうとしない。(35:16)

●黙想

ユダの滅亡の原因は不従順でした。

神様は父祖の命令に従順したレカブ人一族を祝福することによって、

主の言葉に従順することが、祝福された人生の秘訣であることを教えられたのです。

主と主の言葉に従順して生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

エレミヤ35:1-11「最大の遺産」

◇2010年6月29日(火)
●エレミヤ35:1-11「最大の遺産」  
●御言葉
我々は父祖ヨナダブの命じたすべてのことに従って行ってきました。(35:10)

●黙想
レカブ人一族は、父祖の教えを200年以上にもわたり、忠実に守り続けてきました。

彼らの姿は、神の言葉に従わない不従順なユダの民とは対象的でした。

主と主の言葉に従順して生きる姿こそ、子孫に残せる最大の遺産です。

子供を躾けるためには、自らを躾けていく必要があります。

御言葉によって自らを躾けながら生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ34:12-22「心のベクトル」  

◇2010年6月28日(月)
●エレミヤ34:12-22「心のベクトル」  
●御言葉
しかし今日、お前たちは心を入れ替えて、わたしの正しいと思うことを行った。(34:15a)

●黙想

ユダの民は心を入れ替えて、主の前で契約を結び、奴隷を解放しました。

しかし、その直後、態度を変え、契約を破り、再び奴隷とします。

主との約束を守らなかった民はバビロンの手に渡されるのです。

心のベクトルがどこに向いているかが、人生の方向を決定づけます。

いつも主に向けて、幸いな道に向かって歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますよう。byバルナバ

エレミヤ34:1-11「主を求める」

◇2010年6月27日(日)
●エレミヤ34:1-11「主を求める」  
●御言葉
しかしその後、彼らは態度を変え、いったん自由の身として去らせた男女の奴隷を再び強制して奴隷の身分とした。(34:11)

●黙想

ゼデキヤ王は、神の裁きを避けるため、律法に従って奴隷を解放しましたが、

状況が改善されるとすぐに態度を変え、再び奴隷に引き戻したのです。

問題が起こったときに、困ったときの神頼みのように神を求めることがあります。

大切なのはその後です。

問題が解決した後も、態度を変えず、主を求め続ける人は幸いです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

エレミヤ33:14-26「主は言われる」

◇2010年6月26日(土)
●エレミヤ33:14-26「主は言われる」  
●御言葉
見よ、わたしが、イスラエルの家とユダの家に恵みの約束を果たす日が来る、と主は言われる。(33:14)

●黙想

今日の個所には、「主は言われる」「主はこう言われる」(3回)「主の言葉がエレミヤに臨んだ」(2回)と、

何度も主がエレミヤに語りかけている様子が描かれています。

これでもか、これでもかと畳みかけるように、恵みと回復の希望が語り続けられています。

主の恵みの言葉は今も降り注いでいます。

日々、主の言葉のシャワーを浴びて生きる人は幸いです。byバルナバ

エレミヤ33:1-13「奥義」

◇2010年6月25日(金)
●エレミヤ33:1-13「奥義」  
●御言葉
しかし、見よ、わたしはこの都に、いやしと治癒と回復とをもたらし、彼らをいやしてまことの平和を豊かに示す。そして、ユダとイスラエルの繁栄を回復し、彼らを初めのときのように立て直す。わたしに対して犯したすべての罪から彼らを清め、犯した罪と反逆のすべてを赦す。(33:6-8)

●黙想

主はエレミヤに

「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる」と語り、

エレミヤは、ユダの地に回復と癒しと赦しの日が訪れることを知ります。

主を呼び求めるならば、主は必ず答えてくださいます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ32:36-44「恵み」

◇2010年6月24日(木)
●エレミヤ32:36-44「恵み」  
●御言葉
わたしは、彼らと永遠の契約を結び、彼らの子孫に恵みを与えてやまない。またわたしに従う心を彼らに与え、わたしから離れることのないようにする。わたしは彼らに恵みを与えることを喜びとし、心と思いを込めて確かに彼らをこの土地に植える。(32:40-41)

●黙想

神様は恵みを与えることを喜びとされます。

最大の恵みは、イエス・キリストを与えることでした。

この恵みによって永遠の契約を結び、神の子としてくださったのです。

これが福音です。

恵みによって生かされている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ32:26-35「御手の中で」

◇2010年6月23日(水)
●エレミヤ32:26-35「御手の中で」  
●御言葉
見よ、わたしは生きとし生けるものの神、主である。わたしの力の及ばないことが、一つでもあるだろうか。(32:27)

●黙想

ユダの民は偶像礼拝の結果、バビロンの手に渡されます。

それでも彼らは主の手から離れたのではありません。

バビロンもまた主の手の中にあるからです。

主なる神様は絶対的主権者であり、主の力が及ばない世界、主の手が届かない世界はありません。

主の御手に引かれ、主の家に帰る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ32:16-25「信仰」

◇2010年6月22日(火)
●エレミヤ32:16-25「信仰」  
●御言葉
ああ、主なる神よ、あなたは大いなる力を振るい、腕を伸ばして天と地を造られました。あなたの御力が及ばない事は何一つありません。(32:17)

●黙想

神の愛した都エルサレムがバビロンの手によって滅びようとしていました。

まるで神の御力が及ばないような現実に直面しながらもなお、

エレミヤは「あなたの御力が及ばない事は何一つありません」と言って、主に祈りました。

これが信仰です。

信仰とは、見える現実に生きるのではなく、

見えない現実(やがて実現する神の約束)を見て生きることです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ32:1-15「回復の時」

◇2010年6月21日(月)
●エレミヤ32:1-15「回復の時」  
●御言葉
イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。これらの証書、すなわち、封印した購入証書と、その写しを取り、素焼きの器に納めて長く保存せよ。(32:14)

●黙想

エレミヤはユダの地がまもなくバビロンに滅ぼされ、占領されることを知っていました。

畑を買い取ることは愚かな行為に見えます。

しかし、エレミヤはもう一つのことを知っていました。

それは主がエルサレムを回復される時が来ることです。

エレミヤは畑を買うことを通して、

ユダの民に主の言葉の確かさと希望を伝えたのです。

神の摂理に従って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ31:31-40「新しい契約」

◇2010年6月20日(日)
●エレミヤ31:31-40「新しい契約」  
●御言葉
見よ、わたしがイスラエルの家、ユダの家と新しい契約を結ぶ日が来る、と主は言われる。(31:31)

●黙想

新しい契約とは、イエス・キリストの十字架の贖いによって成し遂げられる永遠の契約です。

古い契約は人間の罪によって破られましたが、新しい契約はキリストの血潮によって結ばれ、破られることがありません。

主イエスを信じる人は、すべて新しい契約の世界に生きているのです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ31:21-30「魂の安らぎ」

◇2010年6月19日(土)
●エレミヤ31:21-30「魂の安らぎ」  
●御言葉
わたしは疲れた魂を潤し、衰えた魂に力を満たす。(31:25)

●黙想

神様は魂のオアシスです。

渇いている者に水を与え、飢えている者にパンを与えられるお方です。

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」(マタイ11:28)。

「主に望みをおく人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」(イザヤ40:31)。

主と共に歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

◇2010年6月18日(金)
●エレミヤ31:10-20「希望」  
●御言葉
主はこう言われる。泣きやむがよい。目から涙をぬぐいなさい。あなたの苦しみは報いられる、と主は言われる。息子たちは敵の国から帰ってくる。あなたの未来には希望がある、と主は言われる。息子たちは敵の国から帰ってくる。(31:16-17)

●黙想

主はあなたの涙をぬぐい、苦しみに報いられる時が来ます。

主と共に生きる人の未来には希望があります。

「神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」(黙示録21:3-4)。

主の言葉に希望を置いて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ31:1-9「神の恵み」

◇2010年6月17日(木)
●エレミヤ31:1-9「神の恵み」  
●御言葉
遠くから、主はわたしに現れた。わたしは、とこしえの愛をもってあなたを愛し 変わることなく慈しみを注ぐ。(31:3)

●黙想

都を離れ、荒れ野に散らされた民は、そこで神に出会い、恵みを受け、回復させられます。

神の恵みが届かない世界はありません。

神の恵みが尽きることもありません。

キリストは遠くから現れた神の恵みとして地上に来られました。

神の恵みに出会って、神の恵みと共に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ30:12-24「癒し主」

◇2010年6月16日(水)
●エレミヤ30:12-24「癒し主」  
●御言葉
さあ、わたしがお前の傷を治し 打ち傷をいやそう、と主は言われる。(30:17a)

●黙想

主はバビロンで傷だらけになったユダの民に対して、癒しを約束します。

「もしあなたが、あなたの神、主の声に必ず聞き従い、彼の目にかなう正しいことを行い、彼の命令に耳を傾け、すべての掟を守るならば、わたしがエジプト人にくだした病をあなたには下さない。わたしはあなたをいやす主である」(出エジプト15:26-27)。

主はとこしえに癒し主です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ30:1-11「回復」

◇2010年6月15日(火)
●エレミヤ30:1-11「回復」  
●御言葉
見よ、わたしの民、イスラエルとユダの繁栄を回復する日が来る、と主は言われる。主は言われる。わたしは、彼らを先祖に与えた国土に連れ戻し、これを所有させる。」(30:3)

●黙想
主はエレミヤを通してユダの回復を預言しました。

主が共におられる世界。

そこでの苦しみは永遠ではありません。

苦難にも意味があり、終わりがあります。

意味のない苦難、終わりのない苦難。

それは地獄です。

地獄とは、主が共におられない世界だからです。

主が共におられる世界。

そこには必ず回復があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ29:24-32「偽りと真実」

◇2010年6月14日(月)
●エレミヤ29:24-32「偽りと真実」  
●御言葉
わたしは彼を遣わしてはいない。彼は偽ってあなたたちを安心させようとしている。(29:31)

●黙想

シェマヤはエレミヤの預言を否定し、捕囚の民に誤った安心感を与えていました。

主はシェマヤが偽預言者であることを明らかにし、

彼とその子孫を罰せられます。

サタンの常套手段は偽りの言葉です。

偽札を見分けるには本物を見続けることであるように、

日々、真実な御言葉に目を注いで生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますゆおに。byバルナバ

エレミヤ29:15-23「バビロンの恵み」

◇2010年6月13日(日)
●エレミヤ29:15-23「バビロンの恵み」  
●御言葉
しかし、あなたたちは主の言葉を聞きなさい。わたしがエルサレムからバビロンへ送ったすべての捕囚の民よ。(29:20)

●黙想
バビロンに連行されたユダの民は、偽預言者の言葉に惑わされ、エルサレムに帰りたがります。

しかし、主の御心は彼らを滅びゆくエルサレムからバビロンに逃れさせ、

彼らによってエルサレムを再建することでした。

バビロンは主が用意された荒れ野であり、疎開地(逃れの場)です。

荒れ野にも神の恵みはあります。

主の言葉が聞こえる世界。

そこは荒れ野でも天国になります。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。byバルナバ

エレミヤ29:1-14「将来と希望」

◇2010年6月12日(土)
●エレミヤ29:1-14「将来と希望」  
●御言葉
主はこう言われる。バビロンに七十年の時が満ちたなら、わたしはあなたたちを顧みる。わたしは恵みの約束を果たし、あなたたちをこの地に連れ戻す。わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。(29:10-11)

●黙想

エレミヤが捕囚の民に書き送った手紙は、

ユダの民のみならず、

今もバビロン(苦しみ)にある人々に将来と希望を与えます。

主はあなたのためにも平和の計画を持っておられます。

必ず苦難の時には終わりが来ます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ28:12-17「聖書」

◇2010年6月11日(金)
●エレミヤ28:12-17「聖書」  
●御言葉
ハナンヤよ、よく聞け。主はお前を遣わしていない。お前はこの民を安心させようとしているが、それは偽りだ。(28:15)

●黙想

ハナンヤは自分たちに都合の良いことを預言し、民に偽りの安心を与えました。

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です」(二テモテ3:16)。

聖書は自分に都合の悪いことも書かれています。

御言葉に耳を傾け、自らの誤りに気づき、方向転換、軌道修正できる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ28:1-11「神の言葉」

◇2010年6月10日(木)
●エレミヤ28:1-11「神の言葉」  
●御言葉
平和を預言する者は、その言葉が成就するとき初めて、まことに主が遣わされた預言者であることが分かる。(28:9)

●黙想

ハナンヤは二年後にバビロンから解放されると預言しましたが、その預言は当たりませんでした。

エレミヤの預言は当時の人々には受け入れられませんでしたが、

彼の預言の正しさは後になって証明されました。

キリストも同じです。

神の言葉の正しさは、その言葉が成就した時、明らかになるのです。

後で分かるようになる神の言葉を信じて生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

エレミヤ27:12-22「顧みられる日」

◇2010年6月9日(水)
●エレミヤ27:12-22「顧みられる日」  
●御言葉
これらの器具はバビロンに持ち去られ、わたしが顧みる日まで、そこにとどめ置かれる、と主は言われる。しかし、わたしはこれらの器具をこの場所に持ち帰らせる。(27:22)

●黙想

エルサレムはバビロンによって制圧され、民は捕囚となり、神殿の祭具は持ち去られます。

主が顧みられる日には、民はもちろん、祭具もエルサレムに戻ってきます。

どんなに状況が悪化しても、主が顧みられる日は必ず来ます。

その日を信じ、待ち望んで生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ27:1-11「時が来れば」

◇2010年6月8日(火)
●エレミヤ27:1-11「時が来れば」  
●御言葉
諸国民はすべて彼とその子と、その孫に仕える。しかし、彼の国にも終わりの時が来れば、多くの国々と大王たちが彼を奴隷にするであろう。(27:7)

●黙想

ユダの民は神の裁きを受け、バビロンに仕えるようになります。

しかし、バビロンの支配にも終わりの時があります。

その時が来れば、ユダは赦しと解放を体験します。

蒔いた種は刈り取らされます。

主に立ち帰って、刈り取りを行う者には祝福の季節が訪れます。

主と主の言葉に従って歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ26:16-24「弁護者」

◇2010年6月7日(月)
●エレミヤ26:16-24「弁護者」  
●御言葉
この地の長老が数人立ち上がり、民の全会衆に向かって言った。(26:17)

●黙想

エレミヤは殺されそうになりましたが、

高官たちは反対し、数人の長老たちも、立ち上がって彼を弁護し、

エレミヤはアヒカムの手によって保護され、難を逃れました。

主は弁護者であり、保護者であり、助け主です。

主はあなたを救うために立ち上がれます。

主を信頼して歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ26:1-15「立ち帰れ」

◇2010年6月6日(日)
●エレミヤ26:1-15「立ち帰れ」  
●御言葉
彼らが聞いて、それぞれ悪の道から立ち帰るかもしれない。そうすれば、わたしは彼らの悪のゆえにくだそうと考えている災いを思い直そう。(26:3)

●黙想

エレミヤは神殿の庭で神の言葉を語りました。

これを聞いた人々は主に立ち帰るどころか、エレミヤを捕らえます。

キリストも神の言葉を語りました。

これを聞いた人々は主に立ち帰らず、キリストを捕らえました。

今も主は聖書を通して語られます。

今日は日曜日です。

主の言葉を聞いて、主に立ち帰る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ25:30-38「避け所」

◇2010年6月5日(土)
●エレミヤ25:30-38「避け所」  
●御言葉
牧者は逃げ場を失い 群れを率いる者は避け所を失う。(25:35)

●黙想

主こそ、逃れ場であり、避け所です。

ユダの民の指導者たちは、主に逆らい、偶像を拠り所としました。

預言者たちの「主に立ち帰れ」との警告を無視し、

ついに彼らはバビロンによって滅ぼされてしまうのです。

「主は羊飼い、わたしには何もかけることがない。主はわたしを青草の原に休ませ 憩いの水のほとりに伴い 魂を生き返らせてくださる」(詩編23:1-3)。

主を避け所とする人は幸いです。byバルナバ

エレミヤ25:19-29「怒りの杯」

◇2010年6月4日(金)
●エレミヤ25:19-29「怒りの杯」  
●御言葉
万軍の主はこう言われる。お前たちは必ず飲むことになる。(25:28b)

●黙想

すべての人は罪の故に、怒りの酒の杯(神の裁き)を免れることはできません。

キリストは私たちの罪の代償を自らの命をもって支払ってくださり、

私たちが飲むべき怒りの杯を身代わりに飲み干してくださったのです。

これがキリストの十字架の出来事です。

十字架の贖いを信じて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ25:12-18「恵みの約束」

◇2010年6月3日(木)
●エレミヤ25:12-18「恵みの約束」  
●御言葉
わたしは、この地についてわたしが語った言葉、エレミヤがこれらすべての国々について預言し、この巻物に記されていることを、すべて実現させる。(25:13)

●黙想

主の約束は必ず実現します。

主の恵みの約束を信じ、耐え忍ぶ人、待ち望む人は幸いです。

「主はこう言われる。バビロンに七十年の時が満ちたなら、わたしはあなたたちを顧みる。わたしは恵みの約束を果たし、あなたたちをこの地に連れ戻す。わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」(エレミヤ29:10-11)

今日も祝福を祈ります。

byバルナバ

エレミヤ25:1-11「奴隷」

◇2010年6月2日(水)
●エレミヤ25:1-11「奴隷」  
●御言葉
彼らは言った。『立ち帰って、悪の道と悪事を捨てよ。そうすれば、主がお前たちと先祖に与えられた地に、とこしえからとこしえまで住むことができる。(25:5)

●黙想

主は預言者を遣わし、繰り返し語り続けました。

しかし、ユダの民は、耳を傾けず、偶像から離れず、

ついに祖国を失い、バビロン王の奴隷となります。

悪に仕える人は悪の奴隷となり、

主に仕える人は主の奴隷(クリスチャン)となります。

主の声に耳を傾け、主の僕として生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エレミヤ24:1-10「恵み」

◇2010年6月1日(火)
●エレミヤ24:1-10「恵み」  
●御言葉
イスラエルの神、主はこう言われる。このところからカルデア人の国へ送ったユダの捕囚の民を、わたしはこの良いいちじくのように見なして、恵みを与えよう。彼らに目を留めて恵みを与え、この地に連れ戻す。彼らを建てて、倒さず、植えて、抜くことはない。(24:5-6)

●黙想

神はバビロンに連れ去られたユダの民に目を留め、

恵みを与え、彼らを故郷に連れ戻し、回復させる、と約束しました。

この恵みの約束は現実となり、70年後、ユダの民は祖国に帰還します。

主の恵みによって回復される人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -