歴代誌下36:10-23「安息と回復」

◇2009年12月31日(木)
●歴代誌下36:10-23「安息と回復」  
●御言葉
こうして主がエレミヤの口を通して告げられた言葉が実現し、この地はついに安息を取り戻した。その荒廃の全期間を通じて地は安息を得、七十年の年月が満ちた。(36:21)

●黙想
南ユダ王国は崩壊し、全地は荒廃しました。

にもかかわらず、ユダの地は安息を取り戻し、安息を得た、というのです。

バビロンでの70年。

これはユダが回復するために必要な期間でした。

荒れ野の中で、彼らは主に立ち帰り、救いの到来を待ち望んだからです。

やがて、時が満ちて、主はキュロス王の心を動かし、彼らを解放します。

回復の前に安息期間が必要です。

主に立ち帰る人は、荒廃の中でも安息を得ます。

今日で2009年が終わります。

良いお年をお迎えください。

主の御名によって祝福します。byバルナバ
スポンサーサイト

歴代誌下36:1-9「主に帰れ」

◇2009年12月30日(水)
●歴代誌下36:1-9「主に帰れ」  
●御言葉
ヨヤキムは二十五歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった。彼は自分の神、主の目に悪とされることを行った。(36:5)

●黙想
ヨシヤの死後、後継者の王たちは再び主の目に悪を行い、急速にユダの国は弱体化します。

この危機的状況にあっても、彼らは主を求めることをせず、事態はさらに悪化していったのです。

人生の明暗は、主に立ち帰るか否かにかかっています。

あなたを造られた神、このお方があなたのメーカーです。

メーカーに立ち帰って、人生の修理を受ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下35:10-27「哀歌」

◇2009年12月29日(火)
●歴代誌下35:10-27「哀歌」  
●御言葉
エレミヤはヨシヤを悼んで哀歌を作った。男女のすべての歌い手がその哀歌によってヨシヤを語り伝えるようになり、今日に至っている。それがイスラエルの定めとなり、歌は『哀歌』に記されている。(35:25)

●黙想
ヨシヤの突然の死は、全住民に悲しみをもたらします。

人の人生は死んだときに評価されます。

惜しまれる生き方。

それは人生の中でどれだけ集めたかではなく、どれだけ残したかにあります。

「ああ主よ、わたしに、

慰められるよりも、慰めることを、

理解されるよりも、理解することを、

愛されるよりも、愛することを求めさせてください。

わたしたちは与えるので受け、

ゆるすのでゆるされ、

自分自身を捨てることによって、

永遠の命に生きるからです。アーメン」(平和の祈り)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下35:1-9「過越と聖餐」  

◇2009年12月28日(月)
●歴代誌下35:1-9「過越と聖餐」  
●御言葉
ヨシヤはエルサレムにおいて主の過越祭を祝い、第一の月の十四日に過越のいけにえを屠った。(35:1)

●黙想
ユダの王の中で、過越祭を行ったのはヨシアとヒゼキヤ王の二人だけでした。

過越祭は神がモーセを遣わし、エジプトから救い出してくれたことを忘れないために行う祭です。

キリストはあなたをエジプト(罪と死と呪いと悪魔)から救い出してくださいました。

クリスチャンにとって過越祭は聖餐式です。

今年も残り僅かとなりました。

主のよくしてくださったことを忘れないように、一年を振り返り、黙想する時を持つようにしましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下34:29-33「決断」  

◇2009年12月27日(日)
●歴代誌下34:29-33「決断」  
●御言葉
ヨシヤはイスラエルの人々のすべての土地から忌むべきものを一掃し、イスラエルにいるすべての者をその神、主に仕えさせた。彼が生きている間、彼らは先祖の神、主に従う道からはずれることはなかった。(34:33)

●黙想
ヨシヤは発見した律法の書を民に読み聞かせ、律法に従って行動することを誓いました。

ヨシヤ王の決断によって、民は主に従うようになりましたが、王がいなくなると民は再び堕落していきます。

人に言われて従うのではなく、自分で決断して従うことが大切です。

今日は今年最後の日曜日です。

一年の感謝をもって、主を礼拝していきましょう。byバルナバ

歴代誌下34:14-28「心を裂く」

◇2009年12月26日(土)
●歴代誌下34:14-28「心を裂く」  
●御言葉
あなたはこの所とその住民についての主の言葉を聞いて心を痛め、神の前にへりくだり、わたしの前にへりくだって衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしはあなたの願いを聞き入れた、と主は言われる。(34:27)

●黙想
今日から歴代誌に戻ります。

律法の書を発見したヨシヤは、衣を裂き、心を裂いて悔い改めました。

聖書を通して、主の言葉を発見し、心と行動をチェンジする人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ2:1-12「メリークリスマス」  

◇2009年12月25日(金)
●マタイ2:1-12「メリークリスマス」  
●御言葉
家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。(2:11)

●黙想
メリークリスマス!

東方の学者たちは救い主に出会うと、喜びに満たされ、礼拝を捧げました。

彼らは宝の箱を開き、贈り物を献げ、喜びながら帰っていきました。

宝の箱とは、あなたの心です。

あなたの心をキリストに捧げること。

それが本当の礼拝です。

心のあるところに宝があるからです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

マタイ1:18-25「メリークリスマス」  

◇2009年12月24日(木)
●マタイ1:18-25「メリークリスマス」  
●御言葉
「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(1:21)

●黙想
メリークリスマス!

イエス様はあなたを罪から救うためにお生まれになりました。

罪とは、神様との関係の断絶であり、

救いとは、神様と関係を回復することです。

キリストは救いの道を準備されました。

博士や羊飼いのように、主のもとに急いで行き、主を礼拝する者は幸いです。

今日はクリスマスイブです。

夜はキャンドルサービス(燭火礼拝)があります。

共に主を礼拝しましょう。byバルナバ

イザヤ8:23-9:6「大いなる光」

◇2009年12月23日(水)
●イザヤ8:23-9:6「大いなる光」  
●御言葉
闇の中を歩み民は、大いなる光を見、死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。(9:1)

●黙想
今日はクリスマスQTです。

イザヤのこの預言はキリストの誕生(クリスマス)において成就します。

キリストは太陽のようなお方です。

太陽が昇れば闇は消え去ります。

キリストはあなたの心に昇る太陽です。

主を求める者には夜明けが来ます。

毎朝、心に太陽を昇らせて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下34:1-13「ダビデの道」  

◇2009年12月22日(火)
●歴代誌下34:1-13「ダビデの道」  
●御言葉
彼は主の目にかなう正しいことを行い、父祖ダビデの道を歩み、右にも左にもそれなかった。(34:2)
●黙想
ヨシアは8歳で王となり、16歳の時、神を求め始めます。

彼は偶像が主の目にかなわないことを知り、次々と取り除いていきます。

「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。(コヘレト12:1)。

創造主を求めて生きる。

これがダビデの道であり、祝福された人生の道です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下33:10-25「主は恵み深い方」  

◇2009年12月21日(月)
●歴代誌下33:10-25「主は恵み深い方」  
●御言葉
彼は苦悩の中で自分の神、主に願い、先祖の神の前に深くへりくだり、祈り求めた。神はその祈りを聞き入れ、願いをかなえられて、再び彼をエルサレムの自分の王国に戻された。こうしてマナセは主が神であることを知った。(33:13)

●黙想
マナセの悪行は数え切れません。

しかし、そんなマナセであっても、苦悩の中で主を呼び求める時、主はその祈りに耳を傾けられ、彼を助けられました。

神の恵み深さは数えきることができません。

日々、主に立ち帰って歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下33:1-9「キリスト礼拝」

◇2009年12月20日(日)
●歴代誌下33:1-9「キリスト礼拝」  
●御言葉
「マナセはユダとエルサレムの住民を惑わし、主がイスラエルの人々の前で滅ぼされた諸国の民よりも更に悪い事を行わせた。(33:9)

●黙想
ヒゼキヤによって信仰の立て直しが行われ、ユダの民は主を喜び、礼拝する者となりました。

しかし、マナセが王になると、彼は再び偶像を礼拝し、異邦人の風習を持ち込み、ユダの民を誘惑しました。

信仰の危機は人生の危機に直結します。

誰を礼拝するかが人生の分岐点になります。

今日は日曜日です。

クリスマス礼拝が行われる日です。

キリスト(クライスト)を礼拝(ミサ)する。

ここに本当のクリスマスがあり、祝福された人生の秘訣があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下32:20-33「危機の時、恵みの時」

◇2009年12月19日(土)
●歴代誌下32:20-33「危機の時、恵みの時」  
●御言葉
「そのころ、ヒゼキヤは病にかかり、死にそうになった。彼が主に祈ったので、主は彼にこたえ、しるしを与えられた。(32:24)

●黙想
ヒゼキヤの人生。

アッシリアの攻撃、死にそうな病気、主に捨て置かれるような孤独を次々と味わいます。

その度にヒゼキヤは思い上がりを捨て、主に祈り、助けを求めました。

すると、主はヒゼキヤの祈りに答え、彼を助け、癒されたのです。

危機の時、主を求めることも大切ですが、恵みの時、恩恵を忘れないことはもっと大切です。

クリスチャンのしるしは「十字架」です。

キリストの十字架の愛と赦しと癒しを信じる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下32:1-19「強く雄々しくあれ」

◎2009年12月18日(金)
●歴代誌下32:1-19「強く雄々しくあれ」  
●御言葉
「強く雄々しくあれ。アッシリアの王とその全軍団を見ても、恐れてはならない。おじけてはならない。我々と共においでになる方は、敵と共にいる者より力強い。敵には人の力しかないが、我々には我々の神、主がいて助けとなり、我々のために戦ってくださる。」民はユダの王ヒゼキヤの言葉に力づけられた。(32:7-8)

●黙想
喜び躍っていた民の前にアッシリアの攻撃が迫ります。

民はヒゼキヤの言葉に力づけられ、アッシリアの王が浴びせる言葉による攻撃に耐え忍んでいきました。

御言葉によって試練を耐え抜く人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下31:9-21「主を求める」

◇2009年12月17日(木)
●歴代誌下31:9-21「主を求める」  
●御言葉
彼は神殿における奉仕について、また律法と戒めについて、神を求めて始めたすべての事業を、心を尽くして進め、成し遂げた。(31:21)

●黙想
ヒゼキヤは主を求め、主の御前に良い事、正しい事、真実な事を行いました。

その結果、ユダの国は喜びと感謝が満ちあふれ、人々は神との正しい関係を回復していきました。

なくてならぬもの。

それは主を求め、主の言葉に従って生きることです。

ここにすべての悩み、問題の解決の鍵があるのです。

主の御心に従って歩む者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下31:1-8「献げ物」

◇2009年12月16日(水)
●歴代誌下31:1-8「献げ物」  
●御言葉
ユダの町々に住むイスラエルとユダの人々も、牛と羊の十分の一と、自分たちの神、主のために聖別された物の十分の一を運んで来て、次々と積み上げた。(31:6)

●黙想
主を喜び、信仰を回復した民は、偶像を撤去し、ヒゼキヤ王の命令に従って、祭司とレビ人の働きのために収穫物の初物と、あらゆる物の十分の一を聖別し、主に献げました。

献金の意味と捧げる姿勢を黙想します。

献金を捧げる時、主のために聖別し、感謝を持って捧げるならば、主は御言葉の約束の如く、天の窓を開き、あふれる恵みと祝福を限りなく注いでくださるでしょう。

御名によって祝福します。byバルナバ

歴代誌下30:13-27「主を求める決意」

◇2009年12月15日(火)
●歴代誌下30:13-27「主を求める決意」  
●御言葉
主はヒゼキヤの祈りを聞き入れ、民をいやされた。(30:20)

●黙想
ヒゼキヤは「恵み深い主よ、彼らをお赦しください。彼らは聖所の規定には従いませんでしたが、神、先祖の神、主を求めようと決意しているのです」と、祈りました。

神の前に過ちは犯します。

大切なのは主を求める決意をして、主に立ち帰ることです。

主に立ち帰る者はたとえ不完全であっても、イエス様がヒゼキヤのように祈り、救ってくださるのです。

主のいやしがありますように。御名によって祝福します。byバルナバ

歴代誌下30:1-12「立ち帰る」

◇2009年12月14日(月)
●歴代誌下30:1-12「立ち帰る」  
●御言葉
もしあなたたちが主に立ち帰るなら、あなたたちの兄弟や子どもたちは、彼らを捕らえて行った者たちの憐れみを受け、この地に帰って来ることができるであろう。あなたたちの神、主は恵みと憐れみに満ちておられ、そのもとにあなたたちが立ち帰るなら、御顔を背けられることはない。(30:9)

●黙想
ヒゼキヤは南北の民に過越祭を呼びかけます。

ユダの民は心一つになり、主に立ち帰りましたが、北は一部の民を除いて、立ち帰りませんでした。

どんな人であっても、主に立ち帰れば赦されます。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下29:25-36「礼拝」

◇2009年12月13日(月)
●歴代誌下29:25-36「礼拝」  
●御言葉
焼き尽くす献げ物をささげ終わると、王および彼と共にいた人々は皆ひざまずいて礼拝した。(29:29)

●黙想
ヒゼキヤはレビ人と祭司を聖別させ、礼拝改革を行いました。

人は神を礼拝する存在として造られ、神は礼拝する者を祝福します。

礼拝とは「礼」=神様を崇め、讃美することであり、

「拝」=ひざまずいて祈り、神(御言葉)に従うことです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝していきましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下29:12-24「回復の時」

◇2009年12月12日(日)
●歴代誌下29:12-24「回復の時」  
●御言葉
そこでレビ人は立ち上がった。(29:12)

●黙想
ヒゼキヤ王の命令を受け、レビ人たちは、立ち上がって自らを聖別し、神殿を清め始めます。

ここからユダの回復が始まります。

ある時、レビという徴税人が収税所に座っていました。

彼の人生は罪に汚れていました。

イエス様は彼に「わたしに従ってきなさい」と語りかけると、彼はすぐに立ち上がってイエス様に従い、彼の人生は清められ、回復していきました。

主の招きに応答し、立ち上がる時から人生の回復は始まります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下29:1-11「聖別」

◇2009年12月11日(金)
●歴代誌下29:1-11「聖別」  
●御言葉
言った。「レビ人よ、聞け。今自分を聖別し、先祖の神、主の神殿を聖別せよ。聖所から汚れを取り去れ。」(29:5)

●黙想
今日からヒゼキヤ王の物語に入ります。

彼は王に就任後、まずレビ人に自分自身と神殿の聖別を行うように命じました。

クリスチャンはレビ人であり、神の神殿です。

まず自分自身を聖別することが大切です。

主のために時間を聖別する。

それがQTであり礼拝です。

まず時間を聖別することから、自らの生活を見直していきましょう。

そこに祝福の道があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下28:16-27「二次災害を防ぐ」

◇2009年12月10日(木)
●歴代誌下28:16-27「二次災害を防ぐ」  
●御言葉
このアハズ王は、災難のさなかでも、なお主に背いた。(28:22)

●黙想
窮地に立たされたアハズ王は、主を求めず、アッシリアやダマスコの神々に助けを求め、主に背き続けます。

彼の行動はさらに状況を悪化させ、彼は最後まで主に立ち帰ることがなく、死んだ後、王の墓にも入ることなく葬られます。

人生にアクシデントが起こったとき、二次災害を防ぐ秘訣は、主を求め、主に立ち帰ることです。

主に信頼する人は幸いです。byバルナバ

歴代誌下28:1-15「神の声」

◇2009年12月9日(水)
●歴代誌下28:1-15「神の声」  
●御言葉
彼はイスラエルの王たちの道を歩み、その上バアルの神々のために像を鋳て造った。(28:2)
●黙想
アハズ王は、主が忌み嫌われることを行い、ユダの上に災いをもたらしました。

神様はユダを敵の手に渡すことによって、彼らの目を覚まそうとされます。

「目を覚まして、主に立ち帰れ。そうすればわたしはあなたを祝福する」。

これは昔も今も変わらない神の声です。

主に近づけば、主は近づき、主を捨てれば、主は捨て置かれるのです。

災いから祝福に転じる鍵は「悔い改め」です。

主の声に目を覚ます人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下27:1-9「御前を歩む」  

◇2009年12月8日(火)
●歴代誌下27:1-9「御前を歩む」  
●御言葉
ヨタムは主なる神の御前をたゆまず歩き続けたので、勢力を増すことができた。(27:6)

●黙想
ヨタムは父ウジヤの後ろ姿を見ながら、主の目に正しいことを行いました。

彼は父ウジヤが傲慢になって犯した過ちを繰り返さないように、神の御前をたゆまず歩き続けたのです。

その結果、彼は祝福されました。

祝福の秘訣は、おごり高ぶることなく、主の御前を歩み続けることです。

主と共に歩み続ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下26:11-23「最大のピンチ」

続きを読む

歴代誌下26:1-10「神を求める」  

◇2009年12月6日(日)
●歴代誌下26:1-10「神を求める」  
●御言葉
神を畏れることを諭したゼカルヤが生きている間は、彼も主を求めるように努めた。彼が主を求めている間、神は彼を繁栄させられた。(26:5)

●黙想
「繁栄のために神を求めることと、神を求めた結果繁栄することとは違います。繁栄のために神を求めると、さらなる繁栄を求めて信仰を失ってしまうことがあります。しかし、神が願われることは、神ご自身を求める信仰です。」(リビングライフ+Plusより)。

今日は日曜日です。

主を求め、共に主を礼拝しましょう。

ここに祝福された人生の秘訣があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下25:14-28「真実な礼拝」

◇2009年12月5日(土)
●歴代誌下25:14-28「真実な礼拝」  
●御言葉
アマツヤはエドムの討伐から帰った後、セイル人の神々を導入し、これを自分の神としその前にひれ伏して香をたいた。(25:14)

●黙想
アマツヤは自分のために神を利用する人でした。

異教の神々であっても、自分に益をもたらすと思うものは取り入れたのです。

これが偶像礼拝です。

真実な礼拝は、神のために自分を用いていくことです。

これが神によった造られた人間のあるべき姿なのです。

作品は作者のために存在するのであって、作者が作品のために存在するのではないのです。

神を用いるのではなく、神に用いられて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下25:1-13「どう生きるか」  

◇2009年12月4日(金)
●歴代誌下25:1-13「どう生きるか」  
●御言葉
彼は主の目にかなう正しいことを行ったが、心からそうしたのではなかった。(25:2)

●黙想
アマツヤの父ヨアシュは、祭司ヨヤダが生きている間は、主の目にかなう正しいことを行いましたが、ヨヤダの死後、主に逆らいました。

ヨアシュは神殿を修復しながらも、心から主に仕えていなかったのです。

アマツヤはこの父の後ろ姿を見て育ったため、心から主に仕えていませんでした。

あなたが何を信じ、どのように生きているかを子どもたちは見て学んでいくのです。

いつも主を求め、心から主に仕えて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下24:15-27「後半が勝負」  

◇2009年12月3日(木)
●歴代誌下24:15-27「後半が勝負」  
●御言葉
彼らを主に立ち帰らせるため預言者が次々と遣わされた。しかし、彼らは戒められても耳を貸さなかった。(24:19)

●黙想
祭司ヨヤダの死後、ヨアシュ王はユダの高官たちの言葉に従って、主の戒めを捨て、偶像礼拝に走ります。

あれほど喜びを持って修復した神殿は再び偶像の巣窟と変わりました。

それでも神様はヨアシュを憐れみ、預言者を次々と遣わされました。

にもかかわらず彼は主に立ち帰ることはありませんでした。

人生は始まりよりも終わりが重要です。

前半よりも後半が大切です。

主と共に人生を終えられる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

歴代誌下24:1-14「御言葉に生きる」

◇2009年12月2日(水)
●歴代誌下24:1-14「御言葉に生きる」  
●御言葉
ヨアシュは祭司ヨヤダの生きている間は主の目にかなう正しいことを行った(24:2)

●黙想
ヨアシュは7歳で王になり、祭司ヨヤダによって、主の目に正しい生き方を教えられ、主の神殿を修復する大事業を行いました。

しかし、ヨヤダの死後、彼の人生は堕落してしまいます。

主の教えを失う時、人は堕落する傾向にあります。

あなたの中に主と主の教えは生きていますか。

天地は滅びても、主の言葉は滅びません。

御言葉によって生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -