フィレモン1:8-25「有益な人生」  

◎2009年4月30日(木)
●フィレモン1:8-25「有益な人生」  
●御言葉
彼は、以前はあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにもわたしにも役立つ者となっています。(1:11)

●黙想
人生は出会いで決まると言われます。

オネシモは逃亡奴隷です。

彼は牢獄の中でパウロに出会い、

パウロの語る福音を通してキリストに出会い、

彼の人生は一変し、有益な者となったのです。

人を有益な者に変える力は神の愛です。

オネシモは神の愛に出会い、

彼の人生は回復し、

無益な人生から有益な人生を生きる者となりました。

今日も神の愛に満たされ、

主の役に立つ一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
スポンサーサイト

フィレモン1:1-7「祈り」

◎2009年4月29日(水)
●フィレモン1:1-7「祈り」  
●御言葉
わたしは、祈りの度に、あなたのことを思い起こして、いつもわたしの神に感謝しています。(1:4)

●黙想
パウロは神に祈る人でした。

祈りは神との親密な時間です。

パウロは祈りによって「わたしの神」と呼ぶほど親しい関係になりました。

パウロは愛の人でした。

愛とは忘れないことです。

いつも覚えていることです。

パウロは祈りの度に、一人一人のことを思い起こして、神に感謝したのです。

今日、あなたは誰のことを思い起こして祈りますか。

感謝の心を持って執り成し祈る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

イザヤ66:18-24「約束」  

◎2009年4月28日(火)
●イザヤ66:18-24「約束」  
●御言葉
わたしの造る新しい天と新しい地が わたしの前に永く続くように あなたたちの子孫とあなたたちの名も永く続くと主は言われる。(66:22)

●黙想
祖国を失い、神様からも見捨てられたと思っていた人々に、春が訪の到来が告げられます。

厳しい冬を乗り越え、生き残った民は、

もはや主から引き離されることはなく、

その子孫もすたれないと約束を受けます。

神の国はエンドレスです。

神の国(新しい天と地)に名が記され、

尽きることのない神の愛と恵みと祝福を受けて生きる人は幸いです。

「わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える」(出エジプト20:6)。

byバルナバ

イザヤ66:7-17「慰め」  

◎2009年4月27日(月)
●イザヤ66:7-17「慰め」  
●御言葉
母がその子を慰めるように わたしはあなたたちを慰める。エルサレムであなたたちは慰めを受ける。(66:13)

●黙想
「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。」(二コリント1:4・新改訳)。

聖霊なる神様は母親のようなお方であり、慰め主と呼ばれます。

「慰め主」とは、ギリシャ語で「パラクレートス」といいます。

パラは「脇:そば」、クレートスとは「呼ぶ」。

聖霊なる神様は、あなたのそばであなたの名を呼んでくださるお方です。

どんな孤独の中にも、どんな問題の中にも、主があなたのそばにいて、あなたを慰めてくださいます。

今日も主の御手に抱かれて平安を得ますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ66:1-6「顧みられる神」

◎2009年4月26日(日)
●イザヤ66:1-6「顧みられる神」  
●御言葉
わたしが顧みるのは 苦しむ人、霊の砕かれた人 わたしの言葉におののく人。(66:3b)

●黙想
神様は苦しむ人を顧みられます。

神様は砕かれた人を顧みられます。

神様は御言葉におののく人を顧みられます。

苦しみは頑なな心を砕き、

主の御言葉に耳を傾けさせ、

神様に顧みられる世界へと導きます。

「苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを/学ぶことができました。」(詩編119:71:口語訳)。

今日は日曜日です。共に主を礼拝していきましょう。byバルナバ

イザヤ65:13-25「新たな世界」

◎2009年4月25日(土)
●イザヤ65:13-25「新たな世界」  
●御言葉
この地で祝福される人は 真実の神によって祝福され この地で誓う人は真実の神によって誓う。初めからの苦しみは忘れられる。わたしの目から隠されるからである。(65:16)

●黙想
神の国は神が新たに創造される世界です。

そこは狼と小羊が共存するような平和の世界であり、

古いもの(苦難)が過ぎ去った世界です。

そこは代々にわたり喜び楽しみ躍る世界です。

「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」(二コリント5:17)。

この地で真実の神であるキリストに出会い、祝福された人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

イザヤ65:1-12「祈り」  

◎2009年4月24日(金)
●イザヤ65:1-12「祈り」  
●御言葉
わたしに尋ねようとしない者にも わたしは、尋ね出される者となり わたしを求めようとしない者にも 見いだされる者となった。 わたしの名を呼ばない民にも わたしはここにいる、ここにいると言った。(65:1)

●黙想
クリスチャンの祈りとは、

どこにいるか分からない神に向かって、

闇雲に「わたしを助けてください」と叫ぶようなものではありません。

「わたしはここにいる」という神の声を聞いて、

その方に向かって求めるものです。

それは遭難し、助けを求めていた人が、

救助隊の声を聞くようなものです。

声に向かって叫ぶ叫びには希望があります。

祈りには希望があります。

キリストは救い主です。

あなたを救助するためにキリストは来られたのです。

この方の声を聞いて、

そのお方に祈り求める人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

イザヤ63:19-64:11「主を待ち望む」  

◎2009年4月23日(木)
●イザヤ63:19-64:11「主を待ち望む」  
●御言葉
あなたを待つ者に計らってくださる方は 神よ、あなたのほかにはありません。昔から、ほかに聞いた者も耳にした者も 目に見た者もありません。(64:3)

●黙想
イスラエルの民は救い主の到来を待ち望みました。信仰とは、神に望みを置くことであり、神を待ち望むことであり、神の計画が実現することを待望することです。「主に望みを置く人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。(イザヤ40:31)。今日も主を待ち望み、新たな力に満たされますように。神の良き計らいがあなたの身に起こりますように。御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ63:7-19「感謝」  

◎2009年4月22日(水)
●イザヤ63:7-19「感謝」  
●御言葉
わたしは心に留める。主の慈しみと主の栄誉を 主がわたしたちに賜ったすべてのことを 主がイスラエルの家に賜った多くの恵み 憐れみと豊かな慈しみを。(63:7)

●黙想
今、あるものに目を向ける人と、今、ないものに目を向ける人がいます。

前者は、与えられたものを数えて生きる人であり、

残っているものに心を留めて生きる人です。

一方、後者は、与えられなかったものを数える人であり、

失ったものを心に留めて生きる人です。

あなたはどちらのタイプですか。

前者の心には感謝が芽生え、

後者の心には不平不満が芽生えます。

主から与えらている恵みを一つ一つ数え、

心に感謝を生み出して生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

イザヤ62:10-63:6「福音」  

◎2009年4月21日(火)
●イザヤ62:10-63:6「福音」  
●御言葉
見よ、主は地の果てにまで布告される。娘シオンに言え。見よ、あなたの救いが進んでくる。見よ、主のかち得られたものは御もとに従い、主の働きの実りは御前を進む。(62:11)

●黙想
キリストの福音は全世界に告げ知らされました。

福音とは、救いの訪れです。

あなたを救うためにイエス・キリストはこの世に来られました。

これが福音です。

この福音の知らせを聞いて、信じ、従う人。

それがクリスチャンです。

キリストはあなたの敵(あらゆる問題)を打ち破り、勝利の実を結ばせてくださるのです。

主を見上げ、主を信じ、主に期待して生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

イザヤ62:1-9「御手の中で」  

◎2009年4月20日(月)
●イザヤ62:1-9「御手の中で」  
●御言葉
あなたは主の御手の中で輝かしい冠となり、あなたの神の御手の中で王冠となる。(62:3)

●黙想
主は陶器師のように、御手の中であなたを造られました。

主はあなたを造り変えてくださるお方です。

主の御手に身を委ねて生きる時、あなたの人生に変化が訪れます。

♪御手の中で すべては変わる讃美に わが行く道を導き給え あなたの御手の中で 御手の中で すべては変わる感謝に わが行く道に あらわしたまえ あなたの御手の業を♪

今日も讃美へと、感謝へと変えられる一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ61:1-11「救いの衣」

◎2009年4月19日(日)
●イザヤ61:1-11「救いの衣」  
●御言葉
わたしは主によって喜び楽しみ、わたしの魂は神にあって喜び躍る。主は救いの衣をわたしに着せ、恵みの晴れ着をまとわせてくださる。花婿のように輝きの冠をかぶらせ、花嫁のように宝石で飾ってくださる。(61:10)

●黙想
信仰とは、まだ起きていない神の約束を、必ず起こると信じ、待ち望むことです。

あなたは今、喜び楽しみ、躍っていますか。

イスラエルの民は、イザヤの預言によって、救いの日を待ち望み、やがて現実となりました。

今日の御言葉があなたの人生にも起こりますように。

御名によって祝福します。

今日は日曜日です。主を喜び、楽しみ、礼拝していきましょう。byバルナバ

イザヤ60:10-22「義の太陽」

◎2009年4月18日(土)
●イザヤ60:10-22「義の太陽」  
●御言葉
主があなたのとこしえの光となり、あなたの神があなたの輝きとなられる。あなたの太陽は再び沈むことなく、あなたの月は欠けることがない。主があなたの永遠の光となり、あなたの嘆きの日々は終わる。(60:19b-20)

●黙想
救い主は太陽のような存在であり、あなたの心に永遠の光をもたらします。

太陽はまた沈みます。

月は欠けることがあります。

しかし、義の太陽(イエス・キリスト)は、決して沈むことも、欠けることもありません。

「わが名を畏れ敬うあなたたちには義の太陽が昇る。その翼にはいやす力がある。あなたたちは牛舎の子牛のように躍り出て跳び回る」。(マラキ3:20)。

あなたの嘆きが終わり、喜びと讃美に変わりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ60:1-9「起きよ、光を放て」

◎2009年4月17日(金)
●イザヤ60:1-9「起きよ、光を放て」  
●御言葉
起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り、主の栄光はあなたの上に輝く。(60:1)

●黙想
「神が助けてくださることをただ待ってばかりいませんか。神が助けてくださることを待っているのは意味がないことです。神はそのような形では助けてくださらないからです。しかし私たちが立ち上がって事を始めるなら、すぐに神がそこにおられることを知るようになります。私たちが立ち上がれば、光が射してきて、つらく苦しいことが、驚くことに神の働きに変わるのです。」(リビングライフ一節黙想より)。

目の前のヨルダン川(問題)も、

主を信じて立ち上がり、

一歩踏み出していく時、神の御業が起こります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

◎2009年4月16日(木)
●イザヤ59:9-21「神の契約」  
●御言葉
主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると主は言われる。これは、わたしが彼らと結ぶ契約であると主は言われる。あなたの上にあるわたしの霊、あなたの口においたわたしの言葉は、あなたの口からも、あなたの子孫の口からも、今も、そしてとこしえに離れることはない、と主は言われる。(51:20-21)

●黙想
神様は救い主イエス・キリストを遣わし、あなたに新しい契約を準備しました。

主の呼びかけに答え、主を求め、主を信じ、主に従う人は誰でもこの救いの契約を受け取ることができます。

神の約束はあなたとあなたの子孫の上に永遠に留まります。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます」(使徒16:31)。

あなたの上に、あなたの家族の上に、神様の豊かな守りと祝福がありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ58:13-59:8「贖い」

◎2009年4月15日(水)
●イザヤ58:13-59:8「贖い」  
●御言葉
主の手が短くて救えないのではない。主の耳が鈍くて聞こえないのでもない。むしろお前たちの悪が神とお前たちの間を隔て、お前たちの罪が神の御顔を隠させ、お前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ。(51:1-2)

●黙想
血管が異物によってつまると脳梗塞や心筋梗塞を起こし、命取りになります。

同じように罪は神と人との関係を妨げる大きな障害物であり、命を脅かします。

キリストはこの妨げとなっている障害物を除去するために、十字架にかかってくださったのです。

わたしたちがなすべきことはただ一つ。

悔い改めです。

悔い改めとは、神の贖いを信じ、受け入れ、神に立ち帰ることです。

今日も、神の御顔を仰ぎ、神の愛と赦しによって、歩んでいきましょう。

祝福を祈ります。byバルナバ

イザヤ58:1-12「主を求めよ」  

◎2009年4月14日(火)
●イザヤ58:1-12「主を求めよ」  
●御言葉
あなたが呼べば主は答え、あなたが叫べば「わたしはここにいる」と言われる。軛を負わすこと、指をさすこと、呪いの言葉をはくことをあなたの中から取り去るなら、飢えている人に心を配り、苦しめられている人の願いを満たすなら、あなたの光は、闇の中に輝き出て、あなたを包む闇は、真昼のようになる。主は常にあなたを導き、焼けつく地であなたの渇きをいやし、骨に力を与えて下さる。あなたは潤された園、水の涸れない泉となる。(58:9-11)

●黙想
今日も、主があなたの祈りに答え、あなたを導き、渇きをいやし、力を与えてくださるように。御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ57:11-21「回復の神」  

◎2009年4月13日(月)
●イザヤ57:11-21「回復の神」  
●御言葉
わたしは彼の道を見た。わたしは彼をいやし、休ませ、慰めをもって彼を回復させよう。民のうちの嘆く人のために。(57:18)

●黙想
イエス様は多くの病人を癒されました。

疲れた人、重荷を負って苦労している人を休まされました。

虐げられた人を慰められました。

イエス様が癒し、休ませ、慰められたのは、その人を回復させるためでした。

神様は回復の神です。

神様との関係、他者との関係、自分との関係、自然との関係。

この四つの関係を回復させるために救い主は来られたのです。

今日、あなたが回復しなければならない関係はどれですか。

回復の神があなたを祝福されますように。byバルナバ

ルカ24:1-12「復活の朝」

◎2009年4月12日(日)
●ルカ24:1-12「復活の朝」  
●御言葉
人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。(24:7)

●黙想
ハッピーイースター!

空っぽの墓を見て、婦人たちは途方に暮れていました。

そこに天使が現れ、

主がかつて言われていたように復活したことを伝えます。

天使の言葉を聞いて、

彼女たちは主の言葉を思い出し、

この後、復活の主に直接出会って喜びます。

主の約束(御言葉)は必ず成就します。

主は今も生きています。

今日は復活祭(イースター)です。

今も生きておられる主に礼拝を捧げていきましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

マタイ27:57-66「封印された世界」

◎2009年4月11日(土)
●マタイ27:57-66「封印された世界」  
●御言葉
岩に掘った自分の新しい墓の中に納め、墓の入り口には大きな石を転がしておいて立ち去った。(27:60)

●黙想
キリストは死んで墓に葬られました。

墓の入り口には大きな石が転がされ、

墓の石には封印がされ、

番兵によって見張りが置かれました。

墓の中は封印された世界であり、

誰も死という名の石を動かすことはできません。

しかし、主は三日目にこの封印を破って甦り、

あなたを復活の世界に招いて下さるのです。

主を信じ、復活の命に与って生きる人は幸いです。

明日はイースター(復活祭)です。

共に復活を喜び祝いましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

マタイ27:35-50「救いの道」

◎2009年4月10日(金)
●マタイ27:35-50「救いの道」  
●御言葉
しかし、イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。(27:50)

●黙想
「神の子なら自分を救ってみろ」
「今すぐ十字架から降りてこい。そうすれば信じてやろう」。

十字架の周りにいた人々は、イエス様を罵りました。

しかし、イエス様は罵られても罵り返さず、十字架の上で使命を果たし終え、「成し遂げられた」(ヨハネ19:30)と叫んで息を引き取りました。

イエス様はあなたのために救いの道を完成してくださいました。

今日は受難日です。

死の向こう側の世界に道を切り開いて下さった主に感謝し、

主に従って歩んでいきましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

ヨハネ19:5-16「十字架につけろ」

◎2009年4月9日(木)
●ヨハネ19:5-16「十字架につけろ」  
●御言葉
祭司長たちや下役たちは、イエスを見ると「十字架につけろ。十字架につけろと叫んだ。」(19:6)

●黙想
瞬きの詩人と呼ばれた水野源三さんの作品に「私がいる」という詩があります。

「ナザレのイエスを 

十字架にかけよと 

要求した人 

許可した人 

執行した人 

それらの人の中に 

私がいる」

(『わが恵み汝に足れり』より) 。

キリストを十字架につけた人々の中に、わたしを発見するところから、十字架の本当の意味が分かるようになります。

受難週。

キリストの十字架を黙想する時を過ごしましょう。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

ヨハネ18:28-40「真理の言葉」

◎2009年4月8日(水)
●ヨハネ18:28-40「真理の言葉」  
●御言葉
ピラトは言った。「真理とは何か。」ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て来て言った。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない。」(18:38)
●黙想
ピラトは、イエス様の中に何の罪も見いだすことができず、イエス様を釈放しようとします。

しかし、群衆に反対され、

真理に従わず、イエス様を十字架につけていきます。

イエス様は「真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」と言いました。

他の箇所では「真理はあなたたちを自由にする」とも言っています。

聖書はキリスト=真理の言葉であり、御言葉があなたに自由を与えます。

御言葉を信じ、御言葉に従って生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

ヨハネ18:15-27「鶏の鳴き声」  

◎2009年4月7日(火)
●ヨハネ18:15-27「鶏の鳴き声」  
●御言葉
ペトロは、再び打ち消した。するとすぐ、鶏が鳴いた(18:27)

●黙想
ペトロは三度、イエス様との関係を否定しました。その直後、鶏が鳴きました。他の福音書では、この後、ペトロは門の外で激しく泣いたと記されています。彼は主の言われた言葉を思い起こしたのです。鶏の鳴き声は、その場にいる人たちの耳にも聞こえましたが、ペトロにはその鳴き声は、生涯忘れられないものとなりました。神様は、特別な方法で、あなたに語りかけてくることがあります。人生の出来事の中で、主の言葉を思い出し、主に立ち帰る人は幸いです。今日も祝福を祈ります。byバルナバ

ヨハネ18:1-14「受難の道」  

◎2009年4月6日(月)
●ヨハネ18:1-14「受難の道」  
●御言葉
イエスはご自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、「だれを捜しているのか」と言われた。(18:4)

●黙想
今週から受難週の御言葉になります。

イエス様はユダの裏切りも、

ご自分が捕らえられることも、

十字架の上で死ぬこともすべてご存じでした。

受難の道を知りながらも、進み出られたのは、

この道が神の御心に適う道であり、

やがて復活に至る道であり、

人々を救いうる唯一の道であることをも知っておられたからです。

たとえあなたの身に何が起こるかを知らなくても、

キリストはあなたの進むべき道をご存じです。

主に出会い、主に従って歩む人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

イザヤ57:1-10「平和」

◎2009年4月5日(日)
●イザヤ57:1-10「平和」  
●御言葉
神に従ったあの人は失われたが、だれひとり心にかけなかった。神の慈しみに生きる人々が取り去られても気づく者はいない。神に従ったあの人は、さいなまれて取り去られた。しかし、平和が訪れる。真実に歩む人は横たわって憩う。(57:1)

●黙想
ノアの箱船の物語を思い起こします。ノアは、神に従って箱船を造り、神の慈しみの場所である箱船に入るように呼びかけましたが、誰も心にかけませんでした。ノアとその家族は箱船に入り、平和が訪れます。キリストは、滅びの中に生きる人々を救うために来ました。キリストに従って、救いの箱船に入る人は、平和を享受することができるのです。今日は日曜日です。主の招きに従って憩う日です。共に主を礼拝しましょう。今日も祝福を祈ります。byバルナバ

イザヤ56:1-12「恵みの業」  

◎2009年4月4日(土)
●イザヤ56:1-12「恵みの業」  
●御言葉
主はこう言われる。正義を守り、恵みの業を行え。わたしの救いが実現し、わたしの恵みの業が現れるのは間近い。(56:1)

●黙想
人は希望を失うと生きる意欲も喪失し、自暴自棄になり、生活も乱れていきます。

イスラエルの民は異国の地で希望を喪失し、乱れた生活を送っていたのです。

主は預言者を通して彼らに希望を与えました。

御言葉は希望の光です。

イスラエルの民は、主の言葉に従って、生活を立て直し、

主を待ち望んで生きるようになります。

救いの日は近い。

主の言葉は希望の光であり、

人生を立て直す力、

家庭を回復させる力です。

あなたの人生に主の救いが実現し、

恵みの御業が現れますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

イザヤ54:9-17「変わらぬ愛」  

◎2009年4月2日(木)
●イザヤ54:9-17「変わらぬ愛」  
●御言葉
山が移り、丘が揺らぐこともあろう。しかし、わたしの慈しみはあなたから移らず、わたしの結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと、あなたを憐れむ主は言われる。(54:10)

●黙想

♪強く雄々しくあれ♪

ずっと愛されてた 

ずっと守られてた 

倒れそうな時は 

支えてくれた 

目を上げて 

主の御声に従おう 

全て委ねて 

強くあれ 

雄々しくあれ 

主があなたの前を進まれる 

強くあれ 

雄々しくあれ 

主がいつもあなたと共におられるから


人間の愛は変わります。

しかし、神様の愛は決して変わることはありません。

神様はあなたを愛しています。

神様と平和条約を結び、

守られて生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

イザヤ54:1-8「不変の愛」

◎2009年4月1日(水)
●イザヤ54:1-8「不変の愛」  
●御言葉
わずかの間、わたしはあなたを捨てたが、深い憐れみをもってわたしはあなたを引き寄せる。ひととき、激しく怒って顔をあなたから隠したが、とこしえの慈しみをもってあなたを憐れむとあなたを贖う主は言われる。(54:7-8)

●黙想
神は、神に頼らず、偶像に頼るイスラエルの民を捨て、しばらく御顔を隠されたのです。

この僅かな時間がイスラエルの民には必要でした。

神様は御顔を隠されることがあります。

しかし、神様の愛は不変です。

神様は永遠の愛でイスラエルを愛し、彼らを引き寄せ、回復させられたのです。

同じように、神様はあなたを愛しています。

神の愛は不変です。

この愛がキリストの十字架で明らかになったのです。

神の愛に引き寄せられ、神に愛されていることを知って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -