二コリント13:1-13「神に力によって生きる」  

◎2008年12月31日(水)
●二コリント13:1-13「神に力によって生きる」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリント教会を三度目に訪問する時は、罪を犯している人たちを容赦しないと警告します。彼は聖徒たちに各自の信仰の中にいるかを自ら吟味することを勧めます。パウロは最後に、聖徒たちを励まし、祝祷によって結びます。

●御言葉
キリストは、弱さのゆえに十字架につけられましたが、神の力によって生きておられるのです。わたしたちもキリストに結ばれた者として弱い者ですが、しかし、あなたがたに対しては、神の力によってキリストと共に生きています。(13:4)

今日で2008年も終わります。

一年間。共に御言葉を分かち合うことができて感謝でした。

新しい年も、神に力によって共に生きていきましょう。

良いお年をお迎えください。byバルナバ
スポンサーサイト

二コリント12:11-21「愛の財布」  

◎2008年12月30日(火)
●二コリント12:11-21「愛の財布」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは自分が真の使徒であることを証明します。パウロはコリントの聖徒たちに財政的負担をかけず、自分のすべてを費やして働きました。パウロはコリント教会を訪問したとき、互いに失望するのではないかと恐れます。

●御言葉
わたしはあなたがたの魂のために大いに喜んで自分の持ち物を使い、自分自身を使い果たしもしよう。(12:15a)

パウロはコリント教会の聖徒たちを愛し、彼らのためには犠牲をいといませんでした。

愛は惜しみなく与えることです。

ドイツの詩人・ウィルヘム・ミュラーは「愛は幸運の財布である。与えれば与えるほど中身が増す」と言いました。

愛は使えば使うほど増し加えられるものです。

愛の財布の紐をゆるめ、惜しみなく与え、豊かに満たされますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント12:1-10「弱さの中に働く力」  

◎2008年12月29日(月)
●二コリント12:1-10「弱さの中に働く力」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは自分が経験した幻と啓示を誇ります。またその経験によって、高慢にならないよう、神が肉体にとげを与えられたと明かします。パウロは、神の恵みが弱さのうちに完全になることを知っているため、自分の弱さを誇ります。

●御言葉
すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。(12:9a)

神の力は弱さの中でこそ十分に発揮されます。

介護をするとき、体に力を入れている人を動かすことは困難です。

自分の力で頑張ろうとする人には、主の力は発揮できません。

主に委ねてこそ、主の力は十分に発揮されるのです。

人生のマイナスもすべて主に委ねてください。

そうすれば主の力があなたのマイナスと思える世界をプラスに変え、万事が益に変えられるのです。

主の恵みはすでにあなたにも十分注がれています。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二コリント11:22-33「我弱くとも」

◎2008年12月28日(日)
●二コリント11:22-33「我弱くとも」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは、自分のユダヤ人の血統と福音のゆえに会った数多くの試練を誇ります。彼の心はいつも、教会と弱く苦しむ魂にあります。パウロはダマスコの城壁から籠でつりおろされ、逃れたことをあげて自分の弱さを誇ります。

●御言葉
死ぬような目に遭ったことも度々でした。(11:23b)

パウロは自分の弱さを語り、これまで経験した数々の苦難を列挙します。

パウロは何度倒れても起きあがります。

彼の強さの秘訣は、彼の内側におられるキリストの強さにありました。

キリストの強さは弱さを認める人の中で力を発揮します。

♪主我を愛す 主は強ければ 我弱くとも恐れはあらじ

我が主イエス 我が主イエス 我が主イエス 我を愛す♪

今日は日曜日です。

今年最後の礼拝です。

共に主を見上げて礼拝を捧げましょう。byバルナバ

二コリント11:12-21「真理の衣」  

◎2008年12月27日(土)
●二コリント11:12-21「真理の衣」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは、自分を誇ることが愚かであることを知りながら、にせ使徒や人を欺く働き人、キリ文字色ストの使徒を装う人々を容易に受け入れるコリントの聖徒たちの愚かさを悟らせるために、あえて自分を誇ります。

●御言葉
だが、驚くには当たりません。サタンでさえ光の天使を装うのです。(11:14)

マスコミに騒がれ、注意を促されても「オレオレ詐欺」の被害は後を絶ちません。

迫真の演技に騙される人が多いのです。

偽りはサタンの衣。

真理は神の衣です。

コリントの信徒たちは、偽使徒を見抜けませんでした。

偽装を見破る秘訣は、いつも本物(真理)を見続けることです。

パウロは神の衣(キリスト)を身にまとっていました。

彼は自分の弱さを誇り、キリストを誇ったのです。

偽りの衣はやがて朽ち、すべてが明らかになります。

弱さ(罪)を覆ってくださる真理の衣(愛)をまとって生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント11:1-11「心を守れ」

◎2008年12月26日(金)
●二コリント11:1-11「心を守れ」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの信徒たちに、誘惑に陥らないようにと言い、彼らをきよい花嫁として、花婿であるキリストに導こうとする情熱を語ります。彼は自分が神が立てられた不足のない使徒であることを証明し、誤解に対して弁証します。

●御言葉
ただ、エバが蛇の悪だくみで欺かれたように、あなたがたの思いが汚されて、キリストに対する真心と純潔とからそれてしまうのではないかと心配しています。(11:3)

「この木から取って食べるな」。

エバは神の命令を守っていました。

しかし蛇は、「本当に神はそう言われたのか」と言って、心に疑いを起こさせ、エバを誘惑します。

エバは蛇の誘惑に負け、神の戒めを破ります。

その結果、神との関係を喪失してしまったのです。

罪とは神様と関係の断絶です。

悪魔はあなたの純粋な心を汚し、神様との関係を断絶させようと働きます。

神の言葉を守ることにより、あなたの心は守られるのです。

日々、御言葉によって心を守って生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ルカ2:3-20「メリークリスマス」  

◎2008年12月25日(木)
●ルカ2:3-20「メリークリスマス」  
●要約 (リビングライフより)
ヨセフとマリヤは住民登録のためにベツレヘムに行きます。そこで男の子を産み、飼い葉桶に寝かせます。そのとき、主の使いが羊飼いに現れ、救い主の誕生の知らせを告げ、羊飼いたちは飼い葉桶に寝ているみどりごを拝します。

●御言葉
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。(2:11)

救い主は「あなたがたのため」に生まれました。

「あなたがた」の中に、「あなた」も含まれます。

この知らせを聞いて、羊飼いたちは、急いで行って、救い主を探し当てました。

今日はクリスマスです。

あなたは救い主を探し当てましたか。

羊飼いたちは、探し当てた救い主を、人々に知らせました。

「あなたがた」の中に、あなたの家族や友人、知人も含まれます。

あなたの救いが、あなたがたの救いへと広がりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

ルカ1:39-56「幸いな人」  

◎2008年12月24日(水)
●ルカ1:39-56「幸いな人」  
●要約 (リビングライフより)
マリヤは親戚のエリサベツを訪ねます。エリサベツはマリヤがメシアの母となることを知ると祝福し、「私の主の母」と告白します。これについてマリヤは卑しい人を高められ、飢えた者を良いもので満たしてくださる神を讃美します。

●御言葉
主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いなことでしょう。(1:43)

マリアにとって主の言葉が実現することは、必ずしも幸いであるとは思えなかったことでしょう。

未婚の女性が身ごもるのです。

愛する婚約者を失い、律法違反となり、命をも失う危険性があったからです。

しかし、彼女は主の言葉は、必ず実現すると信じたのです。

ここに幸いな人生の秘訣があります。

たとえ自分に都合の良くない御言葉であったとしても、主の言葉は必ず実現すると信じるならば、神様はすべてを益に変え、幸いな人生を備えてくださるのです。

今日はクリスマスイブです。

主の御降誕を喜び、再び来られる主の約束を信じ、待ち望みましょう。

主の祝福がありますように。byバルナバ

ヨハネ1:1-18「人生のクリスマス」

◎2008年12月23日(火)
●ヨハネ1:1-18「人生のクリスマス」  
●要約 (リビングライフより)
初めにことばがあり、そのことばは神です。その方の中にあるいのちは人々の光でですが、人々はそれを悟ることができません。しかし、その方を受け入れる人々には、神の子とされる特権が与えられます。

●御言葉
言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。(1:10-12)

言は創造主なる神であり、この世のものは言によって造られました。

この言が肉となって世に生まれた。

これが歴史の中に起こったクリスマスの出来事です。

この肉となり誕生した言であるイエス・キリストを信じ、受け入れる人々には、神の子となる資格が与えられます。

これが人生に起こるクリスマスです。

歴史の中に起こったクリスマスは神の恵みです。

人生のクリスマスは恵みを受け取り、信じる人々に訪れるのです。

クリスチャンとは、人生のクリスマスを迎えた人です。

神の恵みを信仰によって受け入れる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

2008年 キッズクリスマス


イザヤ9:1-7「光の到来」

◎2008年12月22日(月)
●イザヤ9:1-7「光の到来」  
●要約 (リビングライフより)
やみの中にいる民と死の地に住む者たちに、光が照らされます。不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君と呼ばれる一人のみどりごが誕生するからです。その方はダビデの王座から公平と正義によって、永遠に治めます。

●御言葉
闇の中を歩む民は、大いなる光を見、死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。」(9:1)

朝、犬と散歩に出かけるとき、まだ外は暗闇です。

しかし、次第に明るさがまし、やがて太陽が昇り始めます。

太陽が昇ると、暗闇は消え去ります。

光は闇に負けることがありません。

クリスマスは光の到来です。

イエス様は「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(ヨハネ8:12)と言われました。

あなたの人生。

どんな暗闇が襲おうとも、必ず夜明けは来ます。

主に従って歩む者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

イザヤ7:1-17「インマヌエル」

◎2008年12月21日(日)
●イザヤ7:1-17「インマヌエル」  
●要約 (リビングライフより)
南ユダの王、アハズの時代、アラムと北イスラエルが同盟を結び、エルサレムを脅かします。神はイザヤを通して、「そのことは起こらないし、あり得ない」と言われ、それを信じないなら、堅く立つことはできないと語られます。

●御言葉
「それゆえ、わたしの主が御自らあなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。」(7:14)

今日は多くの教会で救い主の誕生を祝うクリスマス礼拝が行われています。

救い主の誕生は、旧約聖書の預言の成就です。

神様の約束は必ず実現します。

「インマヌエル」とは、神が私たちと共におられる、という意味です。

あなたの心に救い主を迎え入れた時、このインマヌエル預言はあなたの人生にも成就するのです。

今日は日曜日です。

いつも共におられる神様を喜び、祝い、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント10:12-18「主を誇れ」  

◎2008年12月20日(土)
●二コリント10:12-18「主を誇れ」  
●要約 (リビングライフより)
自分を基準にして自らを称賛する人は、知恵がありません。パウロは神が定められた限度に従って誇り、コリントの聖徒たちの間に福音の影響力が大きく拡大することを願います。正しいと認められる人は、主が称賛する人です。

●御言葉
「誇る者は主を誇れ。」自己推薦する者ではなく、主から推薦される人こそ、適格者として受け入れられるのです。(10:17-18)

かつてパウロは、自己推薦する者であり、自らの生い立ちや生き方、振る舞いを誇りとしていました。

しかし、キリストに出会って価値観が180度変わり、自分の内側におられる主を誇る者となりました。

キリストはあなたを救うために十字架に死なれました。

あなたは神様が独り子を犠牲にしてまでも救いたいと思う価値ある存在です。

人と比較するのではなく、神に愛され、神に選ばれている自分の存在を喜べる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント10:1-11「御言葉の力」  

◎2008年12月19日(金)
●二コリント10:1-11「御言葉の力」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの聖徒たちに、キリストに完全に従うことを願い、時に大胆に、時に柔和と寛容をもって勧めます。そして、手紙には力があるが、会ってみると弱々しく、言葉もつたないと批判する人々の態度を叱責します。

●御言葉
わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。(10:4)

パウロは外見は弱々しく見えましたが、内側には力がみなぎっていました。

その力とは神に由来する御言葉の力であり、それは要塞をも破壊するほど強力な力でした。

イエス様は荒れ野でサタンの誘惑を受けた時、御言葉によってサタンの誘惑を退けました。

あなたの中に御言葉は準備できていますか。

日々、心に御言葉を蓄え、黙想し、口ずさんで生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント9:10-15「霊的景気回復」  

◎2008年12月18日(木)
●二コリント9:10-15「霊的景気回復」  
●要約 (リビングライフより)
惜しみない心でささげる献金は、聖徒たちの不足を満たし、神への感謝で満たします。献金を受け取った人々は、恵みを施した人々のために祈り、喜んで施してくださった神のあふれる恵みによって、施した人々を慕うようになります。

●御言葉
あなたがたはすべてのことに富む者とされて惜しまず施すようになり、その施しは、わたしたちを通じて神に対する感謝の念を引き出します。(9:11)

世の中は不景気です。

景気が冷え込むと消費が減り、消費が減るとさらに景気が悪くなるという負のスパイラル現象に陥ります。

景気を良くするためには消費が増やす必要があります。

同様に霊的景気をよくするためには感謝の念を引き出す必要があります。

惜しまず施すことで施された人に感謝の念が生じます。

施しを受けた人たちが捧げる神様への感謝は、惜しまず施した人への祝福となり、さらに惜しまず施せるようになるのです。

これが祝福のスパイラル現象です。

惜しみなく施すことによって、霊的景気を良くする者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント9:1-9「献げ物」  

◎2008年12月17日(水)
●二コリント9:1-9「献げ物」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはマケドニヤの人々に、一年前からコリントの聖徒たちが救済の献金を準備してきたことを誇り、兄弟たちを送ります。パウロはそれぞれの心に決めたとおりに、惜しみなく、喜んで献金するようにと教えます。

●御言葉
各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。(9:7)

パウロは献金を種まきに例えます。

惜しんでわずかしか種を蒔かない人は、刈り入れも僅かです。

しかし、惜しまずに豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かです。

献金は自発的になされるものです。

神様は喜んで捧げる人を愛し、天の窓を開いて、30倍、60倍、100倍の祝福を注いでくださるのです。

不作(不況)の時だからこそ、種蒔きが必要です。

クリスマス。

与えることによって豊かになりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント8:1-15「公明正大」  

◎2008年12月16日(火)
●二コリント8:1-15「公明正大」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはテトスと他の二人を定め、コリント教会に派遣し、献金を集めるようにします。彼らはこのことに対する切なる思いを持っており、すべての教会から称賛を受け、幾度にもわたって信仰を立証した諸教会の使者だと紹介します。

●御言葉
わたしたちは、主の前だけではなく、人の前でも公明正大にふるまうように心がけています。(8:21)

神様はすべてをご存じです。

神様の目にごまかしや嘘は通用しません。

隠し立てができないのです。

ですから、神の前では誠実に生きるしかないのです。

パウロは、神の前に誠実であるように、人の前でも公明正大にふるまうように心がけたのです。

主の前でも、人の前でも、良心に恥じることのなく生きることのできる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント8:1-15「互助の精神」

◎2008年12月15日(月)
●二コリント8:1-15「互助の精神」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは極度の艱難と苦難の中でも、豊かにささげたマケドニヤの教会をたたえます。そして、わたしたちを富んだ者とするために貧しくなられたイエスの恵みを覚え、エルサレムの教会のための献金に積極的に加わることを訴えます。

●御言葉
あなたがたの現在のゆとりが彼らの欠乏を補えば、いつか彼らのゆとりもあなたがたの欠乏を補うことになり、こうして釣り合いがとれるのです。(8:14)

互助の精神は、聖書から来ています。パウロは互いに助け合うために、富める者が貧しい者の欠乏を補うように勧めます。そうすれば、いつか貧しくなったときに、助けてもらえるというのです。聖書には「互いに~しなさい」という教えが何度も出てきます。神様の御心は人と人とが互いに愛し合い、助け合って生きることです。あなたにとって、欠乏を補う相手は誰ですか。欠乏を補ってくれる方は誰ですか。互いに愛し合う人は幸いです。今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二コリント7:8-16「二種類の悲しみ」  

◎2008年12月14日(日)
●二コリント7:8-16「二種類の悲しみ」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは手紙によって、コリントの聖徒をしばし悲しませましたが、彼らの悲しみが悔い改めを生んだことを喜んでいると言います。パウロはコリントの聖徒たちを通して慰めを受け、テトスが伝えた知らせによってさらに喜びます。

●御言葉
神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。(7:10)

悲しみには二種類あります。

命に向かう悲しみと、死に向かう悲しみです。

ペトロとユダは、二人ともキリストを裏切り、悲しみを経験します。

ペトロは悔い改めの涙を流し、主に立ち帰ります。

一方、ユダは後悔の涙を流し、自ら命を落とします。

悔い改めの涙を流す人は幸いです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝していきましょう。byバルナバ

二コリント7:2-7「神のアシスト」

◎2008年12月13日(土)
●二コリント7:2-7「神のアシスト」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの聖徒たちに、「私たちに心を開いてください」と言い、自分たちは誰に対しても害を及ぼしたことはないと語ります。パウロはマケドニヤで、内にも外にも苦難がありましたが、テトスに会い、大いに慰めを受けます。

●御言葉
しかし、気落ちした者を力づけてくださる神は、テトスの到着によってわたしたちを慰めてくださいました。(7:6)

パウロはマケドニアでさまざまな苦しみに遭遇し、心は恐れ、平安を失います。

そのとき、信仰の友テトスが到着して、慰められたのです。

このテトスとの再会をアシストし、パウロを慰めようとしたのは神様です。

神様は気落ちした者を力づけるために、誰かをあなたに遣わしたり、あなたを誰かのところに遣わしたりされるのです。

あなたを慰めてくれる人はいますか。

あなたの慰めを必要としている人はいますか。

アシストしてくださる神様に気づく人、動かされる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

二コリント6:11-7:1「主に触れる」

◎2008年12月12日(金)
●二コリント6:11-7:1「主に触れる」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの聖徒たちに、心を広くするようにと勧め、不信者と同じくびきをつけず、偶像に仕えないようにと言います。私たちは神の宮であり、神が私たちの父であるため、あらゆる汚れから自分をきよめなければなりません。

●御言葉
汚れたものに触れるのをやめよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる。(6:17b-18a)

偶像は汚れたものです。

神様は偶像を造り、拝むことを禁じました。

偶像には命ありません。

偶像に触れ、偶像を拝む者は偶像と同じようになり、やがて命を失います。

人は礼拝するものに似ていきます。

聖なるキリストに触れ、キリストを礼拝するならば、キリストに似たものとなり、神は子として受け入れてくださり、永遠の命を与えてくださるのです。

朝ごとに、御言葉に触れ、神を礼拝して生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント6:1-10「神の恵み」

◎2008年12月11日(木)
●二コリント6:1-10「神の恵み」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは神の恵みを無駄にするなと訴えます。彼は福音を伝える中で会った多くの苦難を、忍耐と愛によって克服したと告白します。福音を伝える努めを引き受けた人は、何もない者のようであっても、すべてのものを持つ人です。

●御言葉
神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。(6:1b)


クリスマスが近づいています。

クリスマスは神様が最高の恵みを与えてくださった日です。

神の恵みとは救い主イエス・キリストです。

キリストは人類の罪の身代わりとなって十字架にかかり、三日目に甦りました。

このお方を信じる者は、裁かれることなく、罪赦され、神の子としての永遠の命が与えられ、天国が保証されます。

あなたがイエス・キリストを救い主として信じているなら、すでにこの恵みはあなたのものです。

恵みを無駄にしない人生を歩みましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント5:11-21「新しく造られた人」

◎2008年12月10日(水)
●二コリント5:11-21「新しく造られた人」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはキリストの強い愛によって、福音を伝えます。誰でも、キリストの中にあるなら、新しく造られた者です。神はキリストを通して、私たちを神と和解させ、私たちに和解の努めをくださり、和解のみことばをゆだねられました。

●御言葉
だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。(5:17)

田原米子さんは、母の死にショックを受け、駅のホームから飛び込み自殺をはかります。

一命は取りとめたが、両足と左手を失い、右手も三本の指しか残りませんでした。

彼女は再度自殺を図ろうとしますが、今日の御言葉に出会って、キリストを信じ、人生が180度変わりました。

失ったものにではなく、残っているものに目を向け、多くの人に「生きるってすばらしい」というメッセージを語る人になったのです。

イエス・キリストを信じるなら、あなたも新しく生まれた人です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント5:1-10「信仰によって歩む」  

◎2008年12月9日(火)
●二コリント5:1-10「信仰によって歩む」  
●要約 (リビングライフより)
この地上での幕屋が壊れても、天にある永遠の家が備えられています。パウロは肉体を離れ、天から来る住まいを着せられることを願い求めます。聖徒は生きるにも、死ぬにも、神を喜ばせる存在とならなければなりません。

●御言葉
目に見えるものによらず、信仰によって歩んでいるからです。(5:7)

信仰によって歩むとは、目に見える過去と現在に目を注いで生きるのではなく、見えない未来を見つめて生きることです。

後ろを向いても未来は見えません。

主は将来と希望を与えてくださるお方です。

未来は信仰によってこそ見ることができます。

明日を備えたもう主を信じ、信仰によって歩む人は幸いです。

今日も神様の恵みと祝福がありますように。byバルナバ

二コリント4:13-18「見えないもの」

◎2008年12月8日(月)
●二コリント4:13-18「見えないもの」  
●要約 (リビングライフより)
恵みは多くの人の感謝によって、栄光として現されます。私たちが勇気を失わない理由は、祖となる人は衰えても、内なる人は日々新しくされるからです。見えるものは一時的ですが、見えないものは永遠に続くからです。

●御言葉
わたしたちは見えるものでなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(4:18)

大切なものは目には見えません。

人を造り、命の源である神様は見えません。

人の命や愛も見えませんし、生きるために欠かせない空気も見えません。

人は見えないものによって生かされているのです。

パウロは「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る」と言いました。

この三つもまた目には見えないのです。

見えるものにではなく、見えないものに目を注いで生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント4:1-12「七転び八起き」  

◎2008年12月7日(日)
●二コリント4:1-12「七転び八起き」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはただイエス・キリストが主であることを伝えます。主は、土の器に入れられているゆえに、偉大な力はわたしにはなく、神にあります。イエスのいのちを持つ人々は、イエスのゆえに死に渡されても、勇気を失いません。

●御言葉
わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない。(4:8-9)

土の器の中に宝を納めている人の人生は七転び八起きです。

ノックダウンすることはあっても、ノックアウトされることはありません。

パウロは、何度もダウンさせられましたが、主の力によって立ち上がり続けたのです。

彼の内側におられるキリストが彼を支えたのです。

今日は日曜日です。

主の力を受けて、回復する日です。

共に主を礼拝していきましょう。byバルナバ

二コリント3:12-18「愛の人格」

◎2008年12月6日(土)
●二コリント3:12-18「愛の人格」  
●要約 (リビングライフより)
私たちは自分の顔の輝きを見えないようにおおうことはしません。そのおおいは、キリストによって取り除かれるからです。今、私たちは鏡を見るように、主の栄光を見ながら、その方と同じかたちに変えられていきます。

●御言葉
わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造り変えられていきます。これは主の霊の働きによることです。(3:18)

月が太陽の光を浴びて輝くように、クリスチャンは、神様の愛を受けて輝きます。

主に向くとき、覆いは取り除かれ、愛の光を身に浴びることができます。

良い人格は良い人格と向き合うことを通して身についていきます。

日々、御言葉と向き合い、イエス様の人格に触れ、栄光から栄光とへ主と同じ姿に、人格が変えられていきますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント3:1-11「神の手紙」

◎2008年12月5日(金)
●二コリント3:1-11「神の手紙」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの聖徒たちを、自分の推薦状であると言います。すなわち、生きておられる神の御霊によって、福音を心に刻んだキリストの証しだということです。新しい契約に仕える者は、御霊に仕え、栄光を現わす者です。

●御言葉
あなたがたは、キリストがわたしたちを用いてお書きになった手紙として公にされています。墨ではなく生ける神の霊によって、石の板ではなく人の心の板に、書きつけられた手紙です。(3:3)

イエス・キリストは生きた神の手紙です。

神様はイエス・キリストを通して御心を伝えました。

聖書は神の手紙です。

神様は聖書を通して御心を伝えました。

イエス・キリストを信じる人は、神の生きた手紙です。

神様はクリスチャンを通して御心を伝えたいと願うのです。

神様の御心は愛です。

あなたを通して神様の愛が伝わる者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

二コリント2:12-17「キリストの香り」

◎2008年12月4日(木)
●二コリント2:12-17「キリストの香り」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはトロアスに到着しましたが、テトスに会えず、再びマケドニアに向かいます。福音を伝える人々は、キリストのかおりです。信じていない人々には死に至らせるかおりであり、信じる人々にはいのちに至らせるかおりです。

●御言葉
救いの道をたどる者にとっても、滅びの道をたどる者にとっても、わたしたちはキリストによって神に献げられる良い香りです。(2:15)

「神のことで頭がいっぱいな人がいます。この世のことで満ちている人とは異なり、彼と話せば、神を感じることができます。神に対する思いが彼を支配しているからです。神と親密な人は、神が好きで神のことを考え、神の夢を見、神と共に生きます。またどんなことに出会っても、神とつなげて考えます。神の霊で満たされた人として生きてください。そして神を現す人となってください。」(ハ・ヨンジョ牧師:リビングライフより)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント1:23-2:11「赦し

◎2008年12月3日(水)
●二コリント1:23-2:11「赦し」  
●要約 (リビングライフより)
パウロはコリントの聖徒たちを愛するあまり、彼らを悲しませることはしないと言います。また、罪を犯した人に対しては、すでに受けた罰で十分であって、サタンに欺かれないよう、赦し、愛によって受け入れなさいと勧めます。

●御言葉
その人には、多数の者から受けたあの罰で十分です。むしろ、あなたがたは、その人が悲しみに打ちのめされてしまわないように、赦して、力づけるべきです。(1:2:6-7)

罪の故に罰せられ、悲しみの中にある人を、赦し、力づけるようにと、パウロは勧めます。

これは神様の御心であり、神様は罪を犯した者が滅びることをよしとせず、悔い改めて、人生をやり直す道を備えてくださいました。

ここに十字架と復活の福音があります。

神様はあなたを赦し、励まし、力づけ、再出発をさせてくださるお方です。

主に立ち帰る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

二コリント1:12-22「約束の言葉」  

◎2008年12月2日(火)
●二コリント1:12-22「約束の言葉」  
●要約 (リビングライフより)
パウロは人間的な知恵ではなく、聖さと真実さをもってコリントの聖徒たちに接し、コリント教会への訪問の変更は、真実なる神の御心のによるものだと明らかにします。神の約束は、イエス・キリストの中でいつも「しかり」です。

●御言葉
神はまた、わたしたちに証印を押して、保証としてわたしたちの心に霊を与えてくださいました。(1:22)

聖霊は神の約束が真実であることを保証します。

その約束証書には神様が証印を押してくださっているのです。

聖書は神の約束に満ちています。

私には「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない」(創世記28:15)という御言葉が与えられました。

あなたにも約束は与えられます。

聖書から神の約束の言葉を発見し、宣言して生きる人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -