QT 雅歌8:8-14

◎3月31日(土)
●QT 雅歌8:8-14
●主題:マラナタ
●今日の御言葉
恋しい人よ、急いでください。かもしかや子鹿のように、香りの草の山々へ。(14節)

花嫁は花婿が迎えにくるのを待ちわびています。

教会(クリスチャン)はキリストの花嫁であり、

キリストが再び来られる日を待ちわびています。

歴史にもわたしたちの人生にも必ず終末が来ます。

クリスチャンにとって終末は死に向かう葬式でなく、

新しい人生に向かう結婚式のようなものなのです。

ここにクリスチャンの死生観があります。

マラナタ。主よ来てください。

主の恵みがありますように。byバルナバ

next:ルカ19:28-44
スポンサーサイト

QT 雅歌8:1-7

◎3月30日(金)
●QT 雅歌8:1-7
●主題:永遠の愛
●今日の御言葉
大水も愛を消すことはできない。洪水もそれを押し流すことはできない。(7節)

神の愛は永遠であり、不動です。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました」(ヨハネ一3:16)。

「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたち愛して、わたしたちの罪の償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。(同4:10-11)。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:雅歌8:8-14

QT 雅歌7:1-13

◎3月29日(木)
●QT 雅歌7:1-13
●主題:主を愛する
●今日の御言葉
わたしは恋しい人のもの。あの人はわたしを求めている。(11節)

あなたはだれのものですか。

クリスチャンとは「キリストのもの(奴隷)」という意味です。

あなたがイエスをキリスト(救い主)と信じているならば、

あなたはすでにキリストのものなのです。

イエス様に告白しましょう。

「わたしはあなたのものです。あなたを愛します。

あなたはわたしを求めてくださいました。

わたしもあなたを求め、あなたにわたしの愛を捧げます」と。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌8:1-7

QT 雅歌6:1-13

◎3月28日(水)
●QT 雅歌6:1-13
●主題:かけがえのない存在
●今日の御言葉
わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘。生みの親のかけがえのない娘。(9節)

神の愛はオンリーワンの愛です。

あなたを花嫁として迎え、

世界にあなたしか存在しないかのように愛して抜いてくださる方です。

ありのままを愛し、

ありのままを赦し、

「わたしの目にはあなたは高価で尊い。あなたを愛している」

と語りかけてくださる神です。

あなたの存在を愛し、あなたの存在を喜んでくださるのです。

この神様の愛を発見した人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌7:1-14

QT 雅歌5:9-16

◎3月27日(火)
●QT 雅歌5:9-16
●主題:愛する人を知る
●今日の御言葉
これがわたしの恋する人、これがわたしの慕う人。(16節)

花嫁は花婿を求め、

愛する人の特徴を語りながら探し歩きます。

あなたはイエス・キリストを知っていますか。

イエス様との親しい時間を大切にされていますか。

「もし私たちが日々聖書に心を開き、黙想を大切にし、祈るということを怠っていれば、私たち自身の霊的アイデンティティーをすぐに見失ってしまうだろう。信仰と確信、霊的な識別力も徐々に弱まっていくに違いない。日ごとに、キリストにとどまっていないならば、私たちは、この世の世俗主義と物質主義に汚染されていることにだんだん気づかなくなっていくであろう。」(j.M.ドレッシャー)。

イエス様のことをもっと深く知ることができますように。

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:雅歌6:1-13

御言葉の力

高知にいる姪が発行しているメールマガジンが届いた。

毎朝、配信している御言葉メールが、用いられている様子が書かれていてとても嬉しかった。

御言葉を種蒔けば、必ずどこかで実を結ぶと信じて、毎朝、送っていたが、このような形で実を結んでいることを知って、御言葉の力を改めて感じた。
継続は力なり。
これからも御言葉を種まき続けよう。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
    
      ひまわりのほのぼの子育て   
      
2007.3.26

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇             
                     
7月に5人目の次男が生まれ、7人家族のスタートです。

失敗もたくさんしながら母親として、子ども達といっしょに成長して
いけたらと思っています。

そんな子育てを通して、日々神様から気づかされる恵みを
聖書のみ言葉とともにお届けします。 
  
☆☆☆----------------------------------------------------☆☆☆          

      長女  真理菜 (8才)
      次女  あかり (6才)
      三女  結 愛 (4才)
  長男  聖 司 (2才)      
        次男  光 希 (8ヶ月) 
☆☆☆----------------------------------------------------☆☆☆          

もう3月ですね。今年は次女のあかりが小学校入学です。
もうすぐ一年生に期待感いっぱいで毎日を過ごしています。
学校の準備ももう整い、後は3日後に控えた卒園式で今取り組んでいる
劇とリズムの練習に励んでます。
あかり得意のリズムで逆立ちや側転もあって本番を待ちどうしくって
たまらない様子です。
成長したなぁとうれしい反面、しっかりし過ぎてちょっとさみしい親心です。

聖司もここのところめきめき成長。第一はやっぱり脱・おむつです。
言葉がようやくでてきたと思ったら同時にトイレに行けるように。
昼も夜もパンツで過ごせるようになって、おむつ代も助かってます。
言葉がロボット口調なのが、なんとも言えずかわいいです。

光希、後追いまっさかりの時期。私の姿をみつけては高速ずり這いで
号泣しながらやってきます。
この子が一番太い声をしてるので迫力もすごい・・・です。




      *** み言葉に支えられて ***

『あなたはどこにイエス様を捜していますか?墓の中でもある特定の場所でも
 なく、あなたの日常生活の場におられ、出会ってくださる。
 これが、クリスチャンの信仰です。』

神様の愛に触れられたい、心を満たされたい・・・一週間の生活を終え日曜日に
子ども達と教会から帰ってきてもこの思いで胸がいっぱいになるのに耐えられなく
なったある日の朝、上記の言葉がみ言葉とともにメールで届いた。

まるで私の心を神様が聞いていてくださったかのように。

どこを捜してたんだろう、共にいてくださるイエス様を見失って。
温かな安堵感につつまれながら、何度も繰り返し読んだ。
ここに神様がいてくださるんだ。


聖書のみ言葉は生きていく力となり、希望となる神様の約束の言葉。
このみ言葉を、子ども達も大きくなっても心に携えていてもらいたい。

楽しく子ども達がみんなで取り組める方法は・・・と考えた時ふっと、叔父さんの
教会でポイント形式で取り組んでいるというのを聞いたことを思い出した。

これなら家庭でも楽しく覚えられそう。

さっそくみ言葉を抜き出してカードに書き、差し替え式にして壁にぶら下げてみる。
何かおもしろそうなことが始まったと、興味津々でやってくる子ども達。
こういうサプライズ大好きな子ども達は、目がらんらん輝いている。

「このみ言葉をひとつ覚えれたら、ポイントカードにハンコをひとつおして
あげるね。」と、4人の子ども達に作ったポイントカードを渡した。

我先にと大きな声で読み返したり紙に書いたりして覚えている上の子2人。
訳分からないまま取りあえずつられて騒いでる下の子2人。
とっても賑やか。

みんなで一緒に読んでみることにする。
次は、一部の文字を隠してみる。だんだん隠す文字を多くしていって、最後は
裏返して何も見ないで暗証してみる。

上の子2人は完全に言えるようになったら1ポイント、下の子2人はいっしょに
ついて言えたら1ポイントにした。
ハンコ押してもらってうれしそう。

覚えたみ言葉を忘れないように一日に何度か「今日のみことば、言ってみて」と、
ふいをついて聞くというルールもみんなで作ってみた。

急に聞かれると、「あわわっ・・・えーと、主の・・・」とちょっとびっくり気味。

それでも、ポイントがたまるのを楽しみにしている子ども達です。


与えられた場所で自分にできることを神様に聞きながら歩んでいく、
できることは小さいことだけど、やがて大きく実を結ぶ日を楽しみに待ちながら。








☆ HPのdiaryにて日々の子ども達の様子をつづってます ☆
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/8306/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

     
      『植える者も水をそそぐ者も、ともに取るに足りない。
      大事なのは、成長させて下さる神のみである。』
            
              第一コリント3:7




QT 雅歌5:1-8

◎3月26日(月)
●QT 雅歌5:1-8
●主題:愛に酔え
●今日の御言葉
愛する者よ、愛に酔え。(1節)

愛に酔うために何をすべきでしょうか。

「酒に酔いしれてはなりません。

それは身を持ち崩すもとです。

むしろ、霊に満たされ、

詩編と賛歌と霊的な歌によって語り合い、

主に向かって心からほめ歌いなさい。

そして、いつもあらゆることについて、

わたしたちの主イエス・キリストの名により、

父である神に感謝しなさい」(エフェソ5:19-20)。

神は愛であり、神は霊です。

神の霊(聖霊)に満たされますように、

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:雅歌5:9-16

QT 雅歌4:1-16

◎3月25日(日)
●QT 雅歌4:1-16
●主題:傷はひとつもない
●今日の御言葉
恋人よ、あなたはなにもかも美しく傷はひとつもない。(7節)

聖書は神とイスラエルの関係を夫婦に、

キリストと私たちの関係を花婿と花嫁にたとえます。

花婿の言葉は、あなたを愛するキリストの言葉です。

わたしたちは傷があり、欠点があり、罪があります。

そのわたしたちの傷を愛によって癒し、赦し、受け入れてくださった。

ここにキリストの愛があります。

この花婿の言葉はあなたに対するキリストの言葉なのです。

「彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた」(イザヤ53:5)。

「愛は多くの罪を覆う」(一ペトロ4:8)。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌5:1-8

QT 雅歌3:1-11

◎3月24日(土)
●QT 雅歌3:1-11
●主題:神を慕い求める
●今日の御言葉
夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても求めても、見つかりません。(1節)

人はフッと心のむなしさ「空虚感」に襲われることがあります。

それは神を慕い求める魂の叫びであり、飢え渇きなのです。

聖アウグスチヌスは『告白録』の中で

「あなたは私たちを、ご自分に向けてお造りになりました。

ですから、私たちの心は、

あなたのうちに憩うまで安らぎを得ることができないのです」

と告白しました。

「恋い慕う人が見つかりました。つかまえました、もう離しません」(4節)。

神を慕い求め、安息を得る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌4:1-16

QT 雅歌2:8-17

◎3月23日(金)
●QT 雅歌2:8-17
●主題:愛する人の声
●今日の御言葉
恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。(8節)

愛はあらゆる障害を乗り越えさせる力があります。

あなたを愛するキリストは、

山や丘(あらゆる問題や障害)を乗り越えて、

あなたに近づき、あなたを立ち上がらせ、助けてくださる方です。

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。」(ローマ8章35節)。

愛する人の声(御言葉)を聞くことのできる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌3:1-11

QT 雅歌2:1-7

◎3月22日(木)
●QT 雅歌2:1-7
●主題:愛を呼びさます
●今日の御言葉
愛がそれを望むまでは愛を呼びさまさないと。(7節)

愛は片思いでは成立しません。

愛すること、愛されることによって呼びさまされるものです。

愛への応答を強制することはできません。

愛を呼びさますためには忍耐して愛し続けることが大切なのです。

イエス様は私たちの愛を呼びさますために十字架にかかられ、

愛が呼びさまされるのを待ち続けてくださったのです。

愛は忍耐して愛が呼びさまされるのを待つことなのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌2:8-17

QT 雅歌1:1-17

◎3月21日(水)
●QT 雅歌1:1-17
●主題:愛せずにはおられない
●今日の御言葉
ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。(4節)

今日から雅歌に入ります。

愛し合う二人の姿を描くことによって、

神様と人間との愛の関係をイメージさせてくれます。

「ぶどう酒」は、この世の楽しみ、

肉の喜びを象徴します。

愛は世の楽しみや喜びにもまさります。

神様は、あなたをひたすら慕われました。

果たして、あなたは慕うほどに愛しているでしょうか。

「愛さねばならない」ではなく「愛せずにはおられない」。

これが神の愛であり、

私たちもこの愛に生きる者でありたいと願います。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌2:1-7

QT マタイ28:11-20

◎3月20日(火)
●QT マタイ28:11-20
●主題:いつも共にいる
●今日の御言葉
わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。(20節)

これは主イエスを信じる者すべてに約束されている言葉です。

主は今、どこにいますか。

あなたの中におられるのです。

だから、世の終わりまで離れることなく、

いつも共にいることができるのです。

あなたの外にいる人は、

どんなにあなたを愛しても、

「いつも共にいる」ことには限界があり、

離れることもあります。

あなたがあなたの中に存在しているように、

イエス様を信じた時から、

あなたの中に存在してくださるのです。

自分を見失うことがあるように、

イエス様を見失うこともあります。

しかし、たとえ見失っても

自分の中から自分が消えることがないように、

イエス様もあなたから決して離れることはないのです。

これが信じる者に与えられる

「インマヌエル(神が共にいる)の恵み」なのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:雅歌1:1-17

QT マタイ27:62-28:10

◎3月19日(月)
●QT マタイ27:62-28:10
●主題:イエスは今どこに
●今日の御言葉
あの方は、ここにはおられない。(6節)

婦人たちは墓の前で天使に出会い、

イエス様は復活し、ガリラヤにおられると告げられます。

その後イエス様に出会い、

「わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに出会うことになる」と言われました。

ガリラヤとは、弟子たちの生活の場です。

そこに主はおられ、そこで主は出会ってくださるのです。

あなたはどこにイエス様を捜していますか。

墓の中でも、ある特定の場所でもなく、

あなたの日常生活の場におられ、

出会ってくださる。これがクリスチャンの信仰です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:マタイ28:11-20

QT マタイ27:45-61

◎3月18日(日)
●QT マタイ27:45-61
●主題:神の子だった
●今日の御言葉
本当にこの人は神の子だった。(54節)

イエス様が十字架の上で息を引き取る様子を見ていた百人隊長は

「本当にこの人は神の子だった」と告白しました。

私たちはイエス・キリストを信じて神の子とされました。

「私は神の子です」と言い回るのではなく、

私たちの生き方、死に方を通して、

「本当にこの人は神の子だった」と言われる者でありたいものです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。byバルナバ

next:マタイ27:62-28:10

QT マタイ27:27-44

◎3月17日(土)
●QT マタイ27:27-44
●主題:愛は我慢
●今日の御言葉
今すぐ十字架から降りるがいい。そうすれば、信じてやろう。(42節)

イエス様は傷つけられ、侮辱され、

ののしられ十字架につけられていきます。

イエス様にとって十字架から降りることは簡単なことでした。

しかし、救いを完成させるために、

最後まで耐え忍ばれたのです。

神は忍耐の神です。

神の忍耐がなければ救いは実現しませんでした。

現代は我慢すること、

待つこと、忍耐することができない時代です。

それは愛が欠乏している証拠でもあります。

愛は我慢。

切れそうになる時、十字架を見上げましょう。

最後まで耐え忍ぶ人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:マタイ27:45-61

QT マタイ27:11-26

◎3月16日(金)
●QT マタイ27:11-26
●主題:誤った判断
●今日の御言葉
ピラトはバラバを釈放し、イエスを鞭打ってから、十字架につけるために引き渡した。(26節)

ローマ総督ピラトはイエスが無罪であり、

釈放したいと考えていました。

ピラトの妻も夢で示しを受けていました。

しかし、ピラトは民衆を恐れ、

民衆に決定権を委ね、自らの責任を放棄し、

誤った判決を下していくのです。

「真理に立つとき、どんな小さな人間であっても力を持つことができる。どんなに力が与えられていても、真理に立たなければピラトと同じである」(榎本師「新約聖書一日一章より」)。

人の思いに流されないように、

真理(御言葉)の上に立つ者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

next:マタイ27:11-28

QT マタイ26:69-27:10

◎3月15日(木)
●QT マタイ26:69-27:10
●主題:するとすぐ
●今日の御言葉
そのとき、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、「そんな人は知らない」と誓い始めた。するとすぐ、鶏が鳴いた。(74節)

ペトロは呪いの言葉を口にし、

イエスとの関係を完全(三度:完全数)に否定しました。

するとすぐに鶏の声が聞こえ、

ペトロはイエス様の言葉を思い出して激しく涙しました。

鶏の声がペトロを救ったのです。

神様は、人の言葉、現象、状況、

罪責感を通して語られることがあります。

ユダは罪責感を持ちました。

しかし、主の言葉を思い出さず、

自ら命を絶っていくのです。

絶えずイエスの言葉を思い起こし、

やり直し、選び直し生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:マタイ27:11-28

QT マタイ26:57-69

◎3月13日(火)
●QT マタイ26:57-69
●主題:イエスの裁判
●今日の御言葉
 「お前は神の子、メシアなのか」(63節)

イエスの裁判は「はじめに結論ありき」でした。

祭司長たちはイエスを死刑にするために、

律法を破ってまで偽証を求めていきました。

イエスを殺す目的のためには手段を選びませんでした。

彼らの心は頑なで結論が先にあるために、

イエスの言葉を聞いても、

受け入れることができなかったのです。

一に謙遜。二に謙遜。

神に対しても、人に対しても、

謙遜な心を持って、

正しい判断をすることができますように、

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:QTマタイ26:69-27:10

QT マタイ26:47-56

◎3月13日(火)
●QT マタイ26:47-56
●主題:剣をさやに納める
●今日の御言葉
 「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる」(52節)

イエスと一緒にいた者で、

イエスを守ろうと剣を抜いた人物はペトロでした(ヨハネ18章)。

もし、この時、イエス様がペトロを制止し、

傷つけた手下の耳を癒されなければ、

ペトロは剣によって滅びたことでしょう。

「怒ることがあっても、罪を犯してはなりません」(エフェソ4:26)。

怒ることは罪ではありません。

怒った後、剣をさやに納めないことが罪を引き起こすので。

「剣をさやに納めなさい」。

この御言葉を一日、黙想しましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ26:57-68

QT マタイ26:36-46

◎3月12日(月)
●QT マタイ26:36-46
●主題:御心のままに
●今日の御言葉
 「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」(39節)

「杯」とは、苦難であり、十字架への道です。

避けて通りたい道です。

イエス様もできるなら避けたい道でした。

しかし、この苦い杯を飲むことが、

御心に適うことであり、

神の栄光を現すことであるならば、従います、と、

委ねて祈られたのです。

わたしたちにも「杯」があり、

ゲッセマネを経験します。

その杯を手にして、

ありのままの気持ちを主にぶつけて祈り、

御心でなければ取り去ってもらうように、

御心であれば、受け入れられるように、

目を覚まして祈りましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ26:47-56

QT マタイ26:20-35

◎3月11日(日)
●QT マタイ26:20-35
●主題:主よ
●今日の御言葉
 「主よ、まさかわたしのことでは」(22節)

イエス様は弟子たちに

「あなたがたのうち一人が

わたしを裏切ろうとしている」と言いました。

するとユダも他の弟子たちも

「まさかわたしのことでは」と言い始めました。

全員がそれなりに心当たりがあったのしょう。

ユダと他の弟子たちとの問いには決定的な違いがあります。

裏切ろうとしていたユダはイエスを「主」とは呼べず、

「先生」と呼んだのです。

イエスを「主」と呼んだ弟子たちは、

散らされても帰ってくるのです。

イエスを主と呼ぶ者は幸いです。

今日は日曜日です。

共に主を礼拝しましょう。byバルナバ

next:QTマタイ26:36-46

QT マタイ26:1-19

◎3月10日(土)
●QT マタイ26:1-19
●主題:宝の使い方
●今日の御言葉
 なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。(10節)

一人の女性がイエス様の頭に高価な香油を注ぎかけました。

弟子たちはこれを見て憤慨しました。

なぜ、弟子たちは憤慨したのでしょうか。

彼らが「香油」に執着していたからです。

女性は主の葬りのために、

自分の持っている宝を捧げました。

あなたの宝(賜物)をどのように使うか。

それはあなたが決めることです。

主のために宝を用いる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ26:20-35

QT マタイ25:31-46

◎3月9日(金)
●QT マタイ25:31-46
●主題:愛あるところに神あり
●今日の御言葉
 わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。(40節)

ロシアの文豪トルストイは、

今日の箇所から「愛あるところに神あり」

という短編小説を書きました。

絵本「靴屋のマルチン」の原作です。

神様との出会いを心待ちしていたマルチンは、

自分が助けた人の中に神がおられたことを知るのです。

人を助けること、

愛することは、

自分が助けられ、

愛されることになります。

あなたの愛を必要としている小さな者とは、

誰のことですか?

その人を愛すること。

そこに天国があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ26:1-19

QT マタイ25:14-30

◎3月8日(木)
●QT マタイ25:14-30
●主題:小事に忠実
●今日の御言葉
忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。(21節)

与えられたタラント(賜物)は、一人一人異なります。

自分に与えられたタラントを隠さず、

用いていくときに、

タラントは増し加えられ、

持っている人は更に与えられて豊かになります。

あなたの賜物は何ですか? 

土の中に隠れていませんか? 

持っているものを用いていくならば、

神があなたを喜び、

あなたも神の喜びに包まれて、

天国の喜び(霊的満足)を得ることができるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ25:31-46

QT マタイ24:42-25:13

◎3月7日(水)
●QT マタイ24:42-25:13
●主題:油断大敵
●今日の御言葉
愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。(3節)

油断大敵。

僕の話もおとめの話にも共通するテーマです。

主がいつ来られても大丈夫なように生きていますか。

いつ人生の終わりが来ても後悔しない生き方をしていますか。

人生の終わりは突然来る場合もあります。

油断することなく、

浪費することなく、

今日という一日を人生最後の日であるかのように、

大切に過ごしたいものです。

毎日、聖霊に満たされ、感謝して生きること。

毎日、主に仕えるように、忠実に生きること。

これが油を切らさない生き方です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ24:42-25:13 

QT マタイ24:29-39

◎3月6日(火)
●QT マタイ24:29-39
●主題:神の言葉は滅びず
●今日の御言葉
天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。(35節)

終末(世の終わり)には天地が滅びます。

自然破壊、環境汚染、異常気象、

地震、飢饉、核の問題、

カルト的宗教の興隆等を見るとき、終末の近さを感じます。

しかし、私たちには決して滅びない神の言葉が与えられています。

神の言葉であるイエス・キリストを信じる者は滅びません。

終末は滅びの時ではなく、

人の子が来られる救いの日だからです。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

独り子を信じる者が一人も滅びないで、

永遠の命を得るためである」(ヨハネ3:16)。

byバルナバnext:QTマタイ24:42-25:13

QT マタイ24:15-28

◎3月5日(月)
●QT マタイ24:15-28
●主題:苦難の短縮
●今日の御言葉
神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。(22節)

人生には苦難があります。

イエス様は終末には

今後も決してないほどの大きな苦難が訪れると言われました。

この苦難を耐え抜くことは困難です。

しかし、神様は選ばれた人たちのために、

苦難の期間を縮めてくださるというのです。

あなたの人生。

もうダメだと思うような苦難がやってきても、

神様はその苦難の期間を縮めることのできる方だと信じましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ24:29-39

QT マタイ24:1-14

◎3月4日(日)
●QT マタイ24:1-14
●主題:愛が冷える
●今日の御言葉
不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。(12節)

愛が冷えるとはどういうことでしょうか。

関係が冷えるということです。

自分との関係、

人との関係、

神との関係が冷えていく。

それが終末的状況です。

関係を冷えさせる力を聖書は「罪」(不法)と呼びます。

キリストはこの「罪」(不法)を取り除き、

関係を回復させるために来られたのです。

今日は日曜日です。

神様と交わり、関係(愛)を温める日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

next:QTマタイ24:15-28

QT マタイ23:29-39

◎3月3日(土)
●QT マタイ23:29-39
●主題:主の忍耐
●今日の御言葉
めん鳥が雛を羽の下に集めるように、わたしはお前の子らを何度集めようとしたことか。だが、お前たちは応じようとしなかった。(37節)

律法学者たちとファリサイ派の人々への厳しい言葉が続きます。

神様はご自分に反抗する人々であっても、

雛のように集めようとされる方です。

たとえ応じようとしなくても、

神様の愛は変わらず、忍耐し、

見捨てたように思われても、決して見捨てず、

「主の名によって来られる方に、祝福があるように」

と言うその日が来るのを待っておられるのです。

主の招きに応じ、

御翼の陰に休らう者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ24:1-14
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31