FC2ブログ

QT マタイ22:34-45

◎2月28日(水)
●QT マタイ22:34-45
●主題:愛の本質
●今日の御言葉
「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。「隣人を自分のように愛しなさい。」(37-39節)

律法の本質は愛です。

どんなに正しい行いであっても、

そこに愛がなければむなしくなります。

「たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、

愛がなければ、無に等しい。

全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、

誇ろうとして我が身を死に引き渡そうとも、

愛がなければ、わたしに何の益もない。

愛は忍耐強い。

愛は情け深い。

ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。

礼を失せず、自分の利益を求めず、

いらだたず、恨みを抱かない。

不義を喜ばす、真実を喜ぶ。

すべてを偲び、すべてを信じ、

すべてを望み、すべてに耐える。(一コリント13章)

byバルナバ

next:QTマタイ23:1-12
スポンサーサイト

QT マタイ22:15-33

◎2月27日(火)
●QT マタイ22:15-33
●主題:神のもの
●今日の御言葉
神のものは神に返しなさい。(14節)

あなたは誰のものですか。

親のものでも、

人のものでも、

自分のものでもありません。

あなたは神のものです。

銀貨に肖像が刻まれるように、

あなたの中に「神の像」が刻まれています。

「あなたは私たちを、ご自分に向けてお造りになりました。

ですから、私たちの心は、

あなたのうちに憩うまで安らぎを得ることができないのです」。

(聖アウグスチヌス「告白録」)。

まことの礼拝とは、

神に自分をお返しする(捧げる)ことであり、

ここに真の安らぎがあるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ22:34-45

QT マタイ22:1-14

◎2月26日(月)
●QT マタイ22:1-14
●主題:選ばれる人
●今日の御言葉
招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。(14節)

天国への招待状は、

すべての人に届けられています。

神様は天国へのパスポートである

イエス・キリストという婚礼の礼服を用意して、

私たちを招いてくださったのです。

どんな罪人であっても、

神様が与えてくれたこの礼服を来ている人は、

神に選ばれた人なのです。

あなたは日々礼服を着て生きていますか?

礼服を着て生きるとは、

御言葉によって生かされることです。

招かれる世界に留まるのではなく、

選ばれる世界に生きる人、

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ22:15-33

QT マタイ21:33-45

◎2月25日(日)
●QT マタイ21:33-45
●主題:ぶどう園の管理
●今日の御言葉
ある家の主人がぶどう園を作り、垣を巡らし、その中に搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫に貸して旅に出た。(33節)

神様は私たちに人生というぶどう園を貸し与えてくださっています。

このぶどう園の管理人はあなたです。

私たちがすべきことは、

ぶどう園を自分のものにしようと努力することではなく、

貸し与えられたぶどう園を管理し、

季節毎に実を結ばせることです。

実を結ぶために必要なことは、

しっかりと根を下ろし、

土から栄養を吸収することです。

今日は日曜日です。

主を礼拝し、主に根を下ろし、

良い実を結ぶ一週間となりますように、

御名によって祝福します。byバルナバ

next:QTマタイ22:1-14

QT マタイ21:23-32

◎2月24日(土)
●QT マタイ21:23-32
●主題:考え直す
●今日の御言葉
後で考え直して出かけた。(29節)

父親に「働きなさい」と言われ、

「いやです」と言いながらも、

考え直して出かけた兄。

「承知しました」と言いながら、

出かけなかった弟。

あなたは神様に対し、どちらの態度を取りますか。

「考え直す」。

これを悔い改め(方向転換)と言います。

大切なことは「返事」よりも「行動」です。

QTも同じです。

御言葉を黙想し、神様に「こうします」と祈りながらも、

適用せず一日を終えるよりも、

「それはできません」といいながらも、

考え直し、実践していくことが、

主の御心に適うのです。

考え直せる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ21:33-45

QT マタイ21:12-22

◎2月22日(木)
●QT マタイ21:12-22
●主題:信じて祈る
●今日の御言葉
信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。(22節)

いちじくの木がたちまち枯れたり、

山を海に飛び込ませることは、

私たちにはできないことです。

しかし、イエス様は信じて祈れば実現すると言われました。

不可能と思えることであっても、

疑わずに祈り続ければ奇跡が起こります。

奇跡が起こることを信じて生きることも大切ですが、

それ以上に大切なことは、

奇跡を起こしてくださるお方を信じて生きることです。

あなたが今、最も神様に求める奇跡は何ですか?

「求めなさい。そうすれば与えられる。」(マタイ7:7)。

あなたの家が「祈りの家」となり、

日々、奇跡が起こりますように、

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:QTマタイ21:23-32

QT マタイ20:29-21:11

◎2月22日(木)
●QT マタイ20:29-21:11
●主題:主の憐れみ
●今日の御言葉
イエスは立ち止まり、二人を呼んで、「何をしてほしいのか」と言われた。(32節)

道端の盲人は、

主の憐れみ(愛)を求め、

群衆の制止にも負けずに、叫び続けました。

この叫びが、主の足を止めました。

主は彼を呼び、声をかけ、

彼らは主の憐れみ(愛)によって、目が見えるようになるのです。


♪あなた愛をください♪

ある晩 あの子は雨にうたれ

ずぶ濡れの姿で泣いてた

私にはもう 信じるものが 何もなくなったと

探し続けた夢は 悪夢であり

求め続けた愛は 崩れ去った

主よ そばにいてください

どんな時も わたしのそばに

もう何も迷わないで 祈るから

あなたの愛をください


あの娘は ただ祈り続けた

泣きながらただ祈り続けた

私にはもう あなたしか 味方がいないと

伸ばしたあの娘の手は 最後の希望

心から求めるのは あなたの愛

主よ 今救って下さい

あなたの子が 苦しんでいる

叫びにも似た祈りを 聞いたなら

あなたの愛をください(作詞作曲:こじまいづみ)



今日も主の憐れみがありますように。byバルナバ

next:QTマタイ21:12-22

QT マタイ20:17-28

◎2月21日(水)
●QT マタイ20:17-28
●主題:仕える
●今日の御言葉
あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。(26-27節)

仕えるという字をよく見ると、

人の隣に十字架が立っているように見えます。

キリストは私たちを救うために

「自分の命を献げるため」(28節)に来られた

神の「士」(さむらい)です。

この「士」は、武具によらず、

人に仕え、十字架で命を捨てるという愛の行為によって、

社会に変革を起こしたのです。

この世や家庭から仕える人がいなくなると

社会も家庭も崩壊します。

仕える人生こそ、神に喜ばれる最高の人生であり、

最も偉大な人生なのです。

今日もキリストと共に、

置かれている場所で仕える者となりますように、

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:QTマタイ20:29-21:11

QT マタイ20:1-16

◎2月20日(火)
●QT マタイ20:1-16
●主題:気前の良い神
●今日の御言葉
わたしの気前のよさをねたむのか(15節)

ぶどう園の主人は

一時間しか働けなかった人にも、

一日分の賃金を与えました。

これを見て、朝から働いた人たちは、

約束以上の賃金がもらえると期待しました。

しかし、同じ金額であったために不平を言ったのです。

神様は気前のよい神です。

神様の気前のよさが他人に向けられると、

嫉妬し、不平が生まれ、感謝を喪失します。

しかし、気前のよさが

自分に向けられているとしたら、どうでしょうか。

一時間しか働かなかった人。

それは他ならぬあなたの姿でなのです。

今日も気前のよい神様の祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ20:17-28

QT マタイ19:23-30

◎2月19日(月)
●QT マタイ19:23-30
●主題:全能の神
●今日の御言葉
それは人間にできることではないが、神は何でもできる。(26節)


人間は命を操作することはできても、

命を作り出すことはできません。

神の国(天国)のパスポートである永遠の命もまた、

人間の努力では得ることは不可能なのです。

しかし、神様は不可能を可能にすることのできるお方です。

このお方を信じ従うこと。

これが永遠の命を得る秘訣なのです。

「我は全能の神を信ず」(使徒信条)。

この告白の持つ力は絶大です。

「神は何でもできる」。

今日も全能の神を信じて歩みましょう。

祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ20:1-16

創立三周年

今日は創立三周年記念礼拝

花*花のいづみ姉をゲストに迎える。

9時半からキッズチャペル
子供たちと一緒に讃美する。
koji01.jpg



礼拝では讃美と証し。
koji02.jpg


一番好きな歌という「一羽の雀さえ」
私のリクエストした「あなたの愛をください」
「ちっぽけのわたし」
三曲を歌ってくれた。

特に、「あなたの愛をください」は、
彼女が高校生の時、サームというゴスペルバンドをしていたときの曲。
13年ぶりに、この曲を歌ってくれた。
胸が熱くなった。

礼拝には、先日、亡くなられた教会員のお孫さん夫妻が来られていた。
葬儀の時、いづみ姉が来ることを伝えていた。
彼女は、花*花のファンだとのことで、花束とカードを持参して来られた。


彼女の祖父母は、ブログに書いたように、60年間の家庭内宗教戦争をしていたが、おじいちゃんの信仰に、おばあちゃんも従って、ついに洗礼を受けて、先日、天国へと凱旋していった。

神様のなさることは時に適って美しい。
ベストのタイミングだった。
夜、ご夫妻共に、とても喜んでおられ、また礼拝にもいかせていただきます、とのメールが届いた。感謝。

礼拝後、ミニライブ。
ソロアルバムに収録されている中から「道」「運命」などを歌ってくれた。
マイクも音響設備もない教会。
ピアノしかないのに、快く引き受けてくれた姉妹に感謝。

お昼は、持ち寄り愛餐会で楽しく歓談する。

最後は、子供たちからお手紙と花束とクッキーをプレゼントし、
無事に三周年が終わった。
準備してくれた一人一人の兄弟姉妹に感謝。
そして、ここまで導いてくださった神様に感謝。
koji03.jpg

QT マタイ19:13-22

◎2月18日(日)
●QT マタイ19:13-22
●主題:永遠の命
●今日の御言葉
先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。(16節)

人の命には限りがあり、

いつか世を去る日が来ます。

神が与える命(永遠の命)は、

死の壁を突き抜ける命です。

イエス様は、自分の力で永遠の命を得たいなら、

「持ち物を全部売り払い、貧しい人に施し、

そして、わたしに従いなさい」と言いました。

金持ちであった青年は悲しみながら去っていきます。

永遠の命は、律法(善いこと)を行うことでは得られず、

ただ、イエス様の言葉を信じて、

従う人に与えられるものなのです。

「わたしの言葉を聞いて、

わたしのお遣わしになった方を信じる者は、

永遠の命を得、

また、裁かれる事なく、

死から命へと移っている。」(ヨハネ5:24)

今日は日曜日です。共に主を礼拝しましょう。byバルナバ

next:QTマタイ19:23-30

QT マタイ19:1-12

◎2月17日(土)
●QT マタイ19:1-12
●主題:罪と憐れみ
●今日の御言葉
神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。(6節)

律法には離婚を認める記述がありました。

それはやむを得ず離婚に至った人々への神様の憐れみです。

同様に聖書には罪を犯した者には赦しが与えられると語ります。

これも神様の憐れみです。

憐れみは権利として主張できるものではなく、

一方的な恵みとして与えられるものです。

本来、離婚も罪も、御心に反することです。

にもかかわらず、神の憐れみによって、

救いの手が差し伸べられ、回復への道が備えられた。

ここに福音の真髄があります。

「憐れみは裁きに打ち勝つのです。(ヤコブ2:13)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ19:13-22

QT マタイ18:15-35

◎2月16日(金)
●QT マタイ18:15-35
●主題:憐れみ
●今日の御言葉
どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。(19節)

「どんな願い事」というのは、

人間的には不可能と思えることであってもということです。

一万タラントの借金(罪)が

帳消しにされることは不可能なことでした。

しかし、しきりに赦しを願った家来(私たちの姿)は、

主人(神)の憐れみを受けて赦しを受けます。

赦された家来がすべきことは、

主人の心(憐れみ)を持って生きることでした。

神の憐れみを受けながらも、

人を憐れむことができない。

それが私たちの姿です。

「私にも憐れみの心が与えられるように」。

切に祈り願います。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ19:1-12

QT マタイ18:1-14

◎2月15日(木)
●QT マタイ18:1-14
●主題:心を入れ替えて
●今日の御言葉
はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。(3節)

「天の国で誰が一番偉いのでしょうか」という質問に対し、

イエス様は子供を呼び寄せました。

イエス様の招きに素直に従ってきた子供を、

弟子たちの前に立たせて、

「この子供のように従順な心を持つ人が、

天の国でいちばん偉い」と言われ、

「心を入れ替える」ようにと教えます。

QTの目的は「心を入れ替える」ことにあります。

今日でベテルチャーチは三周年を迎えました。

日々、御言葉によって心を入れ替え、

主に従順し続ける教会を目指していきたいと願います。

執り成しお祈りくだされば幸いです。byバルナバ

next:QTマタイ18:15-35

QT マタイ17:14-27

◎2月14日(水)
●QT マタイ17:14-27
●主題:神への信頼
●今日の御言葉
「信仰が薄いからだ」(30節)

イエス様は弟子たちに汚れた霊を追い出し、

あらゆる病気を癒す権能を与え、派遣しました(10章)。

しかし、弟子たちはてんかんで苦しむ子供を治すことができず、

父親の前で無力な姿をさらします。

「なぜ、わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」

と尋ねる弟子に向かって「信仰が薄いからだ」と語ります。

信仰が薄いとは、神の力への信頼不足です。

「この問題は無理だ」と自分で判断してしまう心です。

父親は、弟子に失望しても、

決してあきらめずにイエス様に憐れみを求めました。

この父親の信仰が息子を救うのです。

神の力に信頼する人は幸いです。byバルナバ

next:QTマタイ17:1-14

QT マタイ17:1-13

◎2月13日(火)
●QT マタイ17:1-13
●主題:これに聞け
●今日の御言葉
「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者、これに聞け」(5節)

イエス様は、ご自分のことを

「メシア、生ける神の子です」と告白したペトロと、

二人の弟子を伴って、高い山に登ります。

そこでペトロたちは、イエス様が変貌する様子、

モーセとエリヤと語り合う姿、

「これに聞け」と語りかける神の声を聞いて、

彼の告白が真実であったことを実体験します。

救助隊の言葉に従わない遭難者はいません。

イエス様を救い主と告白する者は、

救い主が語られる言葉に、口をはさまずに、

耳を傾けなければなりません。

イエスを救い主と告白し、従う者は幸いです。byバルナバ

next:QTマタイ17:14-27

QT マタイ16:13-28

◎2月12日(月)
●QT マタイ16:13-28
●主題:あなたはメシア
●今日の御言葉
あなたはメシア、生ける神の子です。(16節)

イエス様は弟子たちに

「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と尋ねました。

ペトロは「メシア・救い主」と答えると、

イエス様はペトロに天の国の鍵を授けると約束しました。

イエス様はすべての人を救うために来られたメシアです。

教会は「イエスはメシア(救い主)」と告白する人々の集まりです。

イエス様はあなたにも問いかけています。

「あなたはわたしを何者だと言うのか?」と。

「イエスはキリスト(救い主)」と告白する人は幸いです。byバルナバ

next:QTマタイ17:1-13

QT マタイ16:1-12

◎2月11日(日)
●QT マタイ16:1-12
●主題:パン種に注意
●今日の御言葉
ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種によく注意しなさい。(6節)

わずかなパン種がパンを発酵させ、

全体をふくらませていきます。

ファリサイ派とサドカイ派の人々の教えが

ユダヤ人全体に影響を及ぼしていました。

イエス様の教え(御言葉)は新しいパン種です。

パン種は黙想(発酵)すると全体に影響を及ぼします。

あなたはいつも何を黙想(発酵)していますか。

あなたに影響を与えるパン種は何ですか。

人の言葉や問題を黙想し、

発酵させるのではなく、

神の教えを黙想し、発酵させる人は幸いです。

今日は日曜日です。共に主を礼拝していきましょう。byバルナバ

next:QTマタイ16:13-28

QT マタイ15:29-39

◎2月10日(土)
●QT マタイ15:29-39
●主題:憐れみから始まる
●今日の御言葉
人々は皆、食べて満腹した。(37節)

「群衆がかわいそうだ」。

イエス様の憐れみは奇跡の幕開けです。

ビル・ゲイツの妻、メリンダ夫人は、

アフリカを旅行中、貧困にあえぐ人々の姿を見て、

憐れみの心を持ちました。

これが愛の奇跡の第一歩です。

アフリカが彼女を変え、

彼女がご主人を変え、

ビル・ゲイツは資産をつぎ込み、

「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」

という慈善団体を作ります。

今や発展途上国のエイズ、マラリア、

結核の根絶や教育水準の向上のために、

惜しみなく、その財を投入し続けています。

イエス様の憐れみ(愛)に動かされる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ16:1-12

天国への旅立ち

今週の月曜日。

家内と早天祈祷を終えて、リビングに戻ると電話がなった。

89歳の教会員のおばあちゃんがなくなったという連絡であった。

一ヶ月前に、脳内出血で倒れた。

礼拝が始まる一時間前。

娘さんから「先生、意識がありません。すぐにきてくれませんか」

慌てて、病院に駆けつけ、病室でお祈りをし、すぐに礼拝に戻った。

この時はお昼に、意識を回復した。

夕方には、わたしの顔を見て、涙し、話すこともできた。

それから一ヶ月。ついに天国へと帰っていった。

このおばあちゃんとの出会いは13年前。

ご主人が胃ガンを患っていて、

「家に訪問して、祈って頂きたい」とお願いされた。

それ以来、13年、毎月一回の訪問を続けてきた。

ご主人は熱心なカトリックのクリスチャン。

おばあちゃんは仏教徒

60年間。家庭内宗教戦争をしてきた。

最初の頃、おばあちゃんは、ご主人の信仰への反発を持っており、

私が訪ねても、ほとんど話すことがなかった。

ご主人のために祈っていくうちに、病気が快方に向かった。

ある日、おばあちゃんは、「先生、主人は医者から年内持つかどうか」と言われていたので、びっくりですよ。奇跡ですよ。」と言った。

祈りを聞いてくれた神様に感謝するようになった。

それ以来、おばあちゃんの私に対する態度が変わった。

ある時、おばあちゃんにわたしはこう言った。

「おばあちゃん。おじいちゃんを元気にしてくれたイエス様を信じて、おじいちゃんと一緒に天国に行きましょうよ。おじいちゃんもそのことを一番願っていたから」と。

この時、「はい」とうなずき、洗礼を受ける決心をされた。

今から七年前のこと。

洗礼式は、自宅で行われた。

私にとって、牧師になって一番最初に洗礼を授けた人。

非常に印象に残る洗礼式であった。

洗礼式が終わった時、ご主人がぽつりとつぶやいた言葉を今でも忘れることができない。

「先生、ありがとう。これでおばあちゃんと二人で天国で暮らせる」

そういって、本当に嬉しそうな笑顔を見せた。

前夜式、告別式も無事に終えることができた。

まだまだ思い出はつきない。

もう会えないは寂しい。

でも、やがて会えるは希望。

死は終わりではない。

主よ、感謝します。

070206_1724~01.jpg

CGNTV

CGNTVがインターネットでも視聴できるようになりました。

下記のアドレスをクリックし、

http://japan.cgntv.net/

右上にある 24時間生放送のTVの部分をクリックしてみてください。

世界に影響力を与える福音放送が流れています。

暗いニュースがテレビやネットで流れる中、

CGNTVは、日本の希望です。

QT マタイ15:15-28

◎2月9日(金)
●QT マタイ15:15-28
●主題:神の沈黙
●今日の御言葉
しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。(25節)

カナンの女性は、

憐れみを求めましたが、

イエス様は何もお答えになりませんでした。

それでもあきらめずに求め続けると、

今度は拒絶されました。

あなたならどうしますか。

憤慨して立ち去りますか。

それとも、なお願い続けますか。

彼女は、「ごもっともです」とイエス様が言われることを承伏し、

さらにひれ伏し、求め続けるのです。

イエス様はこの信仰を「立派だ」とほめ、

ついに彼女の願いはかなえられ、

娘の病気は癒されるのです。

神の沈黙を感じる時。

人は信仰が問われます。

沈黙、拒絶を感じても、なお礼拝する。

それがクリスチャンの信仰なのです。byバルナバ

next:QTマタイ15:29-30

QT マタイ15:1-14

◎2月8日(木)
●QT マタイ15:1-14
●主題:心から出るもの
●今日の御言葉
口から出て来るものは、心から出て来るので、これこそ人を汚す。(18節)

御言葉は神様の心(愛)から発せられたものです。

神様から発せられる言葉ですべてのものは造られました。

神の言葉(御言葉)には創造の力があります。

私たちの発する言葉も人生を左右する力があります。

言葉は心の水源から出てきます。

心が汚れていれば、汚れた言葉が出てしまいます。

御言葉(キリスト)には心の水源(本質)を清める力があります。

私たちの心が神の本質(愛)に触れ、

日々、新たにされていきますように。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:QTマタイ15:15-28

QT マタイ14:22-36

◎2月7日(水)
●QT マタイ14:22-36
●主題:愛に触れる
●今日の御言葉
触れた者は皆いやされた。(36節)


ゲネサレトの人々は

イエス様が来られたことを知るやいなや、

付近にくまなく触れ回り、

病人を皆イエス様のところに連れてきて、

せめて、「その服のすそにでも触れさせて欲しい」と願い、

イエス様に触れた人は全員が癒されました。

「イエス様に触れさえすれば癒される」。

このイエス様への信仰。

癒しへの希望。

人々への愛。

この三つが一つになって、

奇跡が生まれたのです。

信仰と希望と愛。

一番大切なのは愛です。byバルナバ

next:QTマタイ15:1-14

QT マタイ14:13-21

◎2月6日(火)
●QT マタイ14:13-21
●主題:愛の奇跡
●今日の御言葉
それをここに持ってきなさい。(18節)

今日の箇所は、

二人分の食事に過ぎない五つのパンと二匹の魚によって、

空腹であった二万人近い人々が満腹したという奇跡物語です。

今、全世界の半数の人々が飢えに苦しんでいると言われています。

持っている人が一人分の食糧を分け与えることができたならば、

全員が満腹できる計算になります。

一人分を与えるだけで、

大きな奇跡の一歩になるのです。

「それをここに持ってきなさい」。

与える愛は奇跡の始まりです。

愛の奇跡は分かち合う心から生まれるのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ14:22-36

QT マタイ14:1-12

◎2月5日(月)
●QT マタイ14:1-12
●主題:願うものは何でも
●今日の御言葉
それで彼は娘に、「願うものは何でもやろう」と誓って約束した。(7節)

ヘロデの娘は母親に唆され、

ヨハネの首を求めました。

唆す母親も母親なら、願う娘も娘。

最も問題なのはその願いをかなえてしまう父親です。

イエス様は「わたしの名によって願うことは、

何でもかなえてあげよう」(ヨハネ14:13)。

と言いました。

もし、悪を願って、

その願いどおりかなえてくれる神様なら、

わたしはそんな神様を信じたくありません。

御心に適わぬことには、

「ノー」と言ってくださる神様だからこそ、

私たちは安心して、

何でも願うことができるのです。

御心のままに。

これがクリスチャンの祈りです。

今朝、急用があったので、遅くなりました。

主の祝福がありますように。byバルナバ

next:QTマタイ14:13-21

QT マタイ13:47-58

◎2月4日(日)
●QT マタイ13:47-58
●主題:信仰と不信仰
●今日の御言葉
人々が不信仰だったので、そこではあまり奇跡をなさらなかった。(58節)

なぜ、人々は不信仰になったのでしょうか。

それはイエス様を敬えなかったからです。

彼らは、イエス様の言葉に驚きながらも、

「大工の息子が」と、イエス様を見下したのです。

水は上から下に流れます。

不信仰とは、御言葉を上から聞くことであり、

信仰とは、御言葉を下から聞くことです。

信仰と謙遜。

不信仰と高慢。

信仰と従順。

不信仰と不従順はセットです。

今日は日曜日です。

謙遜と従順の心を持って、

主に礼拝を捧げていきましょう。byバルナバ

next:QTマタイ14:1-12

QT マタイ13:31-46

◎2月3日(土)
●QT マタイ13:31-46
●主題:畑に隠された宝
●今日の御言葉
天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。(44節)

天の国は、畑に隠された宝であり、

宝そのものは全財産を売り払っても、

買い取ることができません。

しかし、畑であれば可能なのです。

イエス・キリストを信じて、

洗礼を受ける人は、喜びながら、

自分の持っているものを売り払い、

この畑を手に入れた人に似ています。

パウロは「わたしたちは、

このような宝を土の器に納めています」と言いました。

宝の持ち腐れをしていませんか。

隠された宝はあなたを通して

力を発揮したいと願われています。

あなたの中に隠された賜物が引き出され、

主に用いられますように。

主の御名によって祈ります。byバルナバ

next:QTマタイ13:47-58

QT マタイ13:18-30

◎2月2日(金)
●QT マタイ13:18-30
●主題:麦と毒麦
●今日の御言葉
芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。(26節)

良い種(御言葉)が蒔かれた畑(心)に、

夜中に敵がやってきて毒麦(罪)を蒔きました。

麦と毒麦。

同じ畑で両方が育っていきます。

主人は刈り入れまで待つように命じます。

やがて刈り取りの時(終末)には、

毒麦は焼かれ、

麦は倉(天国)に納められます。

これが最後の審判です。

神様の愛は、罪ある者を即座に裁くことをなさらず、

執行猶予を与え、悔い改めへと導かれるのです。

キリストは心の畑に蒔かれた毒麦(罪)を取り除くために、

十字架にかかってくださったのです。

これが救いの道であり、天国の道なのです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:QTマタイ13:31-46
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -