FC2ブログ

QT 列王下13:14-25 エレミヤ20

◎10月29日(日)
●QT 列王下13:14-25 エレミヤ20
●主題:契約
●要約
エリシャは死の病を患い、ヨアシュは涙を流す。エリシャは、ヨアシュに矢を射て地面を打つよう命じる。ヨアシュが三度打ってやめると、エリシャの預言どおりアラムを三度打ち破るが、滅ぼし尽くすことはできなかった。

●今日御言葉
しかし、主はアブラハム、イサク、ヤコブと結んだ契約のゆえに、彼らを恵み、憐れみ、御顔を向け、彼らを滅ぼそうとはされず、今に至るまで、御前から捨てることはなさらなかった。(23節)

イスラエルはアラムに攻められ、絶えず圧迫を受けましたが、決して、滅びることはありませんでした。

これが長い歴史の中では、イスラエルの建国へと続いています。

主の契約は永遠です。

クリスチャンもまた、どんなに圧迫され、迫害されても、決して滅びることはありませんでした。

主はあなたをも御前から見捨てることは決してありません。

主の契約の中に生きる人は幸いです。

今日は日曜日です。共に主を礼拝していきましょう。byバルナバ

next:QT列王下14:1-14 通読:エレミヤ21
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -