FC2ブログ

QT 列王下12:1-8 エレミヤ17

◎10月26日(木)
●QT 列王下12:1-8 エレミヤ17
●主題:偶像撤去
●要約
ヨアシュは七歳に王になり、四十年間ユダを治め、主の目にかなうことを行なうも、聖なる高台は取り除かなかった。ヨアシュはささげられた献金で神殿を修理するよう指示するが、祭司たちは実行しなかった。

●今日御言葉
ヨアシュは、祭司ヨヤダの教えを受けて、その生涯を通じて主の目にかなう正しいことを行った。ただ聖なる高台は取り除かれず、民は依然として聖なる高台でいけにえを屠り、香をたいた。(3-4節)

ヨアシュはその生涯を通じて御心に従って歩みましたが、ヤロブアムが金の子牛二頭を安置し、「これがあなたをエジプトから導き上ったあなたの神である」と言って、設けられた聖なる高台(列王上12章)を放置していたために、民は依然として、偶像に礼拝を捧げ続けていたのです。
偶像を安置するのは簡単ですが、撤去するのは困難です。
非核三原則のように、偶像をもたない、造らない、持ち込まない。
これが祝福の秘訣です。
今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QT列王下12:9-22
通読:エレミヤ17
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -