FC2ブログ

QT 列王下2:15-25イザヤ57

◎9月30日(土)
●QT 列王下2:15-25イザヤ57
●主題:清め
●要約
エリシャが神の霊に満たされているのを預言者仲間は認めつつも、彼の言うことには従わなかった。エリシャは呪われた町に祝福と呪いの二つのしるしを行う。

●今日御言葉
彼は水の源に出かけて行って塩を投げ込み、「主はこう言われる。『わたしはこの水を清めた。もはやここから死も不毛も起こらない』と言った。(21節)

エリシャは塩によって水源を清め、呪いを祝福に変えました。イエス・キリストは十字架の血潮によって、私たちの水源を清め、呪いを祝福に変えてくださったのです。エリシャの言葉どおりにこの町は清められた町になりました。信仰とは、主の言葉どおりになると信じることです。主は私たちの水源を清め、私たちを祝福してくださいました。クリスチャンは祝福される運命に生きているのです。すでに清めてくださった」ということを信じることです。今日も祝福を祈ります。byバルナバnext:QT列王下3:1-12通読:イザヤ58
スポンサーサイト

QT 列王下2:15-25イザヤ57

◎9月30日(土)
●QT 列王下2:15-25イザヤ57
●主題:清め
●要約
エリシャが神の霊に満たされているのを預言者仲間は認めつつも、彼の言うことには従わなかった。エリシャは呪われた町に祝福と呪いの二つのしるしを行う。

●今日御言葉
彼は水の源に出かけて行って塩を投げ込み、「主はこう言われる。『わたしはこの水を清めた。もはやここから死も不毛も起こらない』と言った。(21節)

エリシャは塩によって水源を清め、呪いを祝福に変えました。イエス・キリストは十字架の血潮によって、私たちの水源を清め、呪いを祝福に変えてくださったのです。エリシャの言葉どおりにこの町は清められた町になりました。信仰とは、主の言葉どおりになると信じることです。主は私たちの水源を清め、私たちを祝福してくださいました。クリスチャンは祝福される運命に生きているのです。すでに清めてくださった」ということを信じることです。今日も祝福を祈ります。byバルナバnext:QT列王下3:1-12通読:イザヤ58

QT 列王下2:1-14イザヤ56

◎9月29日(金)
●QT 列王下2:1-14イザヤ56
●主題:かなえられる願い
●要約
エリシャはエリヤが天に上げられることを知り、決して彼から離れなかった。エリシャはエリヤに二倍の霊を受け継ぐことを願った。エリヤが嵐の中、天に上げられていくのを見て、エリシャの願いはかなえられていく。

●今日御言葉
わたしがあなたのもとから取り去られるのをあなたが見れば、願いはかなえられる。もし見なければ、願いはかなえられない。(13節)

エリシャは「わたしはあなたを離れません」と言って、エリヤに従い続けました。エリシャは最後までエリヤから離れず、目を離さなかったので、願い(エリヤが受けた神の霊の二倍を受け継ぐこと)がかなえられました。私たちもイエス様に従い、離れず、目を離さずに祈り求めていきましょう。♪時には心辛くて、泣きたくなることも 生きてれば誰だってぶつかるだろう そんなときもイエス様は わたしを支えてる 主は命をかけ 私を救ってくれた イエス様を信じて どこまでもついて行こう どんな心配も 吹き飛ばして♪ 今日も祝福を祈ります。byバルナバnext:QT列王下2:15-25通読:イザヤ57

QT 列王下1:9-18イザヤ55

◎9月28日(木)
●QT 列王下1:9-18イザヤ55
●主題:プライドを捨てる
●要約
エリヤの叱責を受けたアハズヤはエリヤを捕らえようと部隊を派遣するが、天から火が降り、滅ぼされていく。三番目の部隊の長は、主を畏れ、エリヤの前にひざまずいて懇願し、命拾いするが、アハズヤは主の言葉どおり死んでいく。

●今日御言葉
神の人よ、どうかわたしの命と、あなたの僕であるこの五十人の命を助けて下さい。(13節)

アハズヤは人生のピンチ(病気)を迎えながらも、王のプライドを捨てられず、主の前にひれ伏し、助けを求めませんでした。その結果、エリヤの警告どおり命を失います。一方、五十人隊長は、命の危険を感じた時、プライドを捨て、部下の前でひれ伏して助けを求め、命を得ます。プライドを捨て、主の前にひれ伏し、祈る人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QT列王下2:1-14通読:イザヤ56

QT 列王下1:1-8イザヤ54

◎9月27日(水)
●QT 列王下1:1-8イザヤ54
●主題:神を求める
●要約
イスラエルの王アハズヤは欄干から転落し病気になった時、エクロンの神を求めた。預言者エリヤはイスラエルの神を求めようとしなかったアハズヤに死を告げ知らせる。

●今日御言葉
イスラエルには神がいないとでも言うのか。(3節)

アハズヤ王は屋上から転落し、病気になり、死線をさまよいました。彼はイスラエルの王であり、イスラエルの神を知りつつも、イスラエルの神を無視し、エクロン(偶像)の神を求めたため、預言者エリヤの叱責を受けます。あなたを造り、命を捨てるほどあなたを愛されている神様は、今もあなたの救い主、助け主としてあなたの側におられるのです。この神様がいないかのように生き、偶像を神とする生き方こそが聖書が指摘する最大の罪なのです。主は今も生きて、あなたのすぐ側におられます。この神様に祈り、求めて生きる人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QT列王下1:9-18通読:イザヤ55

QT ネヘミヤ13:23-31イザヤ53

◎9月26日(火)
●QT ネヘミヤ13:23-31イザヤ53
●主題:わたしの神よ
●要約
ネヘミヤの改革は続く。異民族の妻と結婚した人々を責め、罰していく。その中の一人、大祭司の孫は共同体から追放されていく。

●今日御言葉
わたしの神よ、わたしを御心に留め、お恵みください。(31節)

ネヘミヤはイスラエルの民の堕落した信仰生活を改革していきました。改革を行うごとに、ネヘミヤは「わたしの神よ」と、主の憐れみ、主の恵みを求めて祈ったのです。(14節、22節、31節)。ネヘミヤは祈りの人でした。祈りの中でいつも自分の襟を正すことのできる人でした。自分を改革することなく、人を改革することはできません。自分が動かないで人を動かすことできません。ネヘミヤを動かした原動力は「わたしの神」への祈りでした。祈りで一日をはじめ、祈りで一日を終える習慣を身につけましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QT列王下1:1-8通読:イザヤ54

QT ネヘミヤ13:15-22イザヤ52

◎9月25日(月)
●QT ネヘミヤ13:15-22イザヤ52
●主題:聖なる日
●要約
ネヘミヤの改革は続く。安息日をないがしろにしている人々を戒め、レビ人たちには身を清めて門を守り、安息日を聖とするように命じていく。

●今日御言葉
またわたしはレビ人に、身を清めて門を守り、安息日を聖とするように命じた。(22節)

イスラエルの民は見える城壁は修復できましたが、見えない信仰の城壁は崩れたままになっていました。ネヘミヤは改革を行い、レビ人に命じ、門を守り、安息日を聖別するように命じていきます。世俗化の波が、私たちの人生に打ち寄せて、この世へ引き戻そうとします。聖なる日を覚えることは、信仰の防波堤を築くことなのです。主の港で安息する時間を過ごせる人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ13:23-31通読:イザヤ53

QT ネヘミヤ13:1-14イザヤ51

◎9月24日(日)
●QT ネヘミヤ13:1-14イザヤ51
●主題:改革
●要約
城壁を完成させたネヘミヤは、民に律法を読み聞かせ、混血の者を民から切り離す。また神殿内にはびこるトビヤ家の悪事を知り、神殿内の改革に取り組んでいく。

●今日御言葉
わたしは役人を責め、なぜ神殿を見捨てられたままにしておくのかと言った。わたしはレビ人と詠唱者を集め、務めに就かせた。(11節)

ネヘミヤは城壁完成後に、神殿内の改革に取り組みます。見た目にどんなに立派な木であっても、根が腐っていれば、やがて枯れ果てていきます。どんなに枯れたように見える木であっても、その木が大地に根を下ろしていれば、やがて葉が生え、芽を出し、花を咲かせていくのです。今日は日曜日です。主を見上げ、主に礼拝を捧げていきましょう。byバルナバnext:QTネヘミヤ13:15-22通読:イザヤ52

QT ネヘミヤ12:31-47イザヤ50

◎9月23日(土)
●QT ネヘミヤ12:31-47イザヤ50
●主題:大いなる喜び
●要約
二つの聖歌隊が合唱し、人々は犠牲を捧げ、喜び祝い、その喜びの声は遠くにまで響いた。民は十分の一を捧げ、祭司とレビ人はその努めを果たし、神に喜ばれる姿へと回復していく。

●今日御言葉
その日、人々は大いなるいけにえを屠り、喜び祝った。神は大いなる喜びを与えになり、女も子供も友に喜び祝った。エルサレムの喜びの声は遠くまで響いた。(43節)

城壁を神に奉献した民は、聖歌隊と共に主を讃美しました。その日、民の中に大きな喜びが起こり、民の霊性が回復し、彼らは神に喜ばれる姿に変えられていきました。神様が与えられる喜びは、私たちの内面を満たし、生き方をも変革する力があります。私たちにも「その日」は必ず来ます。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ12:31-47通読:イザヤ50

QT ネヘミヤ12:1-30イザヤ49

◎9月22日(金)
●QT ネヘミヤ12:1-30イザヤ49
●主題:清め
●要約
帰還した祭司とレビ人の名が列挙される。城壁の完成に伴い奉献式と祝典が行われ、レビ人たちがエルサレムに招集される。祭司とレビ人はまず自らの身を清めていく。

●今日御言葉
祭司とレビ人は身を清めたうえで、民と城門と城壁を清めた。(30節)

他人と過去は変えられませんが、自分と過去の解釈は変えることができます。御言葉は他人を清めるためのものではなく、自分を清めるためのものです。御言葉は自分自身に適用すべきなのです。自分が清められて(変革されて)いけば、周りの状況や人間関係にも必ず変化が起こります。「召し出してくださった聖なる方に倣って、あなたがた自身も生活のすべての面で聖なる者となりなさい」(一ペトロ1:15)。)今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ12:31-47通読:イザヤ50

QT ネヘミヤ11:15-36イザヤ48

◎9月21日(木)
●QT ネヘミヤ11:15-36イザヤ48
●主題:日課
●要約
エルサレムに移住したレビ人の数とその働き。さらに他の町と村に住んだ人々について記される。

●今日御言葉
詠唱者に対しては王の命令があって、日ごとに果たすべきことが定められていた。(23節)

礼拝を捧げ、讃美を導く重要な働きを担っていた詠唱者たちには王の命令で日課が定められていました。クリスチャンにとって、日ごとに果たすべきことはQT(ディボーション)です。これは神様の命令として定められています。御言葉は心の糧であり、心の栄養となり、あなたの言葉、考え、行動、人生に良い影響を与え、御言葉には私たちの魂を救う力があるのです。「人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きる」(申命記8:3)。御言葉を黙想して生きる人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ12:1-30通読:イザヤ49

QT ネヘミヤ11:1-14イザヤ47

◎9月20日(水)
●QT ネヘミヤ11:1-14イザヤ47
●主題:神の選びと祝福
●要約
エルサレムには民の長たちが住んでいたが、町の中は閑散としていた。エルサレムの町の保護と復興のために民はくじを引き、十分の一の住民が移住し、彼らを他の住民は祝福した。

●今日御言葉
民は、進んでエルサレムに住むすべての人々を祝福した。(2節)

くじにあたった十分の一の住民は住み慣れた場所を離れ、神の神殿のあるエルサレムに移住してきました。旧約時代、くじは神の選びを意味しました。神に選ばれ、進んで従う全ての人を、他の住民は祝福しました。神に選ばれた者は、たとえ自分が行きたくない場所、やりたくない事柄であっても、「進んで」引き受けていくところに神の祝福が注がれるのです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ11:15-36通読:イザヤ48

QT ネヘミヤ10:32-40イザヤ46

◎9月19日(火)
●QT ネヘミヤ10:32-40イザヤ46
●主題:教会を愛する
●要約
イスラエルの民は「わたしたちは~こうします」という誓約が告白され、最後に「神殿をおろそかにしません」と結んでいく。

●今日御言葉
わたしたちは決してわたしたちの神殿をおろそかにしません。(40節)

クリスチャンは一人一人が神の神殿であり、神の霊が内側に住んでいるのです。(一コリ3:16)。また、主によって召し出された人々の集まりである教会は神の神殿であり、神の霊がそこに宿っています。神様は御自分の神殿を決しておろそかにされません。神様を愛するとは、神の神殿(教会)を愛すること、大切にすることなのです。どのように愛するのかを黙想し、実践する人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ11:1-14通読:イザヤ47

QT ネヘミヤ9:27-37イザヤ44

◎9月17日(日)
●QT ネヘミヤ9:27-37イザヤ44
●主題:祈り
●要約
イスラエルは約束の地に導かれた後も何度も神に背を向け、反逆する。神は彼らを懲らしめ、敵の手に渡されるが、決して見捨てず、豊かな憐れみを持って助け出していく。

●今日御言葉
彼らが苦難の中から叫び声をあげると、あなたは天にあってそれを聞き、豊かな憐れみをもって、次々と救い手を送り、苦しめる者の手から救い出してくださった。(27節)

火事の時、117番に電話して、受話器の前でいくら叫び続けても、助けは来ません。イエスの名による祈りは119番。天に直結するホッとラインなのです。次々と救い手を送り、助けて下さる憐れみ深い神様に向かって、イエス・キリストの名前を通して祈る。これがクリスチャンの祈りです。今日は日曜日です。共に主を礼拝しましょう。PS.明日は御言葉メールはお休みします。byバルナバnext:QTネヘミヤ10:1-31通読:イザヤ45

QT ネヘミヤ9:18-26イザヤ43

◎9月16日(土)
●QT ネヘミヤ9:18-26イザヤ43
●主題:行く手を示す神
●要約
イスラエルの背信にもかかわらず、憐れみ深い神は彼らを見捨てず、雲の柱、火の柱を取り去らず、荒れ野においても必要を満たし、約束の地に導き入れた。にもかかわらず彼らは再び背信を繰り返す。

●今日御言葉
まことに憐れみ深いあなたは彼らを荒れ野に見捨てることはなさらなかった。昼は雲の柱を取り去ることなく行く手を示し、夜は火の柱を取り去ることなく行く道を照らされた。(19節)

イスラエルの民は何度も正しい道から外れますが、神様は決して彼らを見捨てず、律法を通し、預言者を通し、ついにはキリストを通して、歩むべき正しい道を示し、民が立ち帰って来るのを待ったのです。御言葉(キリスト)は私たちの人生を導く最高のナビゲータです。 ♪自分の行く道が見えなくても。自分の悟りには頼らない。主は進むべきその道を。わたしに用意してくれている。祈り続ければ 天の窓が開かれ 道が見えてくる 主の恵みの中で 主の声を求めて 歩き続けよう 主の奇跡の中を♪今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ9:27-38通読:イザヤ44

QT ネヘミヤ9:6-17イザヤ42

◎9月15日(金)
●QT ネヘミヤ9:6-17イザヤ42
●主題:罪を赦す神
●要約
イスラエルの民は主を讃美した。創造から始まり、アブラハムを選び、モーセを通してエジプトから救い出し、荒れ野を導き、頑なな民を赦し、憐れみ、先祖を見捨てなかった神をたたえていく。

●今日御言葉
しかし、あなたは罪を赦す神。恵みに満ち、憐れみ深く、忍耐強く、慈しみに溢れ、先祖を見捨てることはなさらなかった。(17節)

驚くべき御業を経験しながらも、イスラエルの民は傲慢になり、主の戒めに聞き従うことを拒み、再びエジプトに戻ろうと考えました。しかし、神様は自分が創造し、選び、導いてきた民を決して見捨てられなかったのです。あなたの信じる神様はどのような神様ですか。聖書の教える神様は「罪を赦す神」です。神様は決してあなたを見捨てることはありません。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ9:18-26通読:イザヤ43

QT ネヘミヤ8:13-9:5イザヤ41

◎9月14日(木)
●QT ネヘミヤ8:13-9:5イザヤ41
●主題:罪の告白
●要約
人々は律法の言葉を深く悟ることを求め、仮庵を作って、祭を行うように示され、いまだかつて経験したことのない喜びを体験する。また、共に集まり、断食し、自分と先祖の罪を悔い改め祈り、主を讃美していく。
●今日御言葉
彼らの神、主に向かって罪を告白し、ひれ伏していた。(3節)

主の救いを喜び祝った民は、断食し、自らの罪、先祖の罪を告白して、礼拝を捧げました。彼らは神の赦しを得るために告白したのではありません。先に神の赦しを体験したのです。愛と赦しの中で、自らの罪を悟り、悔い改めているのです。神を喜ぶとは、すべての罪を赦してくださった神様を喜ぶことであり、その喜びが真の悔い改めへと導くのです。主を信じる者は、過去、現在、未来、すべての罪が赦されています。キリストの十字架によって、全ての罪が赦されていることを、まず喜び感謝しましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ9:6-17通読:イザヤ42

QT ネヘミヤ8:1-12イザヤ40

◎9月13日(水)
●QT ネヘミヤ8:1-12イザヤ40
●主題:主を喜ぶ
●要約
民は一人の人のようになり、律法を求め、耳を傾け涙し、主を礼拝した。嘆き悲しむ民に、「主を喜び祝うことこそ、あなたがたの力の源である」とネヘミヤは語る。

●今日御言葉
悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(10節

民は御言葉を慕い求め、御言葉に心責められ、嘆き、悲しみの涙を流し、主の前に悔い改めたのです。ネヘミヤは「悲しんではならない」と言いました。これは「悲しみに留まり続けるな」ということです。こんな罪人の私たちをもなおも愛し、赦し、回復への道を歩ませてくださった神様を喜び祝いなさい。涙の中に留まらず、涙をぬぐってくださる主を喜ぶこと、救い主を讃美し、崇めること、これがまことの礼拝であり、私たちの力の源泉なのです。「ハレルヤ!主を感謝します」と告白し、主を喜び祝って、一日を始めていきましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ8:13-9:5通読:イザヤ40

QT ネヘミヤ7:61-72イザヤ39

◎9月12日(火)
●QT ネヘミヤ7:61-72イザヤ39
●主題:捧げる
●要約
住民の中にも、祭司の中にも血筋を示せない者もおり、祭司の場合、祭司職に付けなかった。家長たち、総督、住民は工事のために寄付をしていく。
●今日御言葉
家長の何人かは、工事のために寄付をした。(69節)

24時間テレビに寄せられる募金は、29年間で240億を超えたそうです。愛の力は奇跡を起こします。♪一人の小さな手。何もできないけど。それでもみんなの手と手を合わせれば、何かできる。何かできる♪ 四万を超えるイスラエルの民はみんなで力を出し合って、城壁を完成させました。神様は与えるもの、祝福を流し出す者をさらに祝福されるお方です。愛の種を蒔く人は幸いです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ8:1-12通読:イザヤ39

QT ネヘミヤ7:1-60イザヤ38

◎9月11日(月)
●QT ネヘミヤ7:1-60イザヤ38
●主題:持ち場と家を守る祈り
●要約
ネヘミヤは神を畏れる人を行政の責任者に任命し、住民に各自が自分の持ち場と家の前を守るように命じ、帰還した捕囚の民の数を数えていく。
●今日御言葉
エルサレムの住民に守備体制を取らせ、各自が自分の持ち場と、各自が自分の家の前を守るようにせよ。(3節)
ネヘミヤは敵の攻撃に備え、城門に門衛たちを配備し、警備を強化すると同時に、住民たちに自分の持ち場、家の前を自分で守るようにと命令します。クリスチャンにとって、守備体制を取るとは、祈ることです。自分の持ち場のため、自分の家のために祈り続けることが大切です。「目を覚まして感謝を込め、ひたすら祈りなさい」(コロサイ4:2)byバルナバnext:QTネヘミヤ7:6172通読:イザヤ38

QT ネヘミヤ6:10-19イザヤ37

◎9月10日(日)
●QT ネヘミヤ6:10-19イザヤ37
●主題:城壁の完成
●要約
敵は偽預言者を買収し、妨害を企てるも、ネヘミヤはその罠に見抜いて退ける。城壁は完成するが、敵はユダの貴族と内通し、ネヘミヤをさらに脅していく。
●今日御言葉
わたしの立場にある者は逃げることはできない。(11節)

城壁の再建を妨害する人々は、偽預言者を買収し、ネヘミヤを攻撃し、城壁の完成後もユダの貴族と密通し、妨害を続けます。ネヘミヤは彼らの脅しに屈せず、神に祈り、神の知恵によって、敵の罠を退けます。ネヘミヤは見える城壁を修復後、見えない城壁(イスラエルの共同体)の修復に着手していくのです。今日は日曜日です。共に主を礼拝し、城壁の破れ口を修復していきましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ7:1-60通読:イザヤ37

QT ネヘミヤ5:14-6:9イザヤ36

◎9月9日(土)
●QT ネヘミヤ5:14-6:9イザヤ36
●主題:祈り
●要約
ネヘミヤは長官になっても利をむさぼることをせず、民の模範となった。城壁もほぼ完成した時、執拗な敵はネヘミヤを脅迫し、悪い噂を流し、恐怖を与えた。ネヘミヤは主に祈る。
●今日御言葉
神よ、今こそわたしの手を強くしてください。(9節)
城壁の修復もほぼ完成し、あとは城門に扉をつけるだけの段階になったとき、再び敵の攻撃にさらされました。ネヘミヤはすぐに神に祈りました。油断大敵。逆境の時よりも、順境の時こそ、落とし穴に気をつけ、問題が起これば、すぐに神に祈る習慣を身につけておくことが大切です。「いつも油断せず、祈っていなさい」(新改訳ルカ21:36)。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ5:14-6:9通読:イザヤ36

QT ネヘミヤ5:1-13イザヤ35

◎9月8日(金)
●QT ネヘミヤ5:1-13イザヤ35
●主題:赦し
●要約
ネヘミヤは、貧しい人たちの嘆きと訴えを聞いた。彼は同胞に重荷を負わせる貴族と役人たちを叱責し、負債を免除し、担保として得たものをすべて返すように命じ、彼らはその言葉に従っていく。

●今日御言葉
わたしも、わたしの兄弟の部下も金や穀物を貸している。わたしたちはその負債を帳消しにする。あなたたちも今日あなたたちに負債のある者に返しなさい。(10-11節)

主の祈りを思い起こさせる言葉です。「わたしたちの罪を赦してください。わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから」(ルカ11:4)。神様は私たちの罪の結果、返済不可能となった膨大な借金をキリストの十字架によって帳消しにされたのです。この神の赦しを受けた者は、同じように兄弟を赦すように命じられているのです。赦しは「明日」ではなく、「今日」、必要であり、主の祈りは、毎日、唱えられ、毎日、赦し続けることが大切なのです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ5:14-6:9通読:イザヤ36

QT ネヘミヤ4:7-17イザヤ34

◎9月7日(木)
●QT ネヘミヤ4:7-17イザヤ34
●主題:戦い
●要約
敵の妨害によって民は落胆した。しかし、ネヘミヤは主に祈り、「敵を恐れるな」「神はわたしたちのために戦ってくださる」と励まし、民は再び城壁の修復を始める。

●今日御言葉
角笛の音を聞いたら、わたしたちのもとに集まれ。わたしたちの神はわたしたちのために戦ってくださる。(14節)

民はいつ敵が攻撃してくるか恐れていました。ネヘミヤは「敵を恐れるな。偉大にして畏るべき御名を唱え」(8節)、戦いに備えるように命じます。角笛は空襲警報のようなものです。私たちの人生にも戦いがあります。突然、敵(問題)が襲ってくることがあるのです。その時、角笛が鳴り響き、その敵に勝利するために共に集まり、祈りを結集するのです。その時、主も共に戦ってくださるのです。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ5:1-13通読:イザヤ35

QT ネヘミヤ3:28-4:6イザヤ33

◎9月6日(水)
●QT ネヘミヤ3:28-4:6イザヤ33
●主題:祈り
●要約
城壁の修復は順調に進み、半分まで築き終わる頃、敵の妨害が始まり、ネヘミヤたちは熱心に祈り、身が守られるように祈っていく。

●今日御言葉
わたしたちはわたしたちの神に祈り、昼夜彼らに対し、彼らから身を守るために警戒した。(3節)

民は働く意欲を持って、城壁の半分を修復していきます。しかし、敵の妨害も激しくなり、ネヘミヤたちは神に祈ります。悪魔は破れ口がふさがれることを忌み嫌い、いろんな手段を講じて、神との関係、人と関係、自分自身との関係が修復されないように「気づかれず、見つからないように侵入」(5節)し、働くのです。破れ口の修復には祈りが欠かせません。破れ口に立ち、関係の修復のために執り成し祈る人は幸いです。byバルナバnext:QTネヘミヤ4:7-23通読:イザヤ34

QT ネヘミヤ3:15-27イザヤ32

◎9月5日(火)
●QT ネヘミヤ3:15-27イザヤ32
●主題:家の前を補強せよ
●要約
修復工事、補強工事は続く。住民たちはそれぞれ自分の家、自分の区域の前の城壁を補強していく。

●今日御言葉
続いて、ビンヤミンとハシュブが自分の家の前を補強した。(23節)

住民たちは、巨大な城壁の修復に取りかかりましたが、まずは自分の家の前の城壁から修復を開始しました。家庭内の破れ口が修復されるように祈りましょう。自分自身の心の破れ口が修復されるように祈りましょう。「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある」(箴言4:23)。御言葉によって心を補強し、心の中にある神の神殿が守られ、家庭に祝福が注がれますように。byバルナバ

next:QTネヘミヤ3:28-4:6通読:イザヤ33

QT ネヘミヤ3:1-14イザヤ31

◎9月4日(月)
●QT ネヘミヤ3:1-14イザヤ31
●主題:城壁
●要約
ネヘミヤの呼びかけに応え、大祭司エルヤシブを中心に人々は城壁の再建に取りかかる。貴族たちは指導者たちの作業に服そうとしなかったが、住民たちは城壁を補強し、再建していく。

●今日御言葉
その傍らにはエリコの住民が一方に、イムリの子ザクルが他方にいて建築に携わった。(2節)

エルサレムの城壁の再建が始まりました。城壁は敵の攻撃から神殿を守るための防御柵です。破れ口を修復するために、住民たちは立ち上がり、自分のできるところから修復作業を始めました。私たちは神の神殿です。私たちの城壁に破れ口はないでしょうか。破れ口に立つ祈り。傍らに立って、互いに執り成し祈り、破れ口を修復し、敵(問題)に勝利していきましょう。今日も祝福がありますように。byバルナバnext:QTネヘミヤ3:15-27通読:イザヤ32

QT ネヘミヤ2:11-20イザヤ30

◎9月3日(日)
●QT ネヘミヤ2:11-20イザヤ30
●主題:神の時
●要約
ネヘミヤはエルサレムに帰還し、主から示されたことを誰にも告げず、城壁を調べていく。調べ終わったあと、ネヘミヤは城壁の再建を訴え、人々は奮い立ち、応じていくが、反対する者もいた。

●今日御言葉
神の御手が恵み深くわたしを守り、王がわたしに言ってくれた言葉を彼らに告げると、彼らは「早速、建築にとりかかろう」と応じ、この良い企てに奮い立った。(18節)

リバイバル新聞に「忍耐とは、自分のタイミングに死ぬことだ」という言葉がありました。ネヘミヤは神のタイミングに生きた人でした。神が与えるタイミングに備えて生きた人でした。すべての事には時があります。今日は日曜日です。共に主を見上げて礼拝を捧げていきましょう。byバルナバnext:QTネヘミヤ3:1-14通読:イザヤ31

QT ネヘミヤ2:1-10イザヤ29

◎9月2日(土)
●QT ネヘミヤ2:1-10イザヤ29
●主題:神の御手
●要約
ネヘミヤが暗い表情をしているのを見て、王はネヘミヤの悩みを聞く。ネヘミヤは神に祈って、王に自分の思いを伝える。王は願いを聞き入れ、書状を書いてネヘミヤを町の再建のために帰還させていく。


●今日御言葉
神の御手がわたしを守ってくださったので、王はわたしの願いをかなえてくれた。(8節)

ネヘミヤは祖国の惨状を聞いて以来、悩みと悲しみの日々を過ごしていました。ネヘミヤの悲しみを見抜いた王は、ネヘミヤの悩みを知り、ネヘミヤの願いを実現するために協力していきます。思いがけず道が開かれたネヘミヤは、神様の御手に守られている自分を発見するのです。神様の御手は、思いがけない人を動かして、願いを実現へと至らせてくださるのです。主の御手に守られる人は幸いです。今日も祝福を祈ります。byバルナバnext:QTネヘミヤ2:11-20通読:イザヤ30

QT ネヘミヤ1:1-11イザヤ28

◎9月1日(金)
●QT ネヘミヤ1:1-11イザヤ28
●主題:涙の祈り
●要約
ネヘミヤは、エルサレムの城壁が崩され、民が恥辱されている様子を聞いて、主の前で涙を流し、断食し、自分たちの罪を告白し、憐れみを求めて執り成し祈っていく。

●今日御言葉
これを聞いて、わたしは座り込んで泣き、幾日も嘆き、食を断ち、天にいます神に祈りをささげた。4節)

今日から御言葉メールを再開します。ネヘミヤ記に入ります。ネヘミヤは同胞の苦しみと城壁の崩壊の知らせを受けた時、ただちに涙を流し、神の憐れみを求めて祈り始めました。この涙の祈りがネヘミヤ自身の心を動かし、ネヘミヤは城壁修復のために立ち上がっていくのです。祈りに導かれる人は幸いです。主はその人を用いて、御業を行われるからです。今日も祝福を祈ります。byバルナバnext:QTネヘミヤ2:1-10通読:イザヤ29
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30