FC2ブログ

QT ゼファニア1:14-2:4箴言12

◎6月27日(火)
●QT ゼファニア1:14-2:4箴言12
●主題:主を求めよ
●要約
主の日は近い。それは憤りの日、苦しみと悩みの日、荒廃と滅亡の日、闇と暗黒の日、雲と濃霧の日であり、金銀には救い出す力はないが、主を求める者にはかすかな希望が残されている。

●今日御言葉
金も銀も彼らを救い出すことはできない。(18節)

私たちにとって、死は人生の終末であり、主の日です。

金銀はこの日が訪れるのを防ぐことも、救い出す力もありません。

「主を求めよ」(3節)。

その日には、主を求めること以外に救いの道はないのです。

「ひとつのことを主に願い、それだけを求めよう。命のある限り、主の家に宿り、主を仰ぎ望んで喜びを得、その宮で朝を迎えることを。」(詩編27:4)。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

next:QTゼファニア2:5-15通読:箴言13
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -