FC2ブログ

QT ホセア11:1-11箴言7

◎6月22日(木)
●QT ホセア11:1-11箴言7
●主題:神の愛
●要約
神はイスラエルをエジプトから呼び出し、子とし、支え、教え、癒し、導き、育んできた。しかし、彼らは主から離れ、主に立ち帰ることを拒み、主の裁きを招いた。それでもなお主はイスラエルを見捨てることができず、彼らが帰ってくるのを憐れみながら待っている。

●今日御言葉
ああ、エフライムよ、お前を見捨てることができようか。(8節)

神の裁きは、神がイスラエルを見捨てたことを意味しません。

神様は愛する子を決して見捨てられず、憐れみによって苦悶されているのです。

キリストの十字架は、この神の痛みの象徴です。

この十字架の愛、神の憐れみの故に、主を裏切り、罪を犯し、神から離れてしまった人でも、主の声を聞き、神の家に帰ることのできる道が用意されているのです。

キリストこそがその道なのです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:QTホセア12:1-14通読:箴言8
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -