FC2ブログ

QT ホセア3:1-4:6詩編148

◎6月13日(火)
●QT ホセア3:1-4:6詩編148
●主題:先行する愛
●要約
主はホセアに淫行の妻ゴメルを愛し、代価を支払って買い取り、自らのもとにとどまらせるように命じた。ホセアは自らの体験を通し、神のイスラエルに対する深い愛と回復への願いとを知り、イスラエルの民に主の言葉を語り始める。

●今日の御言葉
その後、イスラエルの人々は帰ってきて、彼らの神なる主と王ダビデを求め、終わりの日に、主とその恵みに畏れを持って近づく。(5節)

主はホセアに姦淫の妻を愛し、赦し、

家に連れ帰るように命じました。

主の愛と赦しは、悔い改めに先立つものです。

放蕩息子の父親は、彼が帰ってくる前から、

先に愛し、帰りを待ち続けました。

先に愛されているからこそ、

「その後」の恵みを、放蕩息子は体験したのです。

先に愛されていることを知り、

主に立ち帰り、求め、主に近づく人は幸いです。

今日も祝福を祈ります。byバルナバ

next:QTホセア4:7-19通読:詩編149
スポンサーサイト



プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -