FC2ブログ

ゼカリヤ14:12-21「残りの者」

◇2016年5月31日(火)
●ゼカリヤ14:12-21「残りの者」
●御言葉
エルサレムを攻めたあらゆる国から/残りの者が皆、年ごとに上って来て/万軍の主なる王を礼拝し、仮庵祭を祝う。(14:16)
●黙想
今日でゼカリヤ書は終わります。

イスラエルの民は神殿を汚し、礼拝する場所を失いましたが、

再び神殿は再建され、聖別され、礼拝が回復します。

残りの者とは、主に贖われ、救われ者たちです。

その日には、残りの者が皆、「主に聖別されたもの」となり、礼拝を捧げ、主を喜び祝います。

「皆」です。

すべての人が皆、主を崇める日が来る。

それが「その日」です。

あなたは「その日に」に備えて生きていますか。

主に贖われ、週毎に礼拝を捧げ、主が来られるその日を待ち望む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextネヘミヤ記1:1-11
スポンサーサイト

ゼカリヤ14:1-11「唯一の御名」

◇2016年5月30日(月)
●ゼカリヤ14:1-11「唯一の御名」
●御言葉
主は地上をすべて治める王となられる。その日には、主は唯一の主となられ/その御名は唯一の御名となる。(14:9)
●黙想
その日は、キリストの到来によって始まり、キリストの再臨によって完成します。

すべてのクリスチャンに共通することは、イエスの御名を信じ、崇め、治められていることです。

教会はやがて完成する神の国のひな型であり、地上において天国を味わうことのできる世界です。

なぜなら天国(神の国)は、唯一なる主が支配される世界だからです。

神に治められて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Nextゼカリヤ14:12-21

ゼカリヤ13:1-9「聖め」

◇2016年5月29日(日)
●ゼカリヤ13:1-9「聖め」
●御言葉
その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれる。(13:1)
●黙想
神殿が建て直されると、

エゼキエルが見た幻(47章)の如く、

泉が開かれ、罪と汚れが清められていきます。

キリストは十字架と復活によって、神殿を建て直されました。

誰でもキリストを信じるならば、神の神殿となり、

聖霊が住み、命の水が泉のように湧き出るようになります。

「知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。」(一コリント6:19-20)。

今日は聖なる日です。

主の血潮(十字架)で罪と汚れが清められたことを感謝し、

主の油注ぎ(聖霊)によって、聖化され、神の栄光を表す人となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Nextゼカリヤ14:1-11
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -