FC2ブログ

ヤコブ4:1-10「神に近づく」

◇2019年4月27日(土)
●ヤコブ4:1-10「神に近づく」

4:7 だから、神に服従し、悪魔に反抗しなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げて行きます。
4:8 神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます。罪人たち、手を清めなさい。心の定まらない者たち、心を清めなさい。

●黙想
誰に近づき、誰に反抗し、誰に従うかで、人生の明暗は分かれます。

かつてイスラエルの民は、偶像や諸外国に頼り、近づき、ひれ伏し、神に逆らいました。

その結果、国は滅び、神殿は破壊され、捕囚の民とな、暗黒の日々を過ごします。

主は預言者エレミヤを通し彼らに言いました。

「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。わたしを尋ね求めるならば見いだし、心を尽くしてわたしを求めるなら、わたしに出会うであろう、と主は言われる。」(エレミヤ29:11-13)。

大切なことは、主に近づき、ひれ伏し、祈り求めることです。

明日は日曜日です。

主に近づき、ひれ伏し、主に従う者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヤコブ4:11-17

ヤコブ3:1-18「言葉を制御する」

◇2019年4月26日(金)
●ヤコブ3:1-18「言葉を制御する」

3:2 わたしたちは皆、度々過ちを犯すからです。言葉で過ちを犯さないなら、それは自分の全身を制御できる完全な人です。

●黙想
口は災いの元です。

言わなければ良かったと後悔することがありませんか。

失言によって地位を失う大臣もいます。

ユダヤの格言に「人間は口によって滅びることはあるが、耳によって滅びた者はいない。」

「捕まえた鳥を逃がしても、また捕まえられるかもしれない。

だが、一度発した言葉を取り返すことはできない」とあります。

言葉は心の声であり、心を守ることが大切なのです。

御言葉と御霊によって心を守り、言葉を制御する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヤコブ4:1-10

ヤコブ2:14-26「生きた信仰」

◇2019年4月25日(木)
●ヤコブ2:14-26「生きた信仰」

2:14 わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか。
2:15 もし、兄弟あるいは姉妹が、着る物もなく、その日の食べ物にも事欠いているとき、
2:16 あなたがたのだれかが、彼らに、「安心して行きなさい。温まりなさい。満腹するまで食べなさい」と言うだけで、体に必要なものを何一つ与えないなら、何の役に立つでしょう。
2:17 信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。


●黙想
信仰は名詞ではなく、動詞です。

生きている信仰には行動が伴います。

アブラハムは神を信じ、従いました。ここに祝福があります。

行いの伴わない信仰は、種を持っていながらも、蒔かない人です。

いくら待っても、実を結ぶことはないのです。

主と主の言葉に従い、御心を行う人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヤコブ3:1-18
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -