FC2ブログ

歴代誌下15:1-7「約束」

◇2018年11月16日(金)
●歴代誌下15:1-7「約束」

●御言葉

15:7 しかし、あなたたちは勇気を出しなさい。落胆してはならない。あなたたちの行いには、必ず報いがある。

●黙想
アザルヤは主の言葉をアサ王に伝えます。

「あなたたちが主とともにいるなら、主も共にいてくださる。主を求めるなら、主は御自分を示してくださる。しかし、主を捨てるなら、主も捨て去られる。あなたたちは主に立ち帰って、主に求めたので主は必ず報いてくださる。だから落胆せず、勇気を出しなさい。」と。

このアザルヤの言葉は、主を信じる者に対する約束の御言葉です。

あなたが主と共にいて、主を求め続けるなら、たとえ現実がどんなに厳しくても未来は開かれます。

主は必ずあなたに報いて下さいます。

主の約束を信じ、希望を抱いて歩める人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下15:8-19
スポンサーサイト

歴代誌下13:23-14:14「平穏」

◇2018年11月15日(木)
●歴代誌下13:23-14:14「平穏」

●御言葉

14:4 アサはまたユダのすべての町から聖なる高台と香炉台を取り除いた。こうして彼の統治の下で国は平穏であった。
14:5 主が安らぎを与えられたので、その時代この地は平穏で戦争がなかった。そこで彼は、ユダに砦の町を次々と築いた。

●黙想
アビヤの時代は戦争が絶えませんでした。

アサが王になると一転、国は争いがなく、平穏になりました。

アサが主の目に良いことを行い、偶像を撤去し、主を求め、律法と戒めとを守るように命じ、民が従ったからです。

平穏な日々、平安な心を保つ秘訣は、主の目にかなう生き方をすることです。

主を求める人は心に安らぎを得て、平穏な日々を過ごします。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下:15:1-7

歴代誌下13:13-22「助け」

◇2018年11月14日(水)
●歴代誌下13:13-22「助け」

●御言葉

13:14 ユダの人々が見回すと、前方にも後方にも戦いが迫っていたので、主に助けを求めて叫び、祭司たちはラッパを吹いた。
13:15 そしてユダの人々は鬨の声をあげた。ユダの人々が鬨の声をあげると、神はアビヤとユダの人々の目の前でヤロブアムとイスラエルのすべての兵を撃退された。


●黙想
南北戦争が起こります。

軍事力でまさる北イスラエルは、南ユダを挟み撃ちにし、アビヤは窮地に立たされます。

その時、ユダの民は、主に助けを求めて叫び、祭司たちはラッパを吹き鳴らし、鬨の声を上げます。

すると、主が立ち上がり、彼らの目の前でヤロブアムが率いる軍が撃退されたのです。こ

れと同じような話が聖書にはたくさん出て来ます。

主は助け主です。

主は今も、主に祈りと讃美を捧げる者の叫びを聞いてくださるお方です。

主に祈り、叫び、助けられる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下13:23-14:14
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -