FC2ブログ

歴代誌下32:1-23「信仰」

◇2018年12月18日(火)
●歴代誌下32:1-23「信仰」

●御言葉

32:7 「強く雄々しくあれ。アッシリアの王とその全軍団を見ても、恐れてはならない。おじけてはならない。我々と共においでになる方は、敵と共にいる者より力強い。
32:8 敵には人の力しかないが、我々には我々の神、主がいて助けとなり、我々のために戦ってくださる。」民はユダの王ヒゼキヤの言葉に力づけられた。

●黙想
ヒゼキヤの改革により、ユダの国は信仰が立て直されました。

すると、彼らの信仰が試されるような出来事が起こります。

アッシリア軍が攻め上ってきたのです。

この時、ヒゼキヤは、主に依り頼み、民を励まし、預言者イザヤと共に主に祈ります。

すると、主は御使いを遣わし、アッシリア軍を滅ぼされたのです。

主はあなたの救い主であり、助け主です。

大切なことは、主と主の言葉に信頼し、祈ることです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下32:24-33
スポンサーサイト

詩編90:1-16「主の家」

◇2018年10月1日(月)
●詩編90:1-16「主の家」

●御言葉

90:1 【祈り。神の人モーセの詩。】主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。

●黙想
今日から、詩編第四巻、90編~106編までを黙想します。

新改訳では「主よ。あなたは代々にわたって私たちの住まいです」と訳されます。

これはモーセの告白であり、主を信じ、主と共に生きる者たちの告白です。

主の家には、愛があり、温もりがあります。

身も心も魂も、安らぎ、疲れが癒され、ホッとする場所。

それが神の家、教会であり、私たちが宿るところです。

教会は、この世の天国であり、やがて天の故郷に帰ります。

キリストは、私たちのために場所を備え、迎えに来て下さるのです。

今も後もとこしえに主の家に住む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編91:1-16

歴代上29:21-30「礼拝」  

◇2018年9月30日(日)
●歴代上29:21-30「礼拝」  
●御言葉

29:28 彼は高齢に達し、富と栄光に恵まれた人生に満足して死に、彼に代わって息子のソロモンが王となった。

●黙想
今日で歴代誌上が終わります。

ダビデは、少年時代から主と共に歩み、最後は、満ち足りて世を去りました。

ダビデの人生は、礼拝が中心でした。

いつも祈り、どんな時でも主を讃美し、礼拝を捧げました。

満ち足りた人生を歩む秘訣は、礼拝にあります。

今日は日曜日です。

主を崇め、祈りと讃美を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。
byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -