使徒言行録18:1-8「恐れるな」

◇2018年7月20日(金 )
●使徒言行録18:1-8「恐れるな」

18:9 ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。
18:10 わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」

●黙想
聖書には「恐れるな」という、主の言葉が繰り返し登場します。

それほど、私たちは恐れやすい存在なのです。

パウロも同じでした。

彼は、コリントの町で福音を語りながら、心に恐れが来ました。

主はパウロに、「恐れるな。わたしがあなたと共にいる」と語り、励ましたのです。

主はあなたと共にいます。

だから恐れる必要はないのです。

教会は主が共にいる人々の集まりであり、あなたの仲間は大勢います。

天の軍勢もあなたの味方であり、

何よりも、主御自身があなたの味方なのです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録18:9-17
スポンサーサイト

使徒言行録17:24-34「造り主」

◇2018年7月19日(木)
●使徒言行録17:24-34「造り主」

17:24 世界とその中の万物とを造られた神が、その方です。この神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません
●黙想
造り主なる神を知ると、価値観、人生観が変わり、生き方が変化します。

ギリシャ人は日本人に似て、多神教信者でした。

パウロはギリシャ人が「知られざる神に」という祭壇を築き、拝んでいる姿を見て、

彼らが知らずに拝み、求めている神を教えたのです。

造り主(父なる神)が分かれば、救い主(子なる神)が分かり、

救い主が分かれば、助け主(聖霊なる神)が分かります。

父・子・聖霊なる神を信じ、神と共に生きる。

これがクリスチャンライフです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録15:1-8

使徒言行録17:18-23「神」

◇2018年7月18日(水)
●使徒言行録17:18-23「神」

17:16 パウロはアテネで二人を待っている間に、この町の至るところに偶像があるのを見て憤慨した。

●黙想
本物がなければ偽物はありません。

100万円の偽札などありません。

本物が存在しないからです。

世の中に偶像が出回ることは、本物の神がおられるからです。

法律で偽札を作ることが禁じられているように、律法で偶像を造ることが禁じられています。

パウロはアテネの町のいたるところに偶像があるのを見て憤慨し、彼らに本当の神を紹介します。

銀行員が本物のお札を見て、触れ続けることで、偽札を見分けるように、

まことの神を崇め、主の言葉に触れ、主だけを信じて生きる。

これが神の祝福に与る秘訣です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ Next:使徒言行録17:24-34
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -