FC2ブログ

二コリント13:1-13「祝福」

◇2018年3月25日(日)
●二コリント13:1-13「祝福」

13:11 終わりに、兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。

●黙想
パウロは、最後に五つのことを命じて筆を置きます。

「そうすれば」と、御言葉に従う者に与えられる祝福を教えています。

コリントの教会は、祝福を失っていました。

神が共にいるのに、愛と平和を喪失していたのです。

神の言葉(命令)に従わなければ、祝福は呪いに変わる。

これはイスラエルの歴史が証明しています。

祝福を失っても神は共にいる。

これが神の恵みであり、これまたイスラエルの歴史が証明しています。

大切なことは、主に立ち帰り、主の言葉に従うことなのです。

これが祝福された人生の秘訣です。

今日は日曜日です。

礼拝を捧げることも、「そうすれば」の祝福の一つです。

今週も御言葉に従い、祝福に満ちた一週間となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:マルコ14:1-9
スポンサーサイト

二コリント12:11-21「証し」

◇2018年3月24日(土)
●二コリント12:11-21「証し」

12:12 わたしは使徒であることを、しるしや、不思議な業や、奇跡によって、忍耐強くあなたがたの間で実証しています。

●黙想
クリスチャンであることは、どのように実証されますか。

パウロは、今も生きて働く神(復活の主)を信じ、御言葉に従って行動します。

すると、しるしや、不思議な業や、奇跡、つまり神の御業が起こり、

これらの証しと共に、忍耐強く福音を伝え、

多くの人々が主を崇め、信じ、各地に教会が誕生したのです。

今も、同じことは起こります。

使徒の働きは継続しています。

あなたの上にも、神の御業が起こされ、

証しと共に、福音を伝える者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:二コリ13:1-13

二コリント12:1-10「恵み」

◇2018年3月23日(金)
●二コリント12:1-10「恵み」

12:9 すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。

●黙想
キリストの力は弱さの中で発揮されます。

パウロは、身にとげが刺さるような病気を患い、必死で主に祈り、主の声を聞きます。

主の言葉は、普遍です。

今も弱さを覚え、助けが必要なすべての人に向かって語られています。

すでに神の恵みは用意されました。

イエス・キリストは神の恵みであり、キリストの力は聖霊です。

パウロはこの恵みを受け取り、恵みの力によって強くされました。

あなたの弱さを通し、神の力が解き放たれ、御名が崇められますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:二コリント12:11-21
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -