FC2ブログ

エゼキエル48:23-35「アドナイ・シャマ」

◇2016年4月30日(土)
●エゼキエル48:23-35「アドナイ・シャマ」
●御言葉
都の周囲は一万八千アンマである。この都の名は、その日から、「主がそこにおられる」と呼ばれる。(48:35)
●黙想
主はどこにおられますか。

エゼキエル書の最後の言葉です。

都が回復し、「アドナイ・シャマ」(主がそこにおられる)と呼ばれます。

「神がもう立ち去らず、永遠にそこにおられる」という約束です。

この預言は、イエス・キリストが来られた時から始まり、終わりの日に成就します。

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも苦労もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」(黙示録21:3-4)。

主があなたの中に住み、永遠に主と共に生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
スポンサーサイト

エゼキエル48:1-22「祭司」

◇2016年4月29日(金)
●エゼキエル48:1-22「祭司」
●御言葉
この聖別された土地は祭司たち、つまりツァドクの子孫である祭司のものである。彼らはイスラエルの子らが迷ったとき、レビ人たちが迷ったように迷うことなく、わたしの務めを守った。(48:11)
●黙想
何が起ころうとも、主から目を離さないでください。

イスラエルの子らが迷い出たとき、

彼らを正しい道へと導くべき存在であるレビ人たちも一緒に迷いました。

しかし、ツァドクの子孫である祭司たちは、主の務めを守り抜いたのです。

あなたにも祭司の務めが委ねられています。

「主人が帰ってきたとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。はっきり言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるに違いない」(マタイ24:46-47)

主が来られる日まで、忠実に務めを果たす人が受ける人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

エゼキエル47:13-23「境界線」

◇2016年4月28日(木)
●エゼキエル47:13-23「境界線」
●御言葉
主なる神はこう言われる。「あなたたちが、イスラエルの十二部族に土地を嗣業として割り当てるときの境界線は、次のとおりである。ヨセフの割り当て地は二倍である。(47:13)
●黙想
境界線を守ることは、平和の維持には不可欠です。

すべてのものが回復し、12部族に土地が再分配され、イスラエルに平和が訪れます。

境界線を破らない。

これは国同士、人間同士、さらに神とも、平和に過ごす秘訣です。

罪とは境界線を踏み越え、関係を失った状態を意味します。

人間が境界線を破り、他者の領域を侵すと、他者との関係を失います。

人間が神の領域を侵し、神を神とせず、己を神として生きる時、神との関係を失います。

神の国に生きる人は、境界線を守る人です。

「平和を実現する人々は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5:9)。

すべての人と平和に暮らす人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -