FC2ブログ

イザヤ11:1-9「若枝」

◇2018年12月22日(土)
●イザヤ11:1-9「若枝」

●御言葉

11:1 エッサイの株からひとつの芽が萌えいで/その根からひとつの若枝が育ち
11:2 その上に主の霊がとどまる。

●黙想
イスラエルはエッサイの子ダビデによって大きくなり、栄えました。

しかし、イスラエルは主の目に悪を行い、国を失ってしまいます。

その姿はまるで切り株のようでした。

預言者イザヤは、その切り株から若枝が育ち、その上に主の霊がとどまると預言しました。

この預言が成就し、ダビデの子孫から救い主が生まれた。

これがクリスマスの出来事です。

主の言葉は必ず成就します。

主が語られたことは必ず成就すると信じる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:ルカ1:26-38
スポンサーサイト

イザヤ66:15-24「神の国」

◇2018年5月20日(日)
●イザヤ66:15-24「神の国」

66:22 わたしの造る新しい天と新しい地が/わたしの前に永く続くように/あなたたちの子孫とあなたたちの名も永く続くと/主は言われる。
66:23 新月ごと、安息日ごとに/すべての肉なる者はわたしの前に来てひれ伏すと/主は言われる。

●黙想
今日でイザヤ書が終わります。

黙示録と同じ預言が語られます。

世の終わりには、神の裁きが行われ、新しい天と地が造られます。

これが永遠の神の国(天国)です。

イエス・キリストは、私たちのために住む場所を用意し、再び帰って来られるのです。

今日はペンテコステ(聖霊降臨日)です。

弟子たちの上に聖霊が降り、教会がスタートしたことを記念する日です。

主が再び来られる日まで、主の前に集まり、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編81:1-16

イザヤ66:1-14「愛」

◇2018年5月19日(土)
●イザヤ66:1-14「愛」

66:13 母がその子を慰めるように/わたしはあなたたちを慰める。エルサレムであなたたちは慰めを受ける。

●黙想
人はみな、愛が必要です。

愛を求めます。

幼子が母親の愛と慰めが必要なように、

神に慰められ、愛される必要があります。

主はイスラエルをわが子のように愛し、慰めました。

イエス様と出会うと、愛と慰めを受け、

愛することを学び、愛をもって生きる者へと変えられていきます。

互いに愛し合う。

これが神様の御心です。

「愛をもって生きていこう」(作詞・作曲:長沢崇史)

♪愛をもって生きていこう/たがいに手をとりあって

イエスのため生きていこう/愛の光のなかを

わたしの人生は愛が満ちあふれる

愛し合う心をイエスはおしえてくれた♪


神に愛され、神を愛し、自分を愛し、隣人を愛し、

互いに愛し合って生きる者は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ66:15-24
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -