FC2ブログ

イザヤ9-1-7「光」

◇2019年12月22日(日)

●イザヤ9-1-7「光」

9:1 闇の中を歩む民は、大いなる光を見/死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。

●黙想
当時、イスラエルの民は、闇の中を歩み、死の陰の地に住む者のようでした。
その暗闇の世界に、主の言葉が語られます。
光(キリスト)の到来を告げ知らせる言葉です。
彼らは、主の約束を信じ、主を待ち望んだのです。

信仰とは、主の約束を信じ、主の到来を待ち望むことです。
主はかつて来られ、やがて来られ、今も来られます。

今日は日曜。クリスマス礼拝が各地で行われます。
大いなる光の到来(キリストの降誕)を喜び祝い、礼拝を捧げましょう。
今日も祝福がありますように。byバルナバNext:マタイ1:18-25
スポンサーサイト



イザヤ53:1-9「キリストの十字架」

◇2019年4月20日(土)
●イザヤ53:1-9「キリストの十字架」

53:4 彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。
53:5 彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって/わたしたちに平和が与えられ/彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。
53:6 わたしたちは羊の群れ/道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。そのわたしたちの罪をすべて/主は彼に負わせられた。


●黙想
イザヤ書53章はキリストの十字架が暗示(預言)されています。

キリストが十字架にかかられたのは、私たちの背き、咎のためです。

キリストが受けた懲らしめ(裁き)によって、私たちは平和(赦し)が与えられ、

キリストの受けた傷によって、心と体と魂(人生)が癒されるのです。

キリストは、私たちの罪を担って死なれ、三日目に甦られました。

主は今も生きておられます。

明日は復活祭(イースター)です。

復活の主を喜び、共に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:マタイ28:1-10

イザヤ11:1-9「若枝」

◇2018年12月22日(土)
●イザヤ11:1-9「若枝」

●御言葉

11:1 エッサイの株からひとつの芽が萌えいで/その根からひとつの若枝が育ち
11:2 その上に主の霊がとどまる。

●黙想
イスラエルはエッサイの子ダビデによって大きくなり、栄えました。

しかし、イスラエルは主の目に悪を行い、国を失ってしまいます。

その姿はまるで切り株のようでした。

預言者イザヤは、その切り株から若枝が育ち、その上に主の霊がとどまると預言しました。

この預言が成就し、ダビデの子孫から救い主が生まれた。

これがクリスマスの出来事です。

主の言葉は必ず成就します。

主が語られたことは必ず成就すると信じる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:ルカ1:26-38
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29