FC2ブログ

フィリピ4:4-9「御心」

◇2017年12月30日(土)
●フィリピ4:4-9「御心」

4:9 わたしから学んだこと、受けたこと、わたしについて聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神はあなたがたと共におられます。

●黙想
スコットランドの思想家・トーマス・カーライルは言いました。

「その思想がたとえ高潔なものであっても、人間の最終目標は思想ではなく行動である」と。

QTも同じです。

聖書を読み、御言葉を黙想し、

御心(父の心)を知ること、御心を学ぶことは大切です。

しかし、最も大切なことは、御心を行うことです。

父の心という讃美があります。


♪父の心 あるところに 我が心 あるように

父の涙があるところに 我が涙があるように

父の見てる 一人の魂に 我が目もあるように

父が憐れむ暗闇の地に 我が足が向かうように

我が心 父の思い知り 御心と一つになるように

我がすべて父の思い知り 御心を歩めるように。


この讃美があなたの祈りとなり、あなたの姿となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
Next:エフェソ6:10-18
スポンサーサイト

フィリピ4:14-23「天の宝」

◇2015年9月11日(金)
●フィリピ4:14-23「天の宝」
●御言葉
わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。
(4:19)

●黙想
天の宝は朽ちることなく、無尽蔵です。

パウロは天に宝を積む人であり、

天の宝を受ける人でした。

天に宝を積む人は、

世のため、人のため、神のために捧げる人であり、

天の宝を受ける人は、

神様から全ての必要を満たされる人です。

自分のために宝を積む人は、心が貧しくなり、

天に宝を積む人は、心が豊かになり、

満ち足りた人生を歩むことができます。

受けるよりは与えるほうが幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

フィリピ4:8-13「満足」

◇2015年9月10日(木)
●フィリピ4:8-13「満足」
●御言葉
物欲しさにこう言っているのではありません。わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています。わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。(4:11-13)
●黙想
置かれた場所に満足し、

置かれた場所に花を咲かせていますか。

パウロは牢獄の中にあっても、喜びました。

主が共におられ、力づけられたからです。

パウロは状況に支配されるのではなく、

状況を支配して生きる人でした。

富に支配されず、主に支配される人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -