FC2ブログ

フィリピ4:14-23「惜しみなく」

◇2019年8月11日(日)
●フィリピ4:14-23「惜しみなく」

4:19 わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。

●黙想
パウロが信じている神様は、恵み豊かな神様です。

キリスト・イエスによって、必要なものをすべて満たして下さる方です。

惜しみなく捧げる人は、惜しみなく与えられます。

これが神の祝福です。

パウロは惜しみなく与え、惜しみなく与えられた人です。

今日は日曜日です。

主を喜び、主に感謝を捧げる日です。

今週も、惜しみなく与え、すべての必要が満たされますように。

御名によって祝福します。byバルナバNext:レビ記1:1-17
スポンサーサイト



フィリピ4:8-13「境遇に満足する」

◇2019年8月10日(土)
●フィリピ4:8-13「境遇に満足する」

4:11 物欲しさにこう言っているのではありません。わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。
4:12 貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています。


●黙想
パウロは貧しい時代も豊かな時代も経験しました。

貧しくても卑屈にならず、豊かになっても身を持ち崩すことはありませんでした。

それは、イエス・キリストを知り、キリスト共に生き、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。

人の幸せは、境遇ではなく、境遇に対する態度で決まるのです。

パウロは、どんな境遇にあっても、満ち足りる秘訣、幸せに生きる秘訣を知っていました。

その秘訣とは、主への感謝であり、主を喜び、讃美することです。

明日は日曜日です。

感謝と喜びをもって、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:フィリピ4:14-23

フィリピ4:1-7「委ねる」

◇2019年8月9日(金)
●フィリピ4:1-7「委ねる」

4:6 どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。
4:7 そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

●黙想
イエス様は「明日のことまで思い悩むな」(マタイ6:34)と言い、

ペトロは「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。」(一ペトロ5:7)と言い、

パウロは「思い煩うのはやめ、神に打ち明けなさい」と言いました。

思い煩うと、心が二つに分かれ、不安になります。

主に感謝し、祈ると、心が一つになり、平安が訪れます。

明日のことは、何もかも、主に任せ、日々、主に祈り、御言葉に導かれて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:フィリピ4:8-13
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -