FC2ブログ

サムエル下24:15-25「礼拝」

◇2014年6月22日(日)
●サムエル下24:15-25「礼拝」
●御言葉
そこに主のための祭壇を築き、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。主はこの国のために祈りにこたえられ、イスラエルに下った疫病はやんだ。(24:25)
●黙想
礼拝と祈りはセットです。

ダビデは悔い改め、国のために執り成し祈りました。

ただ祈るだけではなく、代価を払い、主のための祭壇を築き、礼拝を捧げました。

すると、主はダビデの祈りにこたえ、イスラエルを疫病から救われたのです。

今日は日曜日です。

主を崇め、礼拝を捧げる日です。

主の臨在のあるところに主の御業が起こります。

主があなたの祈りに応えてくださるように。

御名によって祝福します。byバルナバ
スポンサーサイト

サムエル下24:1-14「拠り所」

◇2014年6月21日(土)
●サムエル下24:1-14「拠り所」
●御言葉
民を数えたことはダビデの心に呵責となった。ダビデは主に言った。「わたしは重い罪を犯しました。主よ、どうか僕の悪をお見逃しください。大変愚かなことをしました。」(24:10)
●黙想
何を頼りに生きていますか。

ダビデは神を拠り所に生きてきましたが、

民が増し加わり、いつの間にか、神よりも人に頼るようになっていました。

主はダビデの心を知り、民の数を数えさせます。

民の数を聞いた時、ダビデの心に呵責が起こり、

神よりも人を頼りにしている己の姿に気づいて、悔い改めるのです。

数が増し加えられたのは、ダビデが神を拠り所として生きたからです。

苦しい時も、平安なときも、主を拠り所とし、

神の恵みを数え、御名を崇め、感謝しつつ歩む者でありますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

サムエル下23:13-39「勇士」

◇2014年6月20日(金)
●サムエル下23:13-39「勇士」
●御言葉
三十人の頭の中の三人が、刈り入れ時にアドラムの洞窟にいるダビデを訪ねて来たことがあった。(23:13)
●黙想
命がけで仕える人はいますか。

ダビデの三勇士と呼ばれた人々は、

危険を顧みずダビデを訪ね、

命がけで彼のために水を運んで来ました。

キリストは仕えるために来られ、

あなたのために血を流し、

命の水(救い)を運んでくれました。

キリストに仕え、命の水を運ぶ。

これがクリスチャンの使命です。

洞窟(暗闇)の中にいる人々を訪ね、

命の水(救い)を届けるキリストの勇士となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -