ヨハネ20:19-29「一緒」

◇2018年4月1日(日)
●ヨハネ20:19-29「一緒」

20:26 八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように」と言われた。

●黙想
ハッピーイースター。

弟子たちが一緒に集まってるところに、復活の主が現れます。

彼らは主の傷跡を示され、主を見て、喜びます。

八日後、トマスも一緒にいるところに、再び復活の主は現れます。

主は復活し、今も生きて働いておられます。

大切なことは、主の名によって一緒に集まることです。

集まり続けることです。

そうすれば、主が自らを示し、平安と喜びに満たされます。

今日は日曜日です。

教会はキリストの体であり、一緒に集まる場所です。

今日も一緒に集まり、平安と喜びに満たされ、

聖霊の力を受け、信じない者ではなく、信じる者になり、

見なくても信じる者に変えられていきますように。

御名によって祝福します。

明日からイザヤ書の後編になります。byバルナバ

Next:イザヤ40:1-8
スポンサーサイト

ヨハネ19:31-42「埋葬」

◇2018年3月31日(土)
●ヨハネ19:31-42「埋葬」

19:40 彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。

●黙想
埋葬の習慣は、国によって異なります。

信仰によって葬儀の習慣も異なります。

イエス様はユダヤ人であり、ユダヤ人の習慣に従って埋葬されました。

死んだ後、どこに埋葬されるか、どのように葬られるかが重要ではありません。

死ぬ前に何を信じ、どこに行くのかが重要です。

イエス様は三日目に墓の中から甦り、天に昇っていきました。

クリスチャンは主に倣う者です。

私たちも主と同じように復活し、天に召され、神の御許に行く。

これが復活信仰です。

明日は復活祭です。

人生のゴールは埋葬ではなく、復活による天国です。

主の復活を信じ、死者の復活を信じ、天国が備えられている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヨハネ20:19-29

ヨハネ13:3-15「後で分かる」

◇2018年3月28日(水)
●ヨハネ13:3-15「後で分かる」

13:7 イエスは答えて、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。
13:8 ペトロが、「わたしの足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。

●黙想
「後で、分かるようになる」。

私が座右の銘にしている御言葉の一つです。

ペトロは、なぜイエス様が自分たちの足を洗われるのか分かりませんでした。

イエス様がなされたことも、イエス様が言われたことも、

すべて後で分かるようになります。

弟子たちは、キリストの十字架と復活を体験し、

一つ一つの意味を理解していくのです。

神様のなさること、言われたことは、後で分かるようになります。

大切なことは、主に足(罪)を洗っていただき、神と関係を持つことです。

これが洗礼の意義です。

信仰生活は、後で分かることの連続です。

恵みは後になればなるほど大きくなります。

イエス様と関わって歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:マタイ26:36-46
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -