FC2ブログ

詩編107:1-22「御言葉」

◇2018年10月26日(金)
●詩編107:1-22「御言葉」

●御言葉

107:19 苦難の中から主に助けを求めて叫ぶと/主は彼らの苦しみに救いを与えられた。
107:20 主は御言葉を遣わして彼らを癒し/破滅から彼らを救い出された。


●黙想
主は御言葉を遣わし、イスラエルの民を癒し、救い出しました。

キリスト(救い主)は神様が遣わされた御言葉です。

キリストを受け入れる人は癒しと救いを体験し、神の子となる資格が与えられます。

「しかし、言は、自分を受け入れる人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」(ヨハネ1:17)。

この御言葉は真実です。

誰でも、主が遣わした御言葉を信じ、受け入れるならば、神の子とされ、癒しと救いを受けます。

神の子とされ、日々、御言葉によって神の子に相応しい者へと変化する人。

それがクリスチャンです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌下

続きを読む

スポンサーサイト

詩編106:34-48「主はなお」

◇2018年10月25日(木)
●詩編106:34-48「主はなお」

●御言葉

106:44 主はなお、災いにある彼らを顧み/その叫びを聞き
106:45 彼らに対する契約を思い起こし/豊かな慈しみに従って思いなおし
106:46 彼らをとりこにしたすべての者が/彼らを憐れむように計らわれた。


●黙想
イスラエルの民は神を離れ、罪を犯し、災いに遭います。

神の祝福を失っても、なお神の恵みは残されていました。

主は契約を思い起こし、豊かな慈しみ(恵み)に従って、回復の機会を準備されたのです。

主はなお、顧みられる方です。

主はなお、叫びを聞かれるお方です。

主はなお、約束を忘れず、あなたを憐れむように計らってくださるお方です。

主の恵みは現れました。

それがイエス・キリストです。

キリストと結ばれた者は、「主はなお」という豊かな憐れみに支えられ、立ち直ることができるのです。

主の恵みに支えられて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編107:1-22

詩編106:13-33「信仰」

◇2018年10月24日(水)
●詩編106:13-33「信仰」

●御言葉

106:13 彼らはたちまち御業を忘れ去り/神の計らいを待たず
106:14 荒れ野で欲望を燃やし/砂漠で神を試みた。

●黙想
信仰とは待つことです。

ただ待つのではなく、主と主の言葉を信じて待つことです。

イスラエルの民は救いの御業を体験し、約束の地へ向かいます。

しかし、彼らは神の計らいを待つことができませんでした。

彼らは御業を忘れ去り、荒れ野でつぶやき、神を試みたというのです。

神を試みると自分が試みられます。

彼らは信仰が試され、不信仰に陥っていったのです。

信仰とは神の計らい(御言葉)を信じて待つことです。

今日も、主と主の言葉、主の御業を忘れず、主を待ち望んで歩みましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編106:34-48
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -