ナホム3:12-19「癒し」

◇2017年11月21日(火)
●ナホム3:12-19「癒し」

3:19a お前の傷を和らげるものはなく/打たれた傷は重い。

●黙想
「あなたの傷は、いやされない。あなたの打ち傷は、いやしがたい」(新改訳)。

これはアッシリアに対するナホムの最後の言葉です。

かつて、主はイスラエルの民に「わたしはあなたをいやす主である」(出エ15:26)と宣言し、

「わたしは彼をいやし、休ませ、慰めをもって彼を回復させよう」(イザヤ57:18)と預言しました。

異邦の民であるエジプトにも、

「主は、必ずエジプトを撃たれる。しかしまた、いやされる。彼らは主に立ち帰り、主は彼らの願いを聞き、彼らを癒される」(イザヤ19:22)と語りました。

なぜ、イスラエルもエジプトも癒されたのに、

アッシリアは癒されず、歴史から消え去ったのでしょうか。

それは、彼らが主に立ち帰らなかったからです。

主に立ち帰る者には回復のチャンスがあります。

主に立ち帰り、癒され、回復できた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:雅歌1:1-8
スポンサーサイト

ナホム3:1-11「万軍の主」

◇2017年11月20日(月)
●ナホム3:1-11「万軍の主」

3:5a 見よ、わたしはお前に立ち向かうと/万軍の主は言われる。


●黙想
神様は万軍の主です。

英語では「Almighty」とも訳されます。

神様は全能者です。

無から有を生み出す神です。

神様にできないことは何一つありません。

どんなにアッシリアの軍事力が強くても、

万軍の主と立ち向かって、勝てる訳がありません。

万軍の神が味方である。

これがイスラエルの信仰であり、私たちの信仰です。

「主はわたしの味方、わたしは誰を恐れよう。人間がわたしに何をなしえよう。主はわたしの味方、助けとなって、わたしを憎む者らを支配させてくださる。人間を頼らず、主を避けどころとしよう。」(詩編118:6-8)。

万軍の主を避けどころとする人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ナホム3:12-19

ナホム2:11-14「主の言葉」

◇2017年11月19日(日)
●ナホム2:11-14「主の言葉」

2:12 獅子の住みかはどこにいったのか。それは若獅子の牧場だった。獅子がそこを去り/雌獅子と子獅子が残っていても/脅かすものは何もなかった。

●黙想
アッシリアへの裁きが語られます。

ナホムがこの預言を語った時、

ユダの町は獅子の如くに闊歩するアッシリアの脅威に脅えていました。

この獅子の群れ(アッシリア軍)が忽然と姿を消すとは、にわか信じがたい事でした。

しかし、主の言葉は成就したのです。

御言葉の中に兆しがあります。

たとえ、今、何の兆しがなくても、

主と主の言葉を信頼し、主を待ち望んで生きる。

これが信仰です。

今日は日曜日です。

主を求め、主に触れられ、主の御業を体験し、

御名を崇めて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ
Next:ナホム3:1-11
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -