マルコ15:25-39「神の子」

◇2018年3月30日(金)
●マルコ15:25-39「神の子」

15:39 百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。

●黙想
「本当に、この人は神の子だった」。

百人隊長の告白は、聖書に記録され、今も世界中に証しされ、語り継がれています。

信仰とは、イエスは神の子、救い主だと信じ、告白して生きることです。

この告白があれば、何があっても打ち勝つことができます。

「誰が世に勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。」(一ヨハネ5:5)。

今日は受難日です。

十字架上のキリストを黙想し、

「あなたこそ、メシア、神の子です」と告白する人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヨハネ19:31-42
スポンサーサイト

マルコ14:1-9「証し」

◇2018年3月26日(月)
●マルコ14:1-9「証し」

14:9 はっきり言っておく。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」

●黙想
今日から受難週の黙想です。

ナルドの香油の物語です。

彼女は香油の壺を割り、高価な油を主の頭に注ぎます。

イエス様は無駄遣いだと批判する人をたしなめます。

これは主の愛と恵みを受けた者が、主のために献身(献金)する姿です。

彼女のしたことは、今も福音と共に語り伝えらています。

主の愛と恵みを体験すると人生に証しが生まれます。

あなたの人生にも証しがあります。

証しと共に、福音が語り伝えられますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:ヨハネ12:24-33

マルコ16:9-20「しるし」

◇2014年8月25日(月)
●マルコ16:9-20「しるし」
●御言葉
主イエスは、弟子たちに話した後、天に上げられ、神の右の座に着かれた。一方、弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。」(16:19-20)
●黙想
主は今も生きて、主を信じる者と共に働かれます。

「信じる者には次のようなしるしが伴う。彼らはわたしの中によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語る。手で蛇をつかみ、また、毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば治る」(17,18)。

今日も、主があなたと共に働き、

あなたの語る言葉が真実であることが示されますように。

御名によって祝福します。byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -