FC2ブログ

歴代誌上21:18-22:1「感謝」

◇2018年9月17日(月)
●歴代誌上21:18-22:1「感謝」

21:26 ダビデはそこに主のための祭壇を築き、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげ、主に祈り求めた。主は焼き尽くす献げ物の祭壇に天からの火を送って答えられた。
21:27 主は御使いに命じて、剣をさやに納めるようにされた。
21:28 そのとき、ダビデは主がエブス人オルナンの麦打ち場でお答えになるのを見て、そこでいけにえを屠った。

●黙想
ダビデはオルナンの麦打ち場の土地を買い、祭壇を築き、

焼き尽くす献げ物(献身)と和解の献げ物(感謝と誓願)をささげます。

主はダビデの祈りに答え、主の裁きはストップします。

すると、ダビデは、再びいけにえを屠り、感謝し、礼拝を捧げたのです。

祈りが聞き届けられたとき、すぐに主に感謝し、礼拝を捧げる人でありますように。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌上22:2-19
スポンサーサイト

歴代誌上19:8-19「互助」

◇2018年9月13日(木)
●歴代誌上19:8-19「互助」

19:12 ヨアブは言った。「アラム人がわたしより強ければ、こちらを助けてくれ。アンモン人がお前より強ければ、そちらを助ける。
19:13 我らの民のため、我らの神の町々のため、雄々しく戦おう。主が良いと思われることを行ってくださるように。」

●黙想
主の民(教会)は、主の愛によって互いに助け合う共同体です。

アラム人は、アンモン人を助け、イスラエルに戦いを挑みます。

彼らは、金銀によってアンモン人に雇われていました。

結果は、ヨアブが率いるイスラエルが勝利し、

戦いに破れたアラム人は二度とアンモン人を支援することはなかった、と記されています。

愛は金銀にまさります。

愛は、たとえ戦いに破れても、助け合うことをやめません。

利害によらず、愛によって助け合う仲間がいる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:歴代誌上20:1-8

イザヤ49:1-13「恵みと救い」

◇2018年4月23日(月)
●イザヤ49:1-13「恵みと救い」

49:8 主はこう言われる。わたしは恵みの時にあなたに答え/救いの日にあなたを助けた。わたしはあなたを形づくり、あなたを立てて/民の契約とし、国を再興して/荒廃した嗣業の地を継がせる。

●黙想
今は恵みの時、今は救いの日です。

主はいつでも答え、いつでも助けてくれます。

大切なことは、主の名を呼び求めることです。

主に手を上げ、助けを求めることです。

神様にはギブアップ。

人生にはネバーギブアップ。

ここに回復の道があります。

主を愛し、主の戒めを守る者は、運命が回復されます。

今日も祝福がありますように。

明日は御言葉の配信はお休みします。byバルナバ

Next:イザヤ53:7-12
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -