FC2ブログ

ヘブライ13:18-25「執り成しの祈り」

◇2019年3月31日(日)
●ヘブライ13:18-25「執り成しの祈り」

13:18 わたしたちのために祈ってください。わたしたちは、明らかな良心を持っていると確信しており、すべてのことにおいて、立派にふるまいたいと思っています。
13:19 特にお願いします。どうか、わたしがあなたがたのところへ早く帰れるように、祈ってください。


●黙想
執り成しの祈りは、最高級の祈りです。

互いに祈り合うところに神の国があります。

教会は神の国であり、互いに祈り合う神の家族です。

主は今も生きておられ、あなたのために執り成してくださいます。

「復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。」(ローマ8:34)。

「同様に、“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。」(ローマ8:26)。

今日は日曜日です。

御座におられる主を崇め、主に感謝し、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ガラテヤ1:1-10
スポンサーサイト



ヘブライ13:9-17「讃美と感謝」

◇2019年3月30日(土)
●ヘブライ13:9-17「讃美と感謝」

13:15 だから、イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、絶えず神に献げましょう。
13:16 善い行いと施しとを忘れないでください。このようないけにえこそ、神はお喜びになるのです。

●黙想
礼拝には二つの献げ物があります。

讃美と感謝です。

讃美は、主を崇め、主に礼拝を捧げることです。

感謝は、主の恵みに感謝し、自らを捧げ、仕えることです。

礼拝は英語でワーシップとサービスといいます。

主を崇め、讃美を捧げ、主に仕え、感謝を捧げる。

これが真の礼拝です。

明日は日曜日です。

2018年度、最後の礼拝です。

心からの讃美と感謝をもって、主に礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヘブライ13:18-25

ヘブライ13:1-8「富と神」

◇2019年3月29日(金)
●ヘブライ13:1-8「富と神」

13:5 金銭に執着しない生活をし、今持っているもので満足しなさい。神御自身、「わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない」と言われました。

13:6 だから、わたしたちは、はばからずに次のように言うことができます。「主はわたしの助け手。わたしは恐れない。人はわたしに何ができるだろう。」


●黙想
神と富みとに兼ね仕えることはできません。

富(金銭)に執着すと、神(信仰)を見失います。

富に仕える人は、いくら富を得ても心は満たされず、死の前には富は力を失います。

神に仕える人は、いつも主が共にいて、心が満たされます。

神の力は、永遠で、死の前には一段と力を発揮し、助けられます。

富みに仕えず、金銭に執着しない生活をし、

主に仕え、今持っているもので満足し、天に宝を積んで歩む人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:ヘブライ13:9-17
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -