FC2ブログ

ヘブライ11:1-16「信仰」

◇2016年1月1日(金)
●ヘブライ11:1-16「信仰」
●御言葉
信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。(11:6)
●黙想
新しい年が始まりました。

先立つものは信仰です。

まず信仰を求めてください。

神の存在を認め、神御自身を求めてください。

そうすれば、神様はすべての必要を満たしてくださいます。

神に喜ばれる人は、

人生を喜び、楽しむことができます。

今年もよろしくお願いします。

新しい年が、恵みと祝福に満ち溢れた年となりますように。

御名によって祝福します。アーメン。byバルナバ

「信仰がなければ、神様に喜ばれることはできません。 神様のもとに来ようとする人はだれでも、神様の存在と、熱心に神様を求めれば必ず報いられることとを、信じなければなりません。」(リビングバイブル訳)
スポンサーサイト

ヘブライ9:11-22「十字架」

◇2015年4月1日(水)
●ヘブライ9:11-22「十字架」
●御言葉
こうして、ほとんどすべてのものが、律法に従って血で清められており、血を流すことなしには罪の赦しはありえないのです。(9:22)
●黙想
十字架の血は、あなたの罪を清め、赦しを与えます。

血は命です。

神と契約を結ぶとき、

動物の血が流されたのは、血判のようなものであり、

命を賭けた誓いを意味しました。

人間は契約を破り、

罪を繰り返し、毎年、契約を更新し、動物の血を流し続けました。

キリストは、あなたの代わりに、

神と新しい契約を結び、

自らが血を流し、永遠の契約を成し遂げてくださいました。

誰でもイエスをメシアと信じる人は、

キリストの血判が押された契約書が与えられ、

永遠の財産を受け継ぐ相続人となるのです。

永遠の赦しが与えられている人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

ヘブライ13:18-25「祈り」

◇2014年1月31日(金)
●ヘブライ13:18-25「祈り」
●御言葉
特にお願いします。どうか、わたしがあなたがたのところへ早く帰れるように、祈ってください。(13:19)

●黙想
自分のために祈ってくれる人がいますか。

誰かのために祈っていますか。

執り成しの祈りは、最高級の祈りです。

互いに祈り合うところに神の国があります。

御国が来ますように。

御名によって祝福します。

祈れ、おのれのことよりむしろ、人を執り成す身となるまでは♪byバルナバ
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -