FC2ブログ

お知らせ

パソコン修理中のため御言葉メールの配信とホームページの更新ができない状態が続いています。パソコンが復旧するまで、御言葉メールとブログの更新はお休みします。
スポンサーサイト

QT 雅歌5:9-16

◎3月27日(火)
●QT 雅歌5:9-16
●主題:愛する人を知る
●今日の御言葉
これがわたしの恋する人、これがわたしの慕う人。(16節)

花嫁は花婿を求め、

愛する人の特徴を語りながら探し歩きます。

あなたはイエス・キリストを知っていますか。

イエス様との親しい時間を大切にされていますか。

「もし私たちが日々聖書に心を開き、黙想を大切にし、祈るということを怠っていれば、私たち自身の霊的アイデンティティーをすぐに見失ってしまうだろう。信仰と確信、霊的な識別力も徐々に弱まっていくに違いない。日ごとに、キリストにとどまっていないならば、私たちは、この世の世俗主義と物質主義に汚染されていることにだんだん気づかなくなっていくであろう。」(j.M.ドレッシャー)。

イエス様のことをもっと深く知ることができますように。

主の御名によって祝福します。byバルナバ

next:雅歌6:1-13

御言葉の力

高知にいる姪が発行しているメールマガジンが届いた。

毎朝、配信している御言葉メールが、用いられている様子が書かれていてとても嬉しかった。

御言葉を種蒔けば、必ずどこかで実を結ぶと信じて、毎朝、送っていたが、このような形で実を結んでいることを知って、御言葉の力を改めて感じた。
継続は力なり。
これからも御言葉を種まき続けよう。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
    
      ひまわりのほのぼの子育て   
      
2007.3.26

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇             
                     
7月に5人目の次男が生まれ、7人家族のスタートです。

失敗もたくさんしながら母親として、子ども達といっしょに成長して
いけたらと思っています。

そんな子育てを通して、日々神様から気づかされる恵みを
聖書のみ言葉とともにお届けします。 
  
☆☆☆----------------------------------------------------☆☆☆          

      長女  真理菜 (8才)
      次女  あかり (6才)
      三女  結 愛 (4才)
  長男  聖 司 (2才)      
        次男  光 希 (8ヶ月) 
☆☆☆----------------------------------------------------☆☆☆          

もう3月ですね。今年は次女のあかりが小学校入学です。
もうすぐ一年生に期待感いっぱいで毎日を過ごしています。
学校の準備ももう整い、後は3日後に控えた卒園式で今取り組んでいる
劇とリズムの練習に励んでます。
あかり得意のリズムで逆立ちや側転もあって本番を待ちどうしくって
たまらない様子です。
成長したなぁとうれしい反面、しっかりし過ぎてちょっとさみしい親心です。

聖司もここのところめきめき成長。第一はやっぱり脱・おむつです。
言葉がようやくでてきたと思ったら同時にトイレに行けるように。
昼も夜もパンツで過ごせるようになって、おむつ代も助かってます。
言葉がロボット口調なのが、なんとも言えずかわいいです。

光希、後追いまっさかりの時期。私の姿をみつけては高速ずり這いで
号泣しながらやってきます。
この子が一番太い声をしてるので迫力もすごい・・・です。




      *** み言葉に支えられて ***

『あなたはどこにイエス様を捜していますか?墓の中でもある特定の場所でも
 なく、あなたの日常生活の場におられ、出会ってくださる。
 これが、クリスチャンの信仰です。』

神様の愛に触れられたい、心を満たされたい・・・一週間の生活を終え日曜日に
子ども達と教会から帰ってきてもこの思いで胸がいっぱいになるのに耐えられなく
なったある日の朝、上記の言葉がみ言葉とともにメールで届いた。

まるで私の心を神様が聞いていてくださったかのように。

どこを捜してたんだろう、共にいてくださるイエス様を見失って。
温かな安堵感につつまれながら、何度も繰り返し読んだ。
ここに神様がいてくださるんだ。


聖書のみ言葉は生きていく力となり、希望となる神様の約束の言葉。
このみ言葉を、子ども達も大きくなっても心に携えていてもらいたい。

楽しく子ども達がみんなで取り組める方法は・・・と考えた時ふっと、叔父さんの
教会でポイント形式で取り組んでいるというのを聞いたことを思い出した。

これなら家庭でも楽しく覚えられそう。

さっそくみ言葉を抜き出してカードに書き、差し替え式にして壁にぶら下げてみる。
何かおもしろそうなことが始まったと、興味津々でやってくる子ども達。
こういうサプライズ大好きな子ども達は、目がらんらん輝いている。

「このみ言葉をひとつ覚えれたら、ポイントカードにハンコをひとつおして
あげるね。」と、4人の子ども達に作ったポイントカードを渡した。

我先にと大きな声で読み返したり紙に書いたりして覚えている上の子2人。
訳分からないまま取りあえずつられて騒いでる下の子2人。
とっても賑やか。

みんなで一緒に読んでみることにする。
次は、一部の文字を隠してみる。だんだん隠す文字を多くしていって、最後は
裏返して何も見ないで暗証してみる。

上の子2人は完全に言えるようになったら1ポイント、下の子2人はいっしょに
ついて言えたら1ポイントにした。
ハンコ押してもらってうれしそう。

覚えたみ言葉を忘れないように一日に何度か「今日のみことば、言ってみて」と、
ふいをついて聞くというルールもみんなで作ってみた。

急に聞かれると、「あわわっ・・・えーと、主の・・・」とちょっとびっくり気味。

それでも、ポイントがたまるのを楽しみにしている子ども達です。


与えられた場所で自分にできることを神様に聞きながら歩んでいく、
できることは小さいことだけど、やがて大きく実を結ぶ日を楽しみに待ちながら。








☆ HPのdiaryにて日々の子ども達の様子をつづってます ☆
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/8306/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

     
      『植える者も水をそそぐ者も、ともに取るに足りない。
      大事なのは、成長させて下さる神のみである。』
            
              第一コリント3:7




プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -