使徒言行録7:1-16「恵みと知恵」

◇2018年6月18日(月)
●使徒言行録7:1-16「恵みと知恵」

7:9 この族長たちはヨセフをねたんで、エジプトへ売ってしまいました。しかし、神はヨセフを離れず、
7:10 あらゆる苦難から助け出して、エジプト王ファラオのもとで恵みと知恵をお授けになりました。そしてファラオは、彼をエジプトと王の家全体とをつかさどる大臣に任命したのです。

●黙想
ヨセフの生涯は万事が益に変えられます。

「神はヨセフを離れず」。

ここが祝福の鍵です。

あなたが離れても、神はあなたを離れません。

これがインマヌエルの恵みです。

ヨセフは神が共にいて、彼も神に仕えたので、

マイナスはプラスに変わり、奴隷から囚人を経て、大臣に至ります。

それはすべて神の恵みと知恵によるものです。

神の恵み(キリスト)に支えられ、神の知恵(御言葉と聖霊)に導かれて生きる。

これが幸いな人生の秘訣です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:使徒言行録7:37-53

※これは昨日の聖書日課の黙想です。昨日の御言葉メールが今日の日課となります。お詫びします。
スポンサーサイト

使徒言行録7:17-36「救い」

◇2018年6月18日(月)
●使徒言行録7:17-36「救い」

7:34 わたしは、エジプトにいるわたしの民の不幸を確かに見届け、また、その嘆きを聞いたので、彼らを救うために降って来た。さあ、今あなたをエジプトに遣わそう。』

●黙想
あなたの救いはどこから来ますか。

救いは、天から、造り主なる神のもとから訪れます。

主はイスラエルの民がエジプトで虐げられるのを見て、

彼らが嘆き祈る声を聞き、モーセを遣わしました。

ステファノは、イスラエルの歴史を振り返りつつ、

今、迫害によって苦しむ教会の姿を思ったことでしょう。

彼の顔は天使のように輝き、天を見上げ、

天が開かれ、主の姿を仰ぎ、主に委ね、主に祈ります。

今日は日曜日です。

救い主は訪れました。

主の家に集まり、共を見て喜び、礼拝を捧げましょう。

今日も祝福がありますように。

Next:使徒言行録7:17-36

使徒言行録6:8-15「天使の顔」

◇2018年6月16日(土)
●使徒言行録6:8-15「天使の顔」

6:15 最高法院の席に着いていた者は皆、ステファノに注目したが、その顔はさながら天使の顔のように見えた。

●黙想
ある評論家が「男の顔は履歴書」と言いました。

男に限らず、人の生き様は、表情に表れます。

ステファノは、霊と知恵(6:3)、信仰と聖霊(6:5)、恵みと力(6:8)に満ちた人でした。

その顔はさながら天使の顔のように見えたというのです。

ルカは彼のことを2章に渡って詳しく書くほど、彼の生き様も死に様も見事でした。

人は生きてきたように死んでいくと言われるとおりです。

ステファノのように、信仰と聖霊に満たされ、輝いて生きる者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:使徒言行録7:1-16
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30