FC2ブログ

マルコ16:1-8「驚くことはない」

◇2019年2月22日(金)
●マルコ16:1-8「驚くことはない」

●御言葉

16:6 若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。

●黙想
信仰生活に驚きがありますか。

聖書の世界は驚きの連続です。

安息日が終わり、朝早く、婦人たちがイエスの墓に向かいました。

すると墓をふさいでいた大きな石が転がっており、墓の中に白い衣を着た若者を見て驚きます。

さらに若者(天使)から、主の復活の知らせを聞いたのです。

彼女たちは、震え、正気を失いほど驚き、恐れたのです。

主を慕い求めて生きる人は、聖書の世界を旅するようになります。

「恐れるな」「驚くな」と言われるほどに、主を恐れ、主の御業に驚き、

御名を崇め、礼拝する者となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:マルコ16:9-20
スポンサーサイト

マルコ15:33-47「イエスの叫び」

◇2019年2月21日(木)
●マルコ15:33-47「イエスの叫び」

●御言葉

15:34 三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

●黙想
イエス様のこの叫びは、詩編22編の祈りであり、告白です。

詩人は叫び、祈り、告白します。

「助けを求めてあなたに叫び、救い出され、あなたに依り頼んで、裏切られたことはない」(22:6)

「主は貧しい人の苦しみを決して侮らず、さげすまれません。助けを求める叫びを聞いてくださいます」(22:25)。

死に至る苦しみが人生を襲うとき、神様に見捨てられたように感じるかも知れません。

しかし、主は決して、あなたを見捨てることはありません。

主は良いお方です。

主は良い羊飼いです。

詩編22編の後に23編が続きます。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。」(23:1)。

「死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる」(23:4)。

どんな時にも、主に祈りと讃美を捧げ、すべてを主に委ねて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:マルコ16:1-8

マルコ15:24-32「愛と忍耐と赦し」

◇2019年2月20日(水)
●マルコ15:24-32「愛と忍耐と赦し」

●御言葉

15:32 メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう。」一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。

●黙想
「それを見たら、信じてやろう」。

なんと上から目線で、傲慢な態度でしょうか。

これが人間の本質です。

神様の愛と忍耐、赦しがなければ、誰も救われることはできません。

後の日に、彼らはペトロの説教を聞き、

イエスがメシアであることを知り、悔い改めて救われました。(使徒2:36以下)。

十字架につけられた犯罪人の一人も、

罵られても、罵り返さず、「父よ、彼らをおゆるしくさださい」と祈られる姿を見て、

悔い改め、主にすがり、救いを得ています。(ルカ23:39以下)。

主の愛と忍耐、赦しを黙想し、主に立ち帰る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:マルコ15:33-47
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -