FC2ブログ

レビ記6:1-16「朝ごとに」

◇2019年8月19日(月)
●レビ記6:1-16「朝ごとに」

6:5 祭壇の上の火は絶やさず燃やし続ける。祭司は朝ごとに薪をくべ、その上に焼き尽くす献げ物を並べ、更にその上に和解の献げ物の脂肪を置き、燃やして煙にする。
6:6 祭壇の上の火は常に絶やさず燃やし続ける。

●黙想
祭司は朝ごとに薪をくべ、祭壇の火を燃やし続けました。

祭壇の火は主の臨在(神が共におられる)のしるしです。

イエス様を信じた人は、主が共におられる神殿となります。

一人一人は祭司として、心の祭壇の上に、常に、絶えず、火を燃やし続ける必要があります。

QTとは、朝ごとに薪をくべる行為です。

霊に燃え、主に仕える人は、ヨセフのように「うまく事が運ぶように」なります。

今日も、主と共に歩む良き一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:レビ記6:17-7:10
スポンサーサイト

レビ記5:14-26「赦し」

◇2019年8月18日(日)
●レビ記5:14-26「赦し」

5:17 過ちを犯し、禁じられている主の戒めを一つでも破った場合、それを知らなくても、責めを負い、罰を負う。
5:18 彼は、相当額の無傷の雄羊を群れから取り、祭司のところに引いて行き、賠償の献げ物とする。祭司が彼のために、彼が過って犯した過失を贖う儀式を行うと、彼の罪は赦される。


●黙想
罪は氷山の一角のようです。

私たちが知らない間に犯している罪も数多くあります。

終わりの日には、すべての罪が露わになり、神の裁きを受けると聖書は教えます。

キリストは、私たちの全ての罪を背負い、賠償の献げ物の如く、

十字架の上で贖いの業を成し遂げて下さいました。

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。」(ヨハネ3:17-18)。

御子イエスを信じる者は、罪の贖いを受け、裁かれることはないのです。

今日は日曜日です。

罪の贖いをしてくださったお方に、喜びと感謝をもって礼拝を捧げる日です。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:レビ記6:1-16

レビ記5:1-13「赦し」

◇2019年8月17日(土)
●レビ記5:1-13「赦し」

5:5 責めを負うときには、彼はその罪を犯したことを告白し、
5:6 犯した罪の代償として、群れのうちから雌羊または雌山羊を取り、贖罪の献げ物として主にささげる。祭司は彼のためにその犯した罪を贖う儀式を行う。


●黙想
人は、罪を犯すと責めを負います。

知らずに犯した罪でも、やがて露わになり、裁きを受けます。

律法(御言葉)は、何が罪であるかを明らかにし、人に罪を知らしめ、悔い改めへと導きます。

大切なことは、自分の罪を告白し、神の赦しと清めを得て生きることです。

キリストは、贖罪の献げ物です。

私たちの罪を贖い、罪を赦し、清めるために十字架の上で贖いの儀式を成し遂げて下さったのです。

「自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。」(一ヨハネ1:9)。

些細なことでも、罪を犯したなら、速やかに神に告白し、赦しを得ることが大切です。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:レビ記5:14-26
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31