FC2ブログ

ヨハネ14:1-14「父の家」

◇2020年2月24日(月)

●ヨハネ14:1-14「父の家」

14:1 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。
14:2 わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
14:3 行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。


●黙想
心騒いでいませんか。
弟子たちはイエス様がどこにいくか分からず、心騒ぎ、不安になります。
先行き(道)が分からないと心が騒ぎます。

イエス様は先に歩まれ、場所を用意し、戻ってきて、
その場所に迎え入れ、一緒にいてくださるお方です。
その場所とは、父の家(神の国・天国)です。

神を信じ、
道であり、真理であり、命であるイエス様を信じ、
御言葉と聖霊にナビゲートされながら歩む人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバNextヨハネ14:15-24
スポンサーサイト



ヨハネ13:31-38「愛」

◇2020年2月23日(日)

●ヨハネ13:31-38「愛」
13:34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
13:35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」

●黙想
イエス様は弟子たちに新しい掟を与えます。
古い掟は、主を愛し、隣人を自分のように愛することでした。
新しい掟は、主が愛されたように、互いに愛し合うことです。

主は弟子たちをこの上なく愛しました。
しかし、弟子たちは、この愛を理解していません。
命を捨てるほどの愛。
これが神の愛です。
この愛に気づき、主が愛されたように、互いに愛し合う。
それが神の御心です。

今日は日曜日です。
主に愛され、自分を愛し、隣人を愛し、互いに愛し合う人は幸いです。
今日も祝福がありますように。byバルナバNextヨハネ14:1-14

ヨハネ13:21-30「心を守る」

◇2020年2月22日(土)

●ヨハネ13:21-30「心を守る」

13:30 ユダはパン切れを受け取ると、すぐ出て行った。夜であった。

●黙想
心と体と人生は連動しています。

サタンはユダの心にイエスを裏切る考えを抱かせ(13:2)、
ユダの心に入り(13:27)、ユダはイエスの元を去っていきます。

弟子たちは、ユダの心(考え)もサタンの動きにも気づかずにいます。
しかし、イエス様は知っており、ヨハネも後で分かるようになります。

心は命の源です。
心(命)を制するものが人生を制します。
主は、私たちの心に神の考え(御心)を抱かせ、
私たちの心を制してくださるお方です。

主と主の言葉によって心を守り、身も心も魂(人生)も、健やかでありますように。
御名によって祝福します。byバルナバNextヨハネ13:31-38
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29