FC2ブログ

エレミヤ4:11-22「神の呻き」

◇2019年5月20日(月)
●エレミヤ4:11-22「神の呻き」

4:18 あなたの道、あなたの仕業が/これらのことをもたらす。これはあなたの犯した悪であり/まことに苦く、そして心臓にまで達する。
4:19 わたしのはらわたよ、はらわたよ。わたしはもだえる。心臓の壁よ、わたしの心臓は呻く。わたしは黙していられない。わたしの魂は、角笛の響き、鬨の声を聞く。


●黙想
わが子が罪を犯し、裁かれる時、母親は呻き、苦しみます。

助けたくても、代わりに裁判を受けることはできません。

神様は、罪を犯したイスラエルの姿を、自業自得だと、冷たく突き放したのではありません。

その心は痛み、苦しみ、悲しみ、呻かれていたのです。

もし、法律が改正され、身代わりに裁きを受けることが許されるならば、

わが子の代わりに刑罰を受ける母親もいるかもしれません。

まさに、そのルール(律法)を変え、自らが罪の身代わりとなって、死んでくださったのが、キリストの十字架なのです。

神の呻き、神の愛を知り、罪、赦された人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ4:23-31
スポンサーサイト

エレミヤ4:1-10「立ち帰れ」

◇2019年5月19日(日)
●エレミヤ4:1-10「立ち帰れ」

4:1 「立ち帰れ、イスラエルよ」と/主は言われる。「わたしのもとに立ち帰れ。呪うべきものをわたしの前から捨て去れ。そうすれば、再び迷い出ることはない。」

4:2 もし、あなたが真実と公平と正義をもって/「主は生きておられる」と誓うなら/諸国の民は、あなたを通して祝福を受け/あなたを誇りとする。

●黙想
「立ち帰れ、イスラエルよ」「わたしのもとに立ち帰れ」。

これは、エレミヤ書全体、聖書全体の基本的、中心的メッセージです。

イスラエルは、主に背き、主の家を離れ、彷徨っていました。

放蕩息子の父親がわが子の帰りを待ち続けたように、

主は彼ら(私たち)の帰りを待っています。

主のもとに癒しがあり、救いがあります。

主は、私たちが神のもとに帰り、神の祝福を受け、

私たちを通して、さらに周りの人々が恵みと祝福を受けることを願っておられるのです。

今日は日曜日です。主のもとで安らぐ日です。

帰るべき場所があり、受けるべき祝福がある人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバNext:エレミヤ4:11-22

エレミヤ3:19-25「立ち帰れ」

◇2019年5月18日(土)
●エレミヤ3:19-25「立ち帰れ」

3:22 「背信の子らよ、立ち帰れ。わたしは背いたお前たちをいやす。」「我々はあなたのもとに参ります。あなたこそ我々の主なる神です。
3:23 まことに、どの丘の祭りも/山々での騒ぎも偽りにすぎません。まことに、我々の主なる神に/イスラエルの救いがあるのです。


●黙想
イスラエルは、主を忘れ、主に背き、偶像を祭り、主の怒りを招き、裁かれました。

主は、癒し主であり、救い主です。

背信の女(北イスラエル)にも、裏切りの女(南ユダ)にも、主は「立ち帰れ」と呼びかけます。

主の招きに応え、主のもとに帰った人々は、

「我々は主なる神に罪を犯しました」と、まことの悔い改めへと導かれ、癒しと救いを受け取るのです。

癒しと救いは、主のもとにあります。

主のもとに帰る人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:エレミヤ4:1-10
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -