FC2ブログ

詩編104:1-18「支え」

◇2018年10月18日(木)
●詩編104:1-18「支え」

●御言葉

104:5 主は地をその基の上に据えられた。地は、世々限りなく、揺らぐことがない。

●黙想
家は基礎、地盤が大切です。

外見がどんなに立派でも、基礎工事が杜撰で、

軟弱な地盤に建てられていると、大きな嵐や地震を耐え抜くことができません。

人間も同じです。

心の基礎、地盤が大切です。

「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある」(箴言4:23)。

人生には嵐が起こり、心が騒ぎ立ち、揺り動かされることがあります。

その時、心の基礎、地盤が問われます。

あなたの心は何によって支えられていますか。

信仰と希望と愛、これは永遠の支えであり、

その中で最も大いなるものは愛です。

神は愛です。

神に支えられる人は、世々限りなく、揺らぐことがありません。

神の愛に支えられ、守られて生きる人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:詩編104:19-35
スポンサーサイト

詩編103:13-22「神」

◇2018年10月17日(水)
●詩編103:13-22「神」

●御言葉

103:13 父がその子を憐れむように/主は主を畏れる人を憐れんでくださる。

●黙想
聖書は啓示の書物です。

啓示とは、隠されているものを開示することです。

神様は聖書を通し、イエス・キリストを通し、御自分を示されました。

聖書を黙想し、キリストを黙想すると、神様が見えてきます。

父なる神様は憐れみ深く(13節)、何もかもご存じ(14節)です。

造り主(22節)であり、世界を治め(19節)、讃美されるべきお方です。

あなたの魂は、主を讃えていますか。

主を畏れ(礼拝)、主の憐れみ(恵み)に支えられ、主に導かれて生きる人。

それがクリスチャンです。

今日も讃美で始まり、讃美で終わる一日となりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編104:1-18

詩編103:1-12「御計らい」

◇2018年10月16日(火)
●詩編103:1-12「御計らい」
●御言葉
103:1 【ダビデの詩。】わたしの魂よ、主をたたえよ。わたしの内にあるものはこぞって/聖なる御名をたたえよ。
103:2 わたしの魂よ、主をたたえよ。主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない。
103:3 主はお前の罪をことごとく赦し/病をすべて癒し
103:4 命を墓から贖い出してくださる。慈しみと憐れみの冠を授け
103:5 長らえる限り良いものに満ち足らせ/鷲のような若さを新たにしてくださる。

●黙想
「主は良いお方」(作詞・作曲:長沢崇史)です。

今日の詩編を歌った歌です。

YouTubeでこの讃美を聞きながら、主が良くしてくださった方を思い起こしてください。

主の計らいに感謝し、讃美と感謝に満たされますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:詩編103:13-22

https://www.youtube.com/watch?v=QdMXoYZTORM
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -