イザヤ3:13-4:1「忍耐」

◇2017年8月17日(木)
●イザヤ3:13-4:1「忍耐」

3:13 主は争うために構え/民を裁くために立たれる。

●黙想
神様は忍耐強く、憐れみ深いお方です。

もし、神様が忍耐してくださらなければ、

この世界はとっくの昔に滅んでいてもおかしくありません。

しかし、忍耐にも終わりがあることを、イスラエルの民は知りました。

彼らは神様の愛と忍耐を軽んじ、悔い改めず、ついに主の裁きの時を迎えるのです。

パウロは言いました。

「神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのか」(ローマ2:4)と。

その日(終わりの日)は必ず訪れます。

主が再び来られる前に、主の愛を知り、悔い改めへと導かれた人は幸いです。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ4:2-6
スポンサーサイト

イザヤ3:1-12「幸い」

◇2017年8月16日(水)
●イザヤ3:1-12「幸い」

3:10 しかし言え、主に従う人は幸い、と。彼らは自分の行いの実を食べることができる。
3:11 主に逆らう悪人は災いだ。彼らはその手の業に応じて報いを受ける。


●黙想
人生は複雑に見えて、実は単純です。

御心に従うか、逆らうか、二つに一つです。

主に従う人は幸いです。

その人は、良い地に良い種を蒔く人、岩の上に家を建てる人であり、

30倍、60倍、100倍の実を結び、

何があっても揺り動かされることはありません。

主に逆らう人は災いです。

その人は、道端に種を蒔く人、砂の上に家を建てる人です。

御言葉は人生に良い実を結ぶ種です。

御言葉に従う人は、岩の上に家を建てた賢い人です。

御心を知り、御心に従って生きる。

ここに幸いな人生があります。

今日も祝福がありますように。byバルナバ

Next:イザヤ3:13-4:1

イザヤ2:12-22「平和」

◇2017年8月15日(火)
●イザヤ2:12-22「平和」

2:17 その日には、誇る者は卑しめられ/傲慢な者は低くされ/主はただひとり、高く上げられる。

●黙想
今日は終戦記念日です。

日本は敗戦により、低くされ、平和な時代が訪れました。

イスラエルは、低くされ、主の目に良いことを行うと、町は平穏になりましたが、

高ぶり、主の目に悪を行うと、平和は失われていくのです。

へりくだること、低くされることは平和には欠かせません。

パウロは「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え」(フィリピ2:3)、

「できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい」(ローマ12:18)と命じています。

キリストは「平和を実現する人は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5:9)と語ります。

己を誇らず、主を誇り、ピースメーカーとなりますように。

御名によって祝福します。byバルナバ

Next:イザヤ3:1-12
プロフィール

バルナバ

Author:バルナバ
バルナバ牧師の部屋へようこそ!

カテゴリー

無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -